任天堂は、携帯モード特化の新型“Nintendo Switch Lite”を、2019年9月20日に発売することを発表。本体カラーはイエロー、グレー、ターコイズの3色で、価格は各19980円[税抜]となっている。

 なお、ファミ通.comでは今回の発表に合わせて、2台目のSwitch本体を購入したときの注意点などを以下の記事にまとめたので、2台目としての購入を検討している人は、ぜひチェックしてみてほしい。

 “Nintendo Switch Lite”は、コントローラーを本体と一体化させることで、小さく、軽く、持ち運びやすくなっている。ただし、携帯専用となっており、テレビ画面への出力には対応していない。そのほか、通常のNintendo Switchとの違いは以下の通り。

  • 対応しているプレイモード
    • Nintendo Switch:TVモード、テーブルモード、携帯モード
    • Nintendo Switch Lite:携帯モード
  • 遊べるソフト
    • Nintendo Switch:すべてのNintendo Switchソフト
    • Nintendo Switch Lite:携帯モードに対応したすべてのNintendo Switchソフト(※詳細は後述)
  • Joy-Con(コントローラー)
    • Nintendo Switch:1セット付属(付属のJoy-ConでHD振動やモーションIRカメラを使用したゲームを遊ぶことができる)
    • Nintendo Switch Lite:付属していない(振動機能とモーションIRカメラを使用したゲームを遊ぶには別途Joy-Conを用意する必要がある)
  • Nintendo Switch ドック(テレビに表示)
    • Nintendo Switch:“Nintendo Switchドック”が1台付属。HDMIケーブルで接続すれば、テレビでゲームを楽しむことができる。
    • Nintendo Switch Lite:“Nintendo Switchドック”非対応。テレビでゲームを楽しむことはできない。
  • サイズ
    • Nintendo Switch:縦:102mm、横:239mm、厚さ:13.9mm(※Joy-Con取り付け時。※アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4mm)
    • Nintendo Switch Lite:縦:91.1mm、横:208mm、厚さ:13.9mm(※アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4mm)
  • 重さ
    • Nintendo Switch:約398g(Joy-Con取り付け時)
    • Nintendo Switch Lite:約275g
  • 画面の大きさ
    • Nintendo Switch:6.2インチ(画面解像度:1280×720ピクセル)
    • Nintendo Switch Lite:5.5インチ(画面解像度:1280×720ピクセル)
  • バッテリー持続時間
    • Nintendo Switch:約2.5~6.5時間(遊ぶソフトによって持続時間が変わり、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約4時間。あくまで目安であり、使用状況によって、短くなることがある)
    • Nintendo Switch Lite:約3.0~7.0時間(遊ぶソフトによって持続時間が変わり、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約4時間。あくまで目安であり、使用状況によって、短くなることがある)

 “Nintendo Switch Lite”の対応ソフトについては、Switchの“携帯モード”に対応したすべてソフトがプレイ可能だが、Joy-Conの機能(HD振動、モーションIRカメラ、Joy-Con内蔵のモーションセンサー)を利用するソフトの中には、一部遊びかたが制限されるソフトもあるとのこと。遊びかたが制限される任天堂タイトルは以下の通り。

  • マリオテニス エース
    Joy-Conを振って直感的な操作が可能な“スイング操作”に対応していないため、“スイング操作”が必要になる一部のモードをプレイいただけません。
  • いっしょにチョキッと スニッパーズ
    PARTYモードとBATTLEモードは、Joy-Conなど追加のコントローラーを2つ接続し、2人以上でプレイしないと遊べません。
  • いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス
    PARTYモードとBATTLEモードは、Joy-Conなど追加のコントローラーを2つ接続し、2人以上でプレイしないと遊べません。

 上記タイトルは、Joy-ConとJoy-Con充電グリップ(※)を用意することで、制限なく遊ぶことが可能になる。

※Nintendo Switch LiteにはJoy-Conを充電する機能がないため、Joy-Con充電グリップなどのJoy-Conを充電する機器が必要となる。

 また、携帯モードに対応していないソフトでも、別途、Joy-ConとJoy-Con充電グリップを用意することで、プレイ可能になるソフトも存在する。以下が、任天堂から発売されているソフトでJoy-Conを用意することでプレイ可能になる携帯モード非対応ソフト。

  • スーパー マリオパーティ
    ※収録されているミニゲームのうち、2台のNintendo Switch本体をつなげて遊ぶ“バナならべ”、“ドッカン戦車デラックス”、“ブロックパズル”については、Nintendo Switch Liteの形状がゲームに対応していないため、本来のゲーム体験と異なります。ただし、“ドッカン戦車デラックス”、“ブロックパズル”については、2台の本体をつなげず、1台の本体だけで遊ぶことも可能です。1台の本体だけで遊んだ場合は通常どおりプレイいただけます。
  • 1-2-Switch(ワンツースイッチ)
  • Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit(バラエティキット)
    ※『Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit』に含まれる5種類のToy-Conのうち“つり”、“バイク”、“ピアノ”、“おうち”についてはToy-ConにNintendo Switch Lite本体をセットできないため、本来のゲーム体験と異なります。
  • Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit(ロボットキット)
  • Nintendo Labo Toy-Con 03: Drive Kit(ドライブキット)
    ※『Nintendo Labo Toy-Con 03: Drive Kit』に含まれる“画面スタンド”は、Nintendo Switch Lite本体をセットできないため、使用できません。

 “Nintendo Switch Lite”の発売日には、キャリングケースと保護シートのセットも登場。ケースの中にはゲームカードを8枚収納できるポケット付き。価格は1980円[税抜]。

 なお、任天堂の会員向けオンラインショップ“マイニンテンドーストア”では、限定カラーも販売予定とのこと。

※マイニンテンドーストアはこちら

 さらに、Nintendo Switch用ソフトとして、2019年11月15日発売予定の『ポケットモンスター ソード・シールド』に登場する伝説のポケモン“ザシアン”、“ザマゼンタ”のデザインを取り入れた“Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ”の発売も決定。価格は通常の“Nintendo Switch Lite”と同じく19980円[税別]。発売日は11月1日となっており、7月12日より予約受付が開始されるとのこと。