『ドラゴンクエストX オンライン』や『ニーア』シリーズなどのプロデューサーで知られるスクウェア・エニックスの齊藤陽介氏がプロデュースするバーチャルアイドル“GEMS COMPANY”(以下、ジェムカン)。彼女たちの単独ファーストライブとなる“MagicBox”が2019年6月28日~30日の3日間、計5公演が神奈川県・横浜市のDMM VR THEATERで行われた。本稿では、その初日のライブの模様をお届けする。

会場となったDMM VR THEATER。ファンが祝花でファーストライブをお祝い。
開場とともに物販ブースには長蛇の列。ランダムで封入されりカンバッジが人気で、初日は早々に売り切れに。

 ジェムカンは、もともと彼女たちはスクウェア・エニックスと、でんぱ組.incなどが所属している芸能事務所ディアステージの共同プロジェクトによるバーチャルアイドルグループ。ふだんは、ニコニコ生放送やYouTubeなどで、いわゆるVtuber的な活動をしているほか、アイドルグループらしく楽曲もこれまで7曲リリース(楽曲はMONACAが制作)。楽曲はYouTubeのGEMS COMPANY公式チャンネルでMVとして公開されているほか、ライブ当時の6月28日にはミニアルバム『GEMS COMPANY』も発売されている。

6月28日発売のミニアルバム『GEMS COMPANY』。

 そして今回、ついに単独ファーストライブを行うという新たなステップに到達したというわけだ。動画配信などの活動を通じて、ジェムカンにはすでに熱心なファンもついており、3日間5公演のチケットはソールドアウトという人気っぷり。

 ライブ初日は、MCを務める珠根うた(たまね うた)、星菜日向夏(ほしな ひなか)の“うたひな”のふたりと、齊藤プロデューサーによる前説で会場が温まったところで、ジェムカンメンバー全員が歌う『JAM GEM JUMP!!!』でスタート。ホログラフィックで、映し出されるメンバーたちの「その場にいる感」にまずはビックリ。ライトに照らされる彼女たちの眩しい姿や、影に入ったときのシルエット、かわいらしくもキレキレなダンスに圧倒的な歌唱など……公演が行われているあいだは、彼女たちの存在感にただただ見惚れることになった。

写真で感じていただけるだろうか。。。実在感を。

 前述の通り、この日のMCは“うたひな”が担当。1曲目の『JAM GEM JUMP!!!』が終わると、珠根うたと星菜日向夏がステージに登場。MCでは、うたひなのふたりが観客のコールに応えながら、“60秒でわかる! ユニット紹介チャレンジ”などのコーナーを息の合った(?)コンビネーションで観客を魅了……というか、笑いの渦に。掛け合いのおもしろさもジェムカンの大きな魅力のひとつ。

ファーストライブ初日のMCという重責を担ったのは、星菜日向夏(左)&珠根うた(右)のユニット、うたひな。ふたりが30秒ずつの時間を使ってジェムカンのユニット紹介をするチャレンジや、事前にTwitterで募集したセリフをふたりが会場のお客さんの指定したキャラクターになりきって演じる、ミニコーナーも行われた。

 最初のMCの後は、奈日抽ねね&有栖川レイカのユニット“ERINGIBEAM.(エリンギビーム)”による『しゃかりきマイライフ!』、音羽雫&城乃柚希&長谷みことのユニット”citross(シトロス)”による『メッセージ』が披露。

アップテンポのこれぞアイドルソングといった印象の『しゃかりきマイライフ!』を歌う、奈日抽ねね(左)と有栖川レイカ(右)。踊りのキュートさも際立っていた。
曲が始まる直前には、ステージの裾からやってきた彼女たちが、うっすらとした灯りの中スタンバイ。演出もリアル。
『メッセージ』はしっとりと歌い上げるバラード的な曲。長谷みこと(左)音羽雫(中央)城乃柚希(右)のソロパートはもちろん、ハーモニーも聴きどころ。

 再び、うたひなのMCを挟み、その彼女たちがライブ限定で『残酷な天使のテーゼ』をカバー(カバーソングは、MCごとに違う選曲になっていた)。誰もが知る人気楽曲のカバーだけに、会場もノリノリ。続いて、赤羽ユキノ&一文字マヤ&花菱撫子のユニット“MATULIP(マチュリップ)”による『DESIGNED LOVE』、水科葵&桃丸ねくとのユニット“fulfill(フルフィル)”による『形而境界のモノローグ』が続けて披露された。

『残酷な天使のテーゼ』に合わせた、天使の羽根をイメージしたダンスもきっちり歌にシンクロしていい感じ!
MATULIPのダンサブルな楽曲『DESIGNED LOVE』はライブ向きの楽曲のひとつ。花菱撫子(左)、一文字マヤ(中央)、赤羽ユキノ(右)のノリノリの歌声に会場も沸く!
水科葵(奥)と桃丸ねくと(手前)が歌う『形而境界のモノローグ』は、テクノロック的なテイストと圧倒的な疾走感が特徴。会場のボルテージも上がりまくり!

 そして最後のMCでは、うたひなのふたりが『オンリー・マイ・フレンド』のレコーディング時のウラ話を披露。星菜日向夏は、事前に収録された珠根うたの歌を聴き、「歌うめぇ! 私の歌声でうーたま(珠根うた)の歌をジャマしないようにしなきゃ……」とプレッシャーを感じていたことを告白すると、一方の珠根うたは「ジャマなんてしてないよ! だってこのあいだボーカルレッスンの先生に、ふたりの歌声が合っているって褒めていただいたんだよ!」とコメント。このふたりのやり取りに会場もほっこり。

 ファーストライブ、しかも初日のMCということで、緊張したというふたりだが、その緊張も感じさせないほど、MCパートをしっかり盛り上げることに成功していた。

 その後は、ヨコオタロウ氏が原作を手掛けた舞台『君死ニタマフ事ナカレ 零_改』の主題歌となっている『鮮紅の花』を水科葵が歌い上げ、最後はうたひなの『オンリー・マイ・フレンド』でフィナーレとなった。

骨太なロックという印象が強い楽曲『鮮紅の花』。水科葵の歌唱力と表現力が光る!
ド直球アイドルソングの『オンリー・マイ・フレンド』。この日MCを担当したうたひな推しのファンが多いステージだっただけに……そりゃ、盛り上がりますわ。

 『オンリー・マイ・フレンド』が終わると、興奮冷めやらぬファンによるアンコールが会場をこだました。その声を受けて、うたひなが登場。星菜日向夏は、「この景色は本当にすごいです! ジェムカンの中でも最初にできたユニットのうたひなが初日のMCを務めることについては、正直プレッシャーもありましたし、みんなが来てくれるかな? という不安もありました。でも、うーたまという相棒やメンバー、スタッフさん、会場にいるみんな、来られなくても応援してくれたみんなに支えてもらって、ライブ初日を楽しく迎えることができました。みんなの笑顔を見て、またライブがしたいな、もっともっとがんばって進んでいきたいなって思いました!」と感無量の表情。珠根うたは「ライブ前にはたくさんの不安もありましたが、そんな心配が要らなかったくらいとっても楽しくて、盛り上がって、本当によかったです。SNSで応援してくれるみんなに生で会えるのが本当にうれしくて。またみんなに直接感謝の気持ちを伝えたいので、つぎのライブを開催できるようにがんばります!」と観客への感謝とともに、意気込みも語った。

 アンコールはジェムカンの全員が登場。冒頭と異なる衣装で『JAM GEM JUMP!!!』を歌い上げ、MagicBoxは幕を閉じた。

アンコールでは、全員で本日2度目となる『JAM GEM JUMP!!!』を大合唱!

 熱狂うちに幕を閉じたジェムカンのファーストライブは、彼女たちの“存在”を“生(ライブ)”で感じられるという新次元のライブで、会場内で彼女たちはたしかに実在した。まさに魔法にかけらているかのようであり、ファンタジーであり、未来であり、新しいエンターテインメントでもあった。実際に生で観ると、また感動もひとしおなので、機会があれば、ぜひライブで体験してほしい。