“ポケモン事業戦略発表会”にて、新たなクラウドサービス『Pokemon HOME』が発表された。

 ポケモンは、2019年5月29日に開催した“ポケモン事業戦略発表会”にて、新たなクラウドサービス『Pokemon HOME』を発表した。

 同サービスは、 “すべてのポケモンが集まる場所”をコンセプトとして、Nintendo Switchとスマートフォン向けに2020年初旬ローンチ予定。

 発表会に登壇したゲームフリーク常務織締役の増田順一氏によると、『Pokemon HOME』では、“ポケモンバンク”、『ポケモン Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』、『『ポケットモンスター ソード・シールド』、『ポケモンGO』との連携を予定しているとのこと。

 交換機能が実装されており、スマートフォンさえあれば、ポケモン交換を楽しめるとのこと。さらに、将来的には集めたポケモンたちを遊べるコンテンツも追加予定。

※画像は配信をキャプチャーしたものです。

[2019年5月29日11時00分 リリース追記]

以下、リリースを引用

すべてのポケモンが集まる場所『Pokemon HOME』''

 株式会社ポケモン(東京都港区、代表取締役社長:石原恒和)は、「すべてのポケモンが集まる場所」をコンセプトとしたクラウドサービス『Pokemon HOME』を発表いたしました。

 本サービスは、Nintendo Switchとスマートフォン向けに開発しており、2020年初旬にローンチ予定です。

 この『Pokemon HOME』を起点に様々なソフトとポケモン、さらには人と人を繋ぐ新たなポケモン体験を世界中のユーザーの皆様に提供してまいります。

『ポケットモンスター』シリーズ『 Pokemon GO』と繋がる

 『Pokemon HOME』には、『ポケットモンスター』シリーズや『Pokemon GO』で捕まえたポケモンたちを、預けることや、各連携ソフトへ連れていくことができる機能があります。(※1)

 サービス開始時には、『ポケモンバンク』(※2)Nintendo Switchソフト『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ
・Let's Go! イーブイ
』『ポケットモンスター ソード・シールド』さらに、『Pokemon GO』との連携を予定しています。

※1 一部のポケモンは制限がかかる場合があります。
※2 ニンテンドー3DSソフト『ポケットモンスター』シリーズが、インターネット上のポケモンボックスとリンクし、ポケモンたちを預けたり、引き出したりすることができるサービスです。

『Pokemon HOME』でポケモン交換

 スマートフォンさえあれば、いつでもどこでも、ポケモン交換をすることができるようになります。目の前にいる人や、インターネットを介した世界中の人々とのポケモン交換、さらに、その場で集まった複数人での同時交換の機能も実装予定です。

商品情報

  • タイトル:『Pokemon HOME』
  • 対応機種
    :Nintendo Switch
    :Android、iOS予定
  • ジャンル:ユーティリティ
  • プレイ人数:1人
  • 通信機能:インターネット通信
  • 配信開始日:2020年予定
  • 利用料:未定
  • 対応言語:日本語・英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・韓国語・中国語(繁体字)・中国語(簡体字)
  • CERO:審査予定