2019年8月22日発売予定の『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』について、“鬼ビ人”や“技奥樹”の情報が公開された。

 スクウェア・エニックスより、2019年8月22日発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『鬼ノ哭ク邦』。本作について、“鬼ビ人”と技の習得や強化に必要な“技奥樹”の情報が新たに公開された。

カガチに力を貸す5人の“鬼ビ人”

“鬼ビ人”とは?
 輪廻の輪から外れた迷イ人は、いずれ魔物と化す――

 しかし、あまりにも純粋かつ、非常に強い想いを持った迷イ人の中には、稀に魔物化することなく、鬼ビ人と呼ばれる存在になる者がいた。

 そして鬼ビ人は、その記憶と引き換えに、純粋な想いに基づく強い意志と、魔物を寄せ付けぬ強大な力を手に入れる。

 現シ世と幽リ世を行き来し、生者と死者の調停者の役割を担う逝ク人守リ。
 その中でも能力の高いものたちは、幽リ世で出会った鬼ビ人と共鳴し、彼らの力をその身に宿すことで、魔物と対等に渡り合う力を手にするという――

 “鬼ビ人”はジョブの役割を持っており、それぞれ固有の武器やスキルを持っている。カガチに憑依させる“鬼ビ人”によって、立ち回りが変わり、戦闘では“鬼ビ人”を切り替えながら戦うことが重要に。

 マップ上に点在する“現幽碑”で“鬼ビ人”の編成ができるので、任務に向かう前に確認してから進もう。

現幽碑ではいつでも“鬼ビ人”の編成ができる。
最大4人の“鬼ビ人”が編成可能。
編成している“鬼ビ人”を切り替えながら、戦闘を優位に進めよう。

アイシャ(声:大空 直美)

 カガチが逝ク人守リになったときから、ともに相棒として行動している、情熱的で愛情深い鬼ビ人。
 ダッシュによる回避行動が可能で、刀での攻撃は隙が少なく威力もあるため、攻防のバランスに優れている。

ザーフ(声:赤羽根 健治)

 鬼ビ人となったいまも、人の内にある儚さを漂わせる、生真面目で正義感の強い鬼ビ人。

 槍を使った突進力のある攻撃が持ち味で、多少の被弾では怯まない。
 ジャンプを活用することで、立体的な立ち回りが可能。

ウィル(声:代永 翼)

 明るい性格で、親しみやすい性格の鬼ビ人。
 しかし前世の影響からか、本心では他者を信じることを恐れている。

 ガードの上からでも敵を叩き潰すことができる攻撃力を持つ。
 さらに、大きい斧を使ったガードで敵の攻撃を凌ぐこともできる。

ディーア(声:佐藤 聡美)

 丁寧な口調と優雅な振る舞いから気品さえ感じられる鬼ビ人。
 いつも自分のことよりも、周囲を優先する。

 弩と銃の二刀流で、連射性の高い遠距離攻撃が得意。
 滞空時間の長いジャンプが持ち味で、間合いを取りながら攻撃できる。

イザナ(声:豊口 めぐみ)

 どんな時でも冷静で、決して何者にも流されない。
 生者の言葉や感情をじっと観察し続けている孤高の鬼ビ人。

 鎌を使った広範囲かつ、破壊力の高い攻撃が魅力。
 瞬間移動により、敵の死角を突いた攻撃も可能だ。

“技奥樹”で技を習得

 “鬼ビ人”はそれぞれ固有の“技奥樹”を持っており、“鬼魂”を集めて、技奥樹に使うことで、より強力な技を修得させたり、能力を高められる。“鬼魂”は魔物を倒すと入手できる。

習得した技は最大で4つまで装備できる。

商品概要

正式名称:鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)
ジャンル:アクションRPG
プラットフォーム:Nintendo Switch / PlayStation4 / Steam
発売日:2019年8月22日発売予定
希望小売価格:5,800円+税
プレイ人数:1人
CERO:審査予定
開発:Tokyo RPG Factory
スタッフ:
プロデューサー:佐々木 隆太郎
クリエイティブプロデューサー:時田 貴司
ディレクター:橋本 厚志
シナリオ:稲葉 洋敬
キャラクターデザイン:タイキ
コンポーザー:土屋 俊輔(プロキオン・スタジオ)、マリアム・アボンナサー(プロキオン・スタジオ)
題字:湖川 友謙