2019年5月20日、セガゲームスはPS4ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』について、一部中身を変更した新価格版を2019年7月18日に発売することを発表した。

 セガゲームスはPS4ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』の新価格版を2019年7月18日に発売することを発表した。価格は4540円[税抜]。

 同作は、登場人物・羽村京平役でゲスト出演していた俳優・アーティストのピエール瀧被告が麻薬取締法違反で逮捕されたことを受けて、新規のソフト出荷およびダウンロード版販売を一時的に休止されていたが、オリジナル版から羽村京平のモデル・音声を差し替えての再販となる。ちなみに、その他のゲーム内容に変更はなく、初版のセーブデータを使用してゲームを再開することもできないそうなので、オリジナル版をプレイされている方はご注意を。

 また、今回の新価格版には配信済のバランス調整アップデート、“EXTRA EASY(バトル簡単入力)”、デジタルコンテンツ“新米探偵パック”、“真相究明パック”、“ドローンレーサー支援パック”、“仙人支援パック”、“名探偵支援パック”はゲーム内に含まれているとのこと。

[2019年5月21日21:30分情報追記]
 なお、新価格版ではない販売休止前のバージョンについては、龍が如くスタジオの佐藤大輔氏が自身のTwitterにて、ファンからのアップデートでのモデル変更に関する質問に答える形で、「それはないのでご安心ください」と発言していることから、自動的に変更が行われるということはなさそうだ。