新カードパックの気になる新システムとは!?

 『ドラゴンクエスト』(以下、『DQ』)シリーズのキャラクターやモンスターたちが登場するデジタル対戦カードゲーム、『DQライバルズ』。2017年11月より配信がスタートし、スマートフォンだけでなくPC(Yahoo!ゲーム)でのプレイも可能となり、コンスタントに新カードパックを登場させることでプレイヤーを飽きさせない人気タイトルだが、2019年2月22日(金)には第6弾となる新カードパック『小さな希望のシンフォニー』が配信される。

 配信が発表されて以来、新カードも徐々に発表されており、2019年2月10日(日)に開催される公式全国大会“勇者杯2018冬”でも新情報が発表されると思われるが、それに先駆けて『小さな希望のシンフォニー』のポイントをお届けしてしまおう!

第6弾の主役はなんと“こども”たち!

 第5弾カードパック『勇気の英雄譚』では、『DQ』シリーズでおなじみの勇者たちが登場する“ヒーローシステム”が導入されて話題となったが、第6弾では“こども”たちに焦点を当てた内容となっている。『小さな希望』というタイトルの通り、新たに登場するキャラクターやモンスターのほとんどが“こども”なのだ。

 第6弾の注目は、何と言っても新システムの“絶好調”という能力だ。これは、カードが場に出た時点で効果が発揮される能力のこと。たとえば“デッドペッカー”の場合、本来攻撃力は1だが、場に出ると“絶好調”状態となり、攻撃力が+1されて2になるというわけ。ちなみに、絶好調状態は一度攻撃すると解除され、本来の攻撃力である1に戻る。

ファミ通先行公開カードの“デッドペッカー”。速攻持ちなうえにコストも低いので扱いやすいと言える。

 “絶好調”時に発揮される能力は攻撃力上昇だけでなく、さまざまな種類がある。ここでは、絶好調になれるユニットカードをいくつかピックアップしていこう。“絶好調”状態で攻撃力+2とにおうだちを得る、頼もしい“ストーンビースト”もファミ通先行公開カードだぞ!

 以上のカードを見ればわかるように、“絶好調”状態で発動する能力は多彩となっており、デッキ構築の際には戦略の幅がまたひとつ広がるのは確実だ。また、“絶好調”状態になっているユニットは、一度攻撃すると“絶好調”は解除されるが、その能力を復活させられるユニットもいる。相手のユニットが“絶好調”じゃないからと油断していると、思わぬ反撃を受けるかも!?

ファミ通先行公開カードの“デスセイレス”は、召喚時に全味方ユニットを“絶好調”状態に戻すという、かなり高性能の共通カード!

 『小さな希望のシンフォニー』では全116種類のカードが新たに追加される。ユニットだけではなく、もちろん特技カードも数多く登場するので、注目のカードをいくつか紹介していこう。

■ユニットカード

 お互いに使いどころがカギとなりそうな“絶好調”状態に関するユニット以外にも、“ヒーロースキル”を活かした戦略に大きな影響を与えそうなユニットも。とくにヒーローカードはデッキに入れておけば必ず最初の手札に来る。限られたデッキに新ユニットをどれだけ入れ込むか、そこが重要に。

■特技カード

 使用するタイミング次第で盤面を引っくり返す特技にも、新たなカードが登場。中には、「ついに来たか!」と喜びたくなるものも。コストは高いが強烈な“暗黒の縛鎖”など、どのように使うか悩ましいカードにも注目だ。どのカードがどの職業のものなのかは、カードの枠の色で確認しよう。

■レジェンドレアカード

 最後に、誰もが気になる新たなレジェンドレアカードから、ダーマ神殿で大神官を務めていた少女“フォズ大神官”と、ファミ通先行公開のみんな大好き“プオーン”を紹介しよう!

僧侶のレジェンドレアカード。自分のターン終了時、味方リーダーのテンションスキルを別の職業のものに変更し、テンションも2段階上昇。どの職業になるかはランダムなようだが、戦士や魔法使いのテンションスキルになったら……!
武闘家のレジェンドレアカード。自分のデッキの中からコストが最も高い武闘家のカードを1枚手札に加える。デッキ構築によっては閃光烈火拳を確実に手札へ引き寄せられるのが強み。

 レジェンドレアカードは、ここで紹介した以外の職業はもちろん、共通のレジェンドレアカードも登場する。『DQライバルズ』の公式サイト(http://www.dragonquest.jp/rivals/)や公式Twitter(https://twitter.com/dq_rivals)では新カードなどの最新情報を随時発表しているほか、前述の通り“勇者杯2018冬”でもさらなる情報が公開されるはず。

 “勇者杯2018冬”は東京・秋葉原ベルサールにて開催されるが、会場に行けなくとも当日の模様は生配信されるので、こちらの“勇者杯2018冬”公式サイト(http://www.dragonquest.jp/rivals/yusha-hai/2018winter/)をチェックしておこう。

 ファミ通.comでも大会のリポートや、恒例の二木達博プロデューサーへのインタビューもお届けする予定なので、そちらも忘れずにチェックを!