【GBC20周年企画(1)】覚えてる? ゲームボーイカラーのトリビア20連発!

ゲームボーイカラー20周年を記念して、ゲームボーイカラーのハードとソフトに関する20個の豆知識をご紹介します。

20歳のお誕生日を20個のトリビアでお祝い!

 1998年10月21日に発売されたゲームボーイカラー。多くのプレイヤーの手の中に、色鮮やかな冒険や戦い、ドラマを届けた携帯ゲーム機が、本日(2018年10月11日)、めでたく生誕20周年を迎えました。

 本稿では、20周年を記念して、ゲームボーイカラーのハードとソフトに関する20個の豆知識をご紹介します。ゲームファンの皆さんならご存じのものばかりかもしれませんが、この機会に、改めて懐かしの名機の思い出に浸ってみてはいかがでしょうか。

 なお記念企画(2)では、ゲームボーイカラー専用ソフトの販売本数TOP10をご紹介しています。ぜひそちらもご覧ください。

まずはハード編!

【トリビア1】
発売時のキャッチコピーは
「カラーがあれば、まいにちたのしい。」、「色のあるよろこび。」

ゲームボーイカラー発売当時のチラシ
※画像提供:チラシコレクター浅野 稔氏

【トリビア2】
本体の基本カラーバリエーションは6種類、人気1位はクリアパープル
 任天堂のホームページによると、当時の人気1位はクリアパープルだった。ちなみに、クリアパープルを本体カラーに提案したのは、当時の任天堂社長・山内溥氏とのこと。

1位:クリアパープル

2位:クリア

3位:ブルー

4位:パープル

5位:イエロー

6位:レッド

【トリビア3】
液晶で使用できる色は32000色以上だった
 ゲームボーイカラーの液晶画面は、32000色以上の使用可能な色数から、最大56色を同時に発色できる仕組みだった。また、省電力化と野外に持ち運んで遊ぶときの見やすさも考えて、バックライトを使用しない発射型TFTカラー液晶が採用されていた。

『ゼルダの伝説 ふしぎの木の実』
(C)2001 Nintendo

【トリビア4】
ストラップホールが初めて付いた携帯ゲーム機
 当時、携帯電話が若者に普及するとともに、落下防止やアクセサリーとして人気を獲得したストラップ。そのストラップを通す穴が本体左上にあった。

【トリビア5】
モノクロソフトもカラーで遊べた
 ゲームボーイカラー以前のゲームボーイソフトで、カラー対応でないものも、色つきで遊ぶことができた。最大10色が自動で配色され、モノクロ画面がカラフルに。色の配色は12パターンあり、本体起動時の“GAME BOY”と表示された画面で、十字ボタンとA、Bの組み合わせて変更できた

ゲームボーイ初期のタイトルである『テトリス』も……
(c)1989 Nintendo

ゲームボーイカラーで色鮮やかに!
(c)1989 Nintendo

【トリビア6】
サイズは小さいようで大きいようで、やっぱり小さかった
 じつはゲームボーイカラーのサイズは、初代ゲームボーイから劇的に小さくなったわけではない。寸法の差は、初代ゲームボーイが【高さ148×幅90×奥行き32ミリ】に対してゲームボーイカラーは【高さ133.5×幅78×奥行き27.4ミリ】なので、高さ、幅の差はそれぞれ1センチ強で、奥行きの差は5ミリ程度だった。

 一方で重量には大きな違いがあり、初代ゲームボーイは220グラム、ゲームボーイカラーは138グラム。さらに初代ゲームボーイは単3電池4本、ゲームボーイカラーは単3電池2本だったため、単3電池1本を25グラムとすると、初代ゲームボーイは320グラム、ゲームボーイカラーは188グラムと、ほとんど半減したことになる。つまりゲームボーイカラーは、とても軽いゲーム機だったのだ。

 ちなみに、ゲームボーイカラーを幼かったころに愛用していた人にとっては大きかったイメージがあるかもしれないが、じつは近年大型化が進んでいるスマートフォンと比較すると、さほど大きな差がなくなってきている。たとえば先日発表されたiPhoneXは、143.6ミリ×70.9ミリ×7.7ミリで、重量は174グラムと、厚みを除けばゲームボーイカラーと大きな差はない。ゲームボーイシリーズは、20年前から“手のひらにピッタリなサイズ”を体現していたのだ。

左からゲームボーイ/ゲームボーイブロス/ゲームボーイポケット/ゲームボーイライト/ゲームボーイカラー。
※ゲームボーイブロスはゲームボーイのカラーバリエーションで、スペックは同様の物

【トリビア7】
電池の持ち時間はゲームボーイファミリーの中で2番目の長さだった
 唯一カラー液晶を採用したマシンながら、電池の持ち時間はゲームボーイファミリーの中で堂々の2位。しかも、1位のゲームボーイ(初代)が単3乾電池4本で約35時間なのに対して、単3乾電池2本で約20時間も遊べるため(4本なら約40時間!)、ゲームボーイカラーがゲームボーイファミリーのなかで、いちばん電力コストに秀でたゲームボーイだったと言える。

【ゲームボーイシリーズの電池寿命】任天堂公式ホームページより)
1位 ゲームボーイ(初代) 約35時間(単3形アルカリ乾電池4本)
2位 ゲームボーイカラー約20時間(単3型アルカリ乾電池2本)
3位 ゲームボーイライト約12時間(単3型アルカリ乾電池2本)(※バックライトOFF時は20時間)
4位 ゲームボーイポケット 約8時間(単4型アルカリ乾電池2本)

【トリビア8】
携帯電話とつなげられた
 周辺機器のモバイルGBアダプタを介して、ほかのプレイヤーとの対戦やデータ交換、メーカーからのデータの受信などが行えた。対応ゲームは『モバイルゴルフ』、『ポケットモンスター クリスタルバージョン』、『ゲームボーイウォーズ3』など。

『ゲームボーイウォーズ3』では、モバイルアダプタGB経由で、50面のスペシャルマップを始め、傭兵ユニットなどを手に入れられた。
(c)2001 HUDSON SOFT (c)1990 Nintendo

【トリビア9】
本体カラーは6種類だけじゃなかった
 人気タイトルや異業種とのコラボによる、限定カラーバージョンも多く発売された。以下は、そのほんの一部。

・サクラ大戦GB 記念バージョン
サクラ大戦GB』の発売を記念して、『サクラ大戦』をイメージしたピンクの本体が発売された。
・ジャスコオリジナル マリオバージョン
ジャスコ創業30周年を記念して、全国のジャスコで発売された。
・ポケモンセンター 3周年バージョン
コロコロコミック』で申し込むと、ポケモンセンターで購入できた。
・ダイエーバージョン
福岡ダイエーホークスの日本シリーズ優勝記念セールで発売された。

サクラ大戦GB 記念バージョン
(C)SEGA (C)MEDIA FACTORY 2000

【トリビア10】
あのゲーム機も同期です
 ゲームボーイカラーが発売された1998年には、こんな商品も発売になっていました。

ポケットカメラ(任天堂/1998年2月21日発売)
モノクロながら、カメラで遊ぶ楽しさを携帯電話よりも先に提供したゲーム。

ポケットピカチュウ(任天堂/1998年3月27日発売)
歩数計を内蔵した携帯用小型ゲーム機。歩いた歩数でピカチュウと仲よくなる。
(C)1998 Nintendo.(C)1995 Nintendo/Creatures inc./GAME FREAK inc.

ゲームボーイライト(任天堂/1998年4月14日発売)
バックライトを搭載した液晶を採用。暗い場所でも遊ぶことができた。

ネオジオポケット(SNK/1998年10月28日発売)
SNKが発売した携帯ゲーム機。モノクロだったが、半年後にネオジオポケットカラーが発売された。

ドリームキャスト(セガゲームス/1998年11月27日発売)
セガ(現・セガゲームス)が発売した家庭用ゲーム機。インターネット通信用のアナログモデムを搭載するなど、先進的で高性能なセガらしいマシンだった。