『バーチャロン』対応ツインスティックプロジェクトが開始から12時間を待たずに目標額の4460万円を達成!

健康総合企業のタニタが2018年10月18日12時より開始した、『バーチャロン』対応ツインスティックのクラウドファンディングプロジェクト。開始から約11時間30分後の10月18日23時30分頃に、目標金額の4460万円を達成した。

 健康総合企業のタニタが2018年10月18日12時より開始した、『バーチャロン』対応ツインスティックのクラウドファンディングプロジェクト。開始から約11時間30分後の10月18日23時30分頃に、目標金額の4460万円を達成した。

 本プロジェクトはクラウドファンディングサイト、CAMPFIREにて行われていたもので、支援金額は一口44600円[税込]で、合計1000口を募集していたもの。
 今年の6月〜7月に同様のクラウドファンディングを実施した際は、目標額に届かずに残念ながら不成立となっていたが、今回はプロジェクトの趣旨に賛同してくれた企業も新たに参画することで、より完成度を高めつつ、コストダウンも実現。本体設計を新たに見直しての再挑戦となっていた。

タニタが手掛ける『バーチャロン』対応ツインスティックのプロジェクトが本日(2018年10月18日)より再始動開始!

健康総合企業のタニタは、今年6月〜7月にかけて実施し、不成立に終わったツインスティックプロジェクトの再挑戦を発表。『電脳戦記バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦記』に対応する“XVCD-18-b 18式コントロールデバイス『ツインスティック』”のクラウドファンディングを、2018年10月18日にスタートすることを発表した。

 同日には、セガゲームスより『バーチャロン』シリーズ3作品がプレイステーション4向けに移植されることも発表されている。移植されるタイトルは『電脳戦機バーチャロン』、『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66』、『電脳戦機バーチャロン フォース』の3作品で、今回のツインスティックにも対応予定。発売日や価格などの情報は追って公開されるとのこと。

『バーチャロン』シリーズから初代、『オラタン』、『フォース』3作品がPS4に移植決定! タニタのツインスティックにも対応予定

セガゲームスの『電脳戦機バーチャロン』、『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66』、『電脳戦機バーチャロン フォース』の3作品がプレイステーション4向けに移植決定。