『FFXIV』5周年を記念した14時間生放送を実施! 会場の様子と第46回PLLまとめをお届け

スクウェア・エニックスのMMO(多人数同時参加型オンライン)RPG『ファイナルファンタジーXIV』が、2018年8月28日で新生してから5周年を迎えた。これを記念して、2018年9月1日に14時間生放送を実施。その会場の模様と、第46回 FFXIVプロデューサーレターLIVEの内容まとめをお届け。

 スクウェア・エニックスのMMO(多人数同時参加型オンライン)RPG『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)が、2018年8月28日で新生してから5周年を迎えた。新生以降、周年を記念した生放送(なんと14時間)が行われるのが恒例となっているが、5周年の今年も例年通り開催。放送時間は、もちろん14時間だ。

 今年も内容盛りだくさんで、第46回 FFXIVプロデューサーレターLIVEに始まり、本作のキャラクターに魂を吹き込む声優の三宅麻理恵さん、山本 格さん、杉本ゆうさんを招いての“光の声優さん”、PvP応援番組『ALIENWARE Presents アドレナリンラッシュTV』、ロックバンド“GLAY”のTERUがゲスト出演した“直樹の部屋 Part1”、ゲームタレントユニット“えどさん"&ふみいち”による“NGC『ファイナルファンタジーXIV オンライン』生放送<シーズンIII>”、カプコンの辻本良三氏をゲストに迎えた“直樹の部屋 Part2”、そしてラストは吉田直樹プロデューサー兼ディレクターほか開発メンバーを交えた対談、といった構成になっていた。

 番組の模様は、ニコニコ生放送のタイムシフトやTwitchのアーカイブで視聴可能。見逃してしまった人は、そちらでチェックするといいだろう。

・ニコニコ生放送
・Twitch

 また、生放送の会場には『FFXIV』のプレイヤーも招待されており、それぞれの視点からリポートを発信している。Twitterのハッシュタグ「#XIV14」も合わせて見てみてほしい。

Twitterハッシュタグ
#XIV14

12時より放送開始。オープニングでは、スクウェア・エニックス代表取締役社長の松田洋祐氏(右)が挨拶。中央は『FFXIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏。左はコミュニティチームの室内俊夫氏。

開発スタッフも登場して開幕を宣言。

一気に時間が飛んで、24時30分からの開発チーム対談。ぶっちゃけトークから、若かりしころの写真が公開されてしまうなど、とんでもない内容に!?

26時に無事放送終了。左端の個性的な衣装に身を包んでいるのは、コミュニティチームの室内俊夫氏。