アジア大会初のesports『ウイニングイレブン 2018』大会で日本代表、SOFIA選手とLeva選手が決勝でイランを破り金メダルを獲得!

インドネシアのジャカルタで開催されている“第18回アジア競技大会”。その中の『ウイニングイレブン 2018』の大会で、日本代表が金メダルを獲得した。

 4年に一度開催される、アジア最大のスポーツの祭典“アジア競技大会”。インドネシアのジャカルタで開催されている“第18回アジア競技大会”では、デモンストレーション競技の一種としてesportsが採用され、『ウイニングイレブン 2018』の大会が行われた。その中で、日本代表が決勝に進出。決勝でイランを破り、金メダルを獲得した。

 日本代表に選ばれたSOFIA(杉村直紀)選手とLeva(相原翼)選手は、各国の予選、各地域の予選を勝ち抜き、決勝大会へ進出。そして、本日(2018年9月1日)、日本代表はインドネシア代表、ベトナム代表、インド代表とグループリーグに挑み、なんと全勝でグループリーグを突破する活躍を見せる。

 さらに、準決勝のマレーシア戦では、SOFIA選手が3-2でMOHAMAD選手に勝利、続くチーム戦で行われた第2試合では3-1で快勝。イランとの決勝に挑むことに。

 ここまで快勝を重ねた日本代表だが、イランとの決勝ではSOFIA選手がイランのHassan選手に1-3で敗れてしまう。だが、その後のチーム戦では2-0で日本代表が1本取り返し、続く最終戦では、Leva選手がイランのReza選手に3-2で勝利! 2本を勝ち取り、日本代表が金メダルを獲得した。

 なお、今回の第18回アジア競技大会で開催されるesportsの大会は、『ウイニングイレブン 2018』のほか、『League of Legends』、『Arena of Valor』、『StarCraft II: Legacy of the Void』、『Hearthstone』、『Clash Royale』の全6タイトルを採用。今回はデモンストレーション競技だが、2022年に中国・杭州で開催予定の第19回では、esportsは正式種目となることが決定している。

『ウイイレ』や『クラロワ』が、第18回アジア競技大会のesportsタイトルに採用決定

2018年8月18日からインドネシアで開幕する、第18回アジア競技大会。同大会でデモンストレーション競技として行われるesportsの採用タイトルが決定。