2018年7月13日から8月5日にかけて、東京・タワーレコード渋谷店において、『スプラトゥーン』シリーズとのコラボレーション企画“Splatoon展 at TOWER RECORDS”が開催。本記事では展示の模様をお届けする。

 2018年7月13日から8月5日にかけて、東京・タワーレコード渋谷店8階“SpaceHACHIKAI”において、『Splaoon』とタワーレコードとのコラボレーション企画“Splatoon展 at TOWER RECORDS”が開催される。本記事では、関係者に披露された内覧会の模様をお届けする。

 今回の展示会には、描き下ろしのコラボイラストのほか、これまでの『Splatoon』の歴史を振り返る巨大年表や、ブキやギアの開発ウラ話がが書かれたパネル、フォトスポットが用意されている。展示会の概要は下記の記事にて。

エレベーターの扉は『オクト・エキスパンション』のイラストでデコレーションされていた。エレベーターの内部にはインクのデコレーションも!
展示場に入ると、巨大な描き下ろしイラストがお出迎え。

設定画やウラ話が盛りだくさん!

 展示物はamiiboを除いてすべて撮影可能になっており、思わず写真を撮りたくなるものばかり。コンセプトアートや設定画、手書きのメモが書かれた楽譜などなど、見ているだけでも楽しい展示に! とくに、“イカす歴史展タクル”と銘打たれた壁一面の特大年表には、『スプラトゥーン』発売前の企画段階のイラストから、『スプラトゥーン2』の有料追加コンテンツ『オクト・エキスパンション』までの歴史を、アートディレクター 井上精太氏をはじめとした開発スタッフのコンセプトアートを交えながら振り返るという大ボリュームの内容。さらに、そこに開発陣のコメントが添えられており、ひとつひとつ読んでいくだけで、浸透圧アゲアゲになること間違いなし! 『Splatoon』の世界観をより深く知りたいファンはもちろん、そうでない人も楽しめる展示になっている。

“イカす歴史展タクル”には、開発段階から現在までの歴史がビッシリ!
左の写真は、直筆の『シオカラ節』の歌詞。悩みながら書かれていたことがわかる!?
初公開となり『オクト・エキスパンション』の設定画も。
井上氏が描いたラストバトルのマンガも展示。これを読むだけでも来る価値アリ!

井上氏のマンガについては、上記インタビューの3ページ目を参照