SIE JAPANスタジオ、フロム・ソフトウェア、宮崎英高氏という開発体制が挑む完全新作『Deracine(デラシネ)』とは、どのようなゲームなのか? 週刊ファミ通2018年6月28日号(2018年6月14日発売)に注目!

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が発表した、プレイステーション 4用(プレイステーション VR必須)の完全新作、『Deracine(デラシネ)』。何より驚かされたのが、本作はSIE JAPANスタジオとフロム・ソフトウェア、そしてディレクターの宮崎英高氏という、『Bloodborne(ブラッドボーン)』と同じ開発体制によるVRアドベンチャーゲームだったこと。

 プレイヤーは“止まった時の世界”に住む妖精。舞台は、少年少女6人と年老いた校長先生が暮らす古い寄宿学校。誰からも見えない存在と、子どもたちとの間接的なコミュニケーション。やはり、単なるアドベンチャーゲームではなさそうと思った方は、ぜひ週刊ファミ通2018年6月28日号(2018年6月14日発売)をチェックしてください。キーワードは“古典的”です!

 詳細は、週刊ファミ通2018年6月28日号(2018年6月14日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle