ワーナー ブラザース ジャパンは、レゴ ゲームシリーズ最新作となる『レゴ インクレディブル・ファミリー』を、2018年8月2日に発売予定であることを発表した。

 ワーナー ブラザース ジャパンは、本日(2018年4月25日)、レゴ ゲームシリーズ最新作となる『レゴ インクレディブル・ファミリー』を、2018年8月2日(木)に発売予定であることを発表した。対応機種は、プレイステーション4とNintendo Switchとなる。価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに5980円[税抜]となる。

 8月1日(水)に公開予定のディズニー/ピクサー最新作『インクレディブル・ファミリー』だが、その翌日の8月2日には、おなじみのヒーロー家族がレゴになって登場。大ヒット映画『Mr.インクレディブル』と、最新作『インクレディブル・ファミリー』がゲームで楽しめるのだ。開発を手掛けるのは、もちろんこれまでのレゴ ゲームシリーズ同様にTT Gamesが担当する。

『レゴ インクレディブル・ファミリー』の注目ポイントをピックアップ!

大ヒット映画『Mr.インクレディブル』と最新作『インクレディブル・ファミリー』がゲームで楽しめる

 アカデミー賞2部門を受賞した前作『Mr.インクレディブル』と、最新作『インクレディブル・ファミリー』の2作品のストーリーを収録。かっこいいアクションや頭を使うギミックが満載のゲームを、大人気映画のストーリーをなぞりながら楽しめる。

大切なのは、家族の絆!ヒーロー家族と力を合わせて戦おう!協力プレイも対応

 Mr.インクレディブルの怪力、イラスティガールの伸縮性、ダッシュの超スピード、ヴァイオレットのバリア、そして、ジャック・ジャックの秘められたスーパーパワーを駆使してゲームを遊びつくそう。今作も、ふたりまでの協力プレイに対応。家族や友たちと力を合わせて楽しるのが魅力だ。

自由度いっぱいのハブエリアには、やりこみ要素が満載

 今作にももちろん、レゴ ゲームならではの自由度たっぷりのハブエリアが登場。街の中を自由に探検した後は、各地区に押し寄せる犯罪の波に立ち向かい、各地を牛耳るスーパーヴィランと相対することになる。ミッションも満載で、ストーリークリアー後もじっくり遊べる。

キャラクターカスタマイザーで、オリジナルヒーローを作ろう

 有名デザイナー、エドナ・モードの力を借りて、見た目にも能力にもこだわった自分だけのオリジナルヒーローを作れちゃう。

 なお、『レゴ インクレディブル・ファミリー』では、発売後もアップデートやダウンロードコンテンツなどを予定しているようだ。