日本一ソフトウェアは、Nintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『魔界戦記ディスガイア Refine』を、2018年7月26日に発売することを発表した。

 日本一ソフトウェアは、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4用ソフト『魔界戦記ディスガイア Refine』を、2018年7月26日に発売することを発表した。

 『魔界戦記ディスガイア Refine』は、2003年にプレイステーション2用タイトルとして発売された『魔界戦記ディスガイア』のグラフィックやキャラクター画像を、Nintendo Switch、プレイステーション4用に高解像度化したタイトル。破天荒さ、ハチャメチャ具合はそのままに、最新のビジュアルへと生まれ変わった『魔界戦記ディスガイア』が楽しめる。

 今回は、メインとなるキャラクターやあらすじ、各種システムについて紹介しよう。

『ディスガイア』シリーズとは?

 “魔界”を舞台に、魔王や悪魔、天使たちの活躍を描いた、ハチャメチャで痛快、爽快なシミュレーションRPG。2003年に初代『魔界戦記ディスガイア』が、そして、2017年にはNintendo Switch用ソフト『魔界戦記ディスガイア5』が発売。本年までの15年間、多くのファンに愛され親しまれている。

 シリーズを通して魅力となるのは、底なしのやり込み要素と、突き抜けたゲームシステム。キャラクターレベルは最大9999まで上がり、攻撃でくり広げるダメージ量もケタ違い。キャラクターを育てるもよし、武器の強化に努めるもよし、本シリーズは遊べば遊ぶほど、そのゲーム性は広がっていく。

キャラクターたちがくり出す技もとにかく規模が大きい。

 今回の『魔界戦記ディスガイア Refine』は、初代『魔界戦記ディスガイア』のグラフィックを高解像度化し、Nintendo Switch、プレイステーション4向けに最適化。15年の時を経てもなお、色褪せないハチャメチャ爽快な本タイトルは、シリーズのファンはもちろん、まだ未プレイの人も楽しめるタイトルとなっている。

『魔界戦記ディスガイア』の戦闘シーン
『魔界戦記ディスガイア Refine』の戦闘シーン

あらすじ

 闇に魅入られた禍々しき者どもが集う暗黒世界、魔界。そんな魔界に激震が走る。『 魔王クリチェフスコイ、死す。

 長きに渡り魔界を統治してきた偉大なる王の死は、瞬く間に魔界全土へと広がり、野心旺盛な悪魔どもは皆、次期魔王の座を、虎視眈々と狙っていた。

 その最中、父の死も知らずに、魔王クリチェフスコイの息子・ラハールは丸2年の寝坊から目覚めた。

 「魔王の次期後継者たるオレさまをさしおいて、魔王の座を奪うだと……?良い度胸だ……、その者どもを片っ端から皆殺しにしてくれるわ!!」

 亡き父を超え、偉大なる魔王となるために、ラハールはエトナやフロン、家臣を連れて、魔王の座を争う戦いへとくり出していく。

ラハール(声:水橋かおり)

 亡き偉大なる魔王・クリチェフスコイを父に持つ、自己中心的でオレ様至上主義の主人公。“愛”や“やさしさ”という言葉が大嫌いで、真っ直ぐな気持ちや前向きな言葉を受け付けない性格。偉大なる魔王であった父を超えるため、“魔王さまの仕事”を探し、日々修行中である。

エトナ(声:半場友恵) ※上

 ラハールの父・クリチェフスコイの代から魔王城に仕え、彼には絶対的な忠誠と尊敬を敬している。魔王亡きいま、ラハールを偉大なる魔王へと近づけるため厳しくしつけるが、エトナ自身も隙あらば魔王の座を狙う野心家。

プリニー(声:間島淳司) ※下

 金で雇われたエトナの家来。かなりの薄給だが、都合よくこき使われている。投げると爆発する。

フロン(声:笹本優子)

 魔王・クリチェフスコイ暗殺の命を受けて天界より来た天使見習い。クリチェフスコイが既に亡くなったことを知り、ラハールたちに“愛”を教えるため、行動をともにすることに。

ゲームシステム -育成-

 本タイトルの魅力は、なんといっても規格外の育成要素!

Lv.9999まで上がるレベル

 シミュレーションRPGでは欠かせない要素“レベル上げ”『魔界戦記ディスガイア』では、そのレベルをなんと、最大9999まで上げることができる。戦えば戦うほど、強い敵を倒せば倒すほど、キャラクターのレベルはどんどん上がる。

キャラクターのレベルが上がれば、敵に与えるダメージもより強大なものとなり、本タイトルでは、与えられるダメージも ケタ違いの数値を叩き出せる。

多彩な職業とキャラメイク

 本タイトルには、メインキャラクター以外にも、“格闘家”や“アーチャー”、“魔法使い”、“忍者”など、さまざまな “職業” を持った汎用キャラクターが男女15種類以上登場する。キャラクターには、“どうしようもないクズ”、“おちこぼれ”、“平凡”、“優秀”、“極めて優秀”、“天才”の6つの素質があり、いい素質であればあるほど、攻撃力やHPも高くなる。

汎用キャラクター“忍者”
汎用キャラクター“格闘家”
汎用キャラクター“盗賊”
汎用キャラクター“戦士”

転生

 ゲーム内ではそれぞれのキャラクターを別の職業に“転生”できる。たとえば、“アーチャー”を仲間にしたいとき、新しく“アーチャー”を作ることも可能だが、すでに育成済みの“魔法使い”を“転生”させることで、“魔法使い”の素質も持った“アーチャー”を仲間にすることができる。

“ギガファイア”や“テラファイア”は魔法使いが得意とする魔法技 。弓と魔法、多彩な攻撃手段を兼ね揃えた“アーチャー”が出来上がる。

強力な武器の作成

 登場するアイテムには、それぞれ武器強化に特化した“アイテム界”という異世界が存在する。所持しているアイテムであれば、アイテム界に入り、該当のアイテムを強化できる。武器強化の上限は果てしなく、キャラクター同様に、強力なパラメーターを持った武器の作成が可能。

“アイテム界”にて強化されたレベル50の“魔王の盾”。DEFの値は4591と、規格外の強さへと鍛えられる。
“アイテム界”内部の様子。“アイテム界”の住人を倒すことで武器は強化されていく。

戦闘

 育成だけではなく、 シミュレーションRPGとしての戦闘要素も盛りだくさん!

シミュレーションRPG

 戦闘はマス目のマップ上で行われるターン制のバトル。キャラクターのレベルやそのときの状況によって、くり出せる攻撃の大きさや行動範囲が変化する。キャラクターの行動順や位置、地形の関係が攻略のカギとなる。

連携攻撃

 戦闘中、キャラクターどうしが隣り合った状態で通常攻撃を行うと、より強大なダメージを与えられる“連携攻撃”をくり出すことがある。攻撃を行う際のフォーメーションなども、プレイヤーの腕の見せどころになる。

ジオシンボル / 地形

 各ステージに入ると、“ジオシンボル”というピラミッド型のオブジェクトが存在していることがある。この“ジオシンボル”は、“攻撃力+50%”や“ダメージ20%”といったさまざまな効果を持っており、その効果は敵、味方どちらにも影響を与える。また、マップには地形によって高低差で進めない場所があったりと、行動に制限を受ける場所もある。

色のついたカラフルなパネルを“ジオパネル”といい、パネル部分はジオシンボルと同じ効果を持つ。
高低差の激しいステージでは、遠回りでも慎重に進むこと。

特殊技

 キャラクターたちは成長し、レベルアップすることでさまざまな技を習得していく。特殊技を発動すると、通常では攻撃を与えられないような距離の敵に、空中から攻撃を仕掛けたり、複数いる敵への一斉攻撃が可能。派手な技からコミカルな技、一撃必殺の強大な技など、個性豊かな技が多いのも魅力。

特殊技:ラハール

■獄炎ナックル
拳に炎を宿して上から一直線に降下、勢いよく周りの敵にダメージを与える。
■魔王玉
魔力の象徴である炎球を自在に操り、少し離れた敵にダメージを与える。

特殊技:エトナ

■プリニー落とし
標的に向かって大量のプリニーを空より降らし、プリニーの爆発により敵にダメージを 与える。
■セクシービーム
その名にちなんで、ハートの演出とともに攻撃が広がる。

特殊技:フロン

■愛の力
自分の周りにいる味方のHPを30%回復し、ステータス減少の効果を無効にする。
■ホーリーアロー
聖なる光の矢を放ち、複数の敵に大ダメージを与える。

拠点施設 -暗黒議会-

 『魔界戦記ディスガイア Refine』には、戦闘だけではない、一風変わったシステムが多数存在!

 拠点内では、“願いごとをなんでも叶えられる、なんでもあり”の“暗黒議会”を開くことができる。ショップの品揃えを改善してもらったり、新しくキャラクターを作成したりと、叶えられる願いごとはさまざま。議会では、願いごとに対して“可決”、“否決”の判定を下されるのだが、判決を下す議員に、事前に“ワイロ”を渡して“可決”の可能性を上げることができる。それでも“否決”された場合は、“力ずくで解決”することで、強引に“可決”にすることができる。まさに“なんでもあり”の議会なのだ。

限定版情報

 『魔界戦記ディスガイア Refine』では、パッケージ版の販売に向けて、特典を同梱した“初回限定版”も用意されている。数に限りがあるので、予約はお早めに!

【『魔界戦記ディスガイア Refine』初回限定版】
■価格:9200円[税抜](9936円[税込])
■特典内容:
・オリジナルサウンドトラック・セレクション
ゲーム内楽曲を厳選して収録したオリジナルサウンドトラック
・日めくり卓上カレンダー
『魔界戦記ディスガイア』の名(迷?)台詞やシーンを抜粋した日めくりカレンダー

 さらに“初回限定版”は、上記の同梱物を『魔界戦記ディスガイア』の歴代イラストでデザインした、“特製三方背BOX”に収めたセットでの仕様となる。

※初回限定版には数に限りがございます。
※同梱物、特典の情報は共に制作中のものです。内容が予告なく変更になる場合がございますので、ご了承下さい。
※画像はイメージです。

製品情報

  • タイトル:魔界戦記ディスガイア Refine
  • ジャンル:シミュレーションRPG
  • 対応機種:Nintendo Switch / プレイステーション4
  • プレイ人数:1人
  • 発売予定日:2018年7月26日(木)
  • 価格:
    プレイステーション4
    ・通常版 / DL版 7200円[税抜](7776円[税込])
    ・限定版 9200円[税抜](9936円[税込])
    Nintendo Switch
    ・通常版 / DL版 7200円[税抜](7776円[税込])
    ・限定版 9200円[税抜](9936円[税込])
  • CERO:審査中
  • イラスト:原田たけひと
  • 音楽:佐藤天平