ボーダー必見の新情報満載! プラモ化や発売日も発表されたPS4版『ボーダーブレイク』ステージリポート【セガフェス2018】

“セガフェス2018”内で開催された、“PS4版『BORDER BREAK』新情報発表ステージ”の模様をリポート。

 2018年4月14日~15日の期間、東京・ベルサール秋葉原にて開催されている“セガフェス2018”。14日に開催されたステージイベント“PS4版『BORDER BREAK』新情報発表ステージ”では、プレイステーション4版『ボーダーブレイク』の最新情報などが多数公開された。本記事ではその模様をリポートしよう。

 『ボーダーブレイク』とは、10対10で対戦するロボットアクションゲーム。アーケードで人気を博しているシリーズで、これまでゲームセンターでくり広げられてきた熱い戦いが、今回家庭でも楽しめるようになる。価格は基本無料で、アイテム課金制。アーケード版と同じく、ブラスト・ランナー(本作のロボットの名称)をカスタマイズして戦えるのはもちろんのこと、ストーリーモードなど、本作ならではの新要素も多数追加されている。

 ステージには、本作のプロデューサーを務める青木盛治氏、ディレクターの百渓 曜氏が登壇。ゲストとして声優の芹澤優さん(ハンナ役)、朝日奈丸佳さん(ミドリ役)も登場した。さらに、ステージ中盤からは、声優の高槻かなこさん登場した。

青木盛治氏、百渓 曜氏

芹澤優さん、朝日奈丸佳さん、高槻かなこさん

 まずはキャラクターを演じた声優陣のトークを展開。芹澤さんが演じるハンナは、オープンβでは使用しているプレイヤーが多かったそうで、芹澤さんもご満悦の様子。なお、ハンナはリリース時から使用可能とのことだ。また、朝日奈さんはミドリを演じた際のエピソードを語り、演技へのディレクションなどはなく、思うがままに演じられたことを明かしていた。

芹澤さんが「ブラスト起動、出撃します!」、「これが私の行く道よ。邪魔しないで!」といった、ハンナのセリフを生披露すると、会場からも大きな歓声があがっていた。

そして朝日奈さんは、「任務了解。いっしょにがんばりましょう♪」、「あらあら大丈夫? お姉さんといっしょに行きましょう♪」と、ミドリのおっとりとしたセリフを読み上げた。

 続いて、本作で新たに追加される新ブラスト・ランナーが動画とスライドで公開! その名も“輝星”(きせい)! 主人公・ハティの専用機体は“輝星・空式”(きせい・くうしき)、ハティのライバル機は“輝星・破式”(きせい・はしき)という名前となっているようだ。また、青木Pは「“輝星”はストーリーにおいても、重要な鍵を握っていますよ」と語っていた。

2種類の新武器も登場。“輝星・空式”の機体に、デザインを合わせた武器とのことだ。

 さらに、コトブキヤよりプラモデルキットの発売も早速決定! “輝星・空式”プラモデルの原型は、会場にも飾られており、“輝星・破式”コトブキヤ秋葉原館にも展示されている。なお、ステージ後半には、登場済みの機体“クーガーNX”のプラモデル化も発表され、会場の同じスペースに完成例が展示されていた。

コトブキヤ秋葉原館では、2018年4月14日のみ、セガにまつわる模型の展示会“16bitModels”を開催しており、その中で“輝星・破式”の原型モデルが展示されていた。

 続いては、まずは2018年2月1日~18日まで開催されていた、本作のオープンβテストでの結果を交えながら、ユーザーから寄せられたQ&Aに答えるコーナーへ。ちなみに、青木Pは「開発側が想定していた5倍の人数がオープンβに参加してくれて、本当にありがとうございました」と、ボーダーたちに感謝の言葉を述べていた。

 まずは、“練習できるモードは作らないのか?”という要望について。本作にはコンピュータ相手に本格対戦を楽しめる“ビギナーマッチ”、ストーリーを追いながら操作を学べる“ストーリー”、自由に練習できる“トレーニング”という3つのシングルモードが用意しているとのこと。難易度は選べないが、初心者でも気持ち良く勝てるモードとなっているそうだ。また、ストーリーモードは「ボリュームはさほどないものの、バトルをクリアーすることで操作方法をマスターできますよ」と、百渓Dが語っていた。

 おつぎは、マッチングの方法について。オープンβテストでは、すべてのプレイヤーがマッチングするように設定されていたが、リリース時にはガチ対戦を楽しむ“ランクマッチ”、気軽に対戦できる“カジュアルマッチ”の2種類から選んで遊べるとのことだ。カジュアルマッチは、累計の戦績によってマッチングするため、初心者なら、初心者どうしと遊べるようになっている。

 続いての寄せられた質問は“機体パーツはどれを使えばいいんですか?”という、初心者からのもの。百渓Dは「パーツも武器もたくさんあるので、難しいですよね」とコメントしつつ、おまかせ装備機能を搭載することを発表。すべてをお任せにできるほか、4つの兵装に絞っておまかせするなど、多彩な機能が使えるそうだ。

 また、キャラクターの追加はあるのかという質問には、青木Pが「どんどん増えますよ!」と、13キャラクターのシルエットを公開。そして、芹澤さん&朝日奈さんは、じつはハンナ&ミドリ以外のキャラクターも演じており、ここでマルファ、デヒテラという新キャラクターも新たに発表された。マルファを演じる芹澤さんは「こういう気品のある役はやったことがなくて……」と、苦戦したエピソードを明かしつつ、宝塚歌劇団を意識して演じたことを語っていた。朝日奈さん演じるデヒテラは、オッドアイでいわゆる“厨ニ病”の女の子。開発チーム内でも非常に人気のあるキャラクターなのだとか。

芹澤さんが、「僕がいて負けるはずがないだろう?」、「さぁ、僕に付いてこい!」と、マルファのセリフも披露。

朝日奈さんは、「あぁ、全身を駆け巡る魔力を、いまこそ解放するのだ!」、「同胞よ、偉大なるヴァルハラへともに参ろう!」と“厨二病”全開のセリフを放つと、思わず会場からも笑いが起きていた。

 続いては、武器や機体パーツの入手方法が明かされた。フレームロットと呼ばれる、抽選での入手がメインとなっており、課金通貨(コアシード)や、チケットを使用し抽選で獲得するようだ。コアシードやチケットは、ゲームプレイでも手に入るそうで、一定の条件を達成することでもパーツが手に入る場合もあるとのこと。もし同じ武器やパーツを手に入れた場合は、強化に使用可能となっている。

武器やパーツの強化は、強化状態を戻して素材(マテリアルピース)に還元できる。たとえば、強い武器を手に入れた場合、以前まで使っていた武器から素材を取り出して、手に入れたほうの武器をすぐ強化できるというわけだ。

 そして、キーコンフィグの実装も発表された。タイプを選ぶタイプではなく、どこにでもボタン設定をできるように調整を加えたとのことで、L2ボタン、R2ボタンの感度もカスタマイズ可能な充実ぶり。たとえばR2ボタンのチョン押しで銃を撃つのか、奥までしっかり押すことで発射するのか、自身の好みに合わせられるようになっている。

 Q&Aのおつぎは、公式コスプレイヤーのこよみさん(ハティ)、KANAME☆さん(マーナガル)が登場して、関連グッズの紹介コーナーへ突入。

こよみさん。大胆な太ももを、芹澤さんがお触りしちゃうシーンも!

KANAME☆さん。それに対抗してか、青木PはKANAME☆さんのお尻をなぜかお触り(笑)。

先述の通り、“クーガーNX”のプラモデル化が発表。プラモデルキットには、限定の機体ペイントアイテムが付属している。

 そしてさらに、すでに発表されていたパッケージ版の特典アイテムについても公開された。“スターターパック”、“スペシャルパック”の2種類があり、キャラクターや機体が入手可能となっている。

 そしてさらに、なんとプレイステーション4“『BORDER BREAK』刻印モデル”が発売決定!! 刻印とカラーは、“輝星”がホワイト、“クーガーI型”がブラックとなっている。詳細は後日発表とのことだ。

 最後の発表ではリリース日が、2018年8月2日に決定したことを大公開!! これには会場にいるボーダーたちからも「ヒュー!」と、大きな歓声があがっていた。ダウンロード版は、2018年4月16日より予約開始。パッケージ版も順次予約開始予定となっている。

 最新情報盛りだくさんだったステージも、いよいよ終了の時間へ。最後には、出演者全員でお別れの挨拶。その中で青木Pは「発売後も、何年も遊べるタイトルにしていきます。全国大会も検討中です!」と意気込んでいた。さらに、「最後に新しい企画を進行中です。その映像もご覧ください!」と、謎のティザームービー(関東某所で撮影されたものらしいが……)を公開し、ステージは終了となった。

来場者たちには、本作のシールとクリアファイルがお土産として配られた。