発売記念! 『戦場のヴァルキュリア4』DLC総まとめ! イーディ役の鹿野優以さんも登場!!

2018年3月21日に発売されたアクティブ・シミュレーションRPG『戦場のヴァルキュリア4』。今回は、本作のダウンロードコンテンツ(以下、DLC)を特集。初回購入特典や限定版の特典DLCに加え、販売が予定されている4本の追加DLCの内用を紹介。初回購入特典のDLCをプレイした、イーディ役の鹿野優以さんの感想もあるぞ!!

鹿野優以さんもプレイした初回購入特典を始め、追加DLCで広がる『戦場のヴァルキュリア4』の世界

 2018年3月21日にセガゲームスより発売された、アクティブ・シミュレーションRPG『戦場のヴァルキュリア4』。本作では、初回版や限定版の特典DLCに加え、4つの追加DLCの販売が決定している。今回は、この6本のDLCの内容とクリアー特典を紹介する。限定版に関しては、予約した人でないと入手するのは難しいかもしれないが、初回版に関しては価格も通常版と変わらないうえ、発売日以降もしばらくは入手できるはず。本作の購入を考えている人は、できれば限定版を、限定版が無理なら初回版を手に入れて、特典DLCをプレイしてほしい! 
 なお、特別企画として、イーディ役の鹿野優以さんに初回特典のDLCを遊んでもらい、プレイした感想を聞いているので要チェックだ。さらに、週刊ファミ通2018年4月5日号(2018年3月22日発売)では、鹿野さんのインタビューを掲載している。こちらもしっかり押さえておこう! 
 
・初回購入特典DLC“先行特別作戦”

 E小隊による戦闘を行うミッション。クリアー後に、『戦場のヴァルキュリア』の人気キャラクター、イーディが隊に参加。それほど難しいミッションではなく、クリアー後にはイーディのほか、ゲーム序盤で役立つ武器も手に入るので、本編を少し進めた後にプレイするといい。なお、この初回購入特典は、限定版にも付いてくる。

▲E小隊で戦闘を行うミッション。イーディはクリアー後に入隊。基本装備はマグス M2だが、対甲が高いマジェックスも同時に手に入るので、こちらを持たせるのもアリ。

イーディ役の声優・鹿野優以さんが“先行特別作戦”をプレイした感想がこちら!
 新しく擲弾(てきだん)兵が加わったりして、(過去作よりも)難しくなったのかなと思っていました。ちょっとしたアクシデントはありましたけど(笑)、操作はしやすかったし、慣れてキャラクターの特性などが分かってくると、いろいろできそうだと思いました。それに、キャラクターの関係性が戦闘に影響するという、過去作からのおもしろい部分が継承されているのも、シリーズのファンとしてはうれしいですね。(鹿野優以)

▲シリーズでは『2』をやり込んだという鹿野さん。先行特別作戦も無事にクリアーし、自身が演じるイーディをE小隊に迎え入れた。

・限定版特典“第7小隊との共同戦線”

 限定版『戦場のヴァルキュリア4 10thアニバーサリー メモリアルパック』の特典として付いてくる追加DLC。ノーザンクロス作戦の難所を越えたクロードたちが、連邦の特命全権大使ジャン・タウンゼントの要請でガリアへと出向するというストーリーだ。E小隊とウェルキン率いる第7小隊が協力する共闘作戦が楽しめ、クリアーすると、主人公ウェルキンが操るエーデルワイス号に加えて、アリシア、イサラ、ラルゴ、ロージーが、E小隊に仲間として
加わり、本編のミッションでも使用可能になる。こちらもダウンロード後、ブックモードの追加断章の項目からいつでもプレイ可能。

▲E小隊と第7小隊が夢の共演。ちなみに、クリアー後にE小隊に加入する第7小隊のメンバーの衣装は第7小隊仕様のまま。これはイーディについても同様だ。

・一般配信DLC“E小隊、海へ!” 
2018年3月29日配信予定/1500円[税抜](1620円[税込])

 一般配信される追加DLCの第1弾は、シリーズ恒例の水着シナリオとなる。ジークヴァル会戦で辛くも勝利を収めた連邦軍が全軍の再編成を行う中、E小隊に帝国の最重要補給経路の制圧任務が下った。敵の輸送拠点へ侵攻したクロードたちは、そこに広がる帝国の青い海と白い砂浜に直面する、というストーリー。この追加DLCは、本編10章クリアー後からプレイでき、クリアー後はクロード、レイリィ、ラズ、カイ、ミネルバの水着衣装が利用可能に。

▲『戦場のヴァルキュリア』シリーズでは、お約束と言える水着シナリオ。クリアーすれば、水着で戦場を駆け回るという、ある意味高度なプレイ(!?)も可能だ。

・一般配信追加DLC“隊長不在のE小隊”
2018年4月5日配信予定/1000円[税抜](1080円[税込])

 一般配信される追加DLCの第2弾。偵察任務でクロードたちがいない中、衛生犬ラグナロックの不在に気づいた隊員たちが、ラグナロックの探索に向かうというストーリー。この追加DLCも本編10章クリアー後にプレイ可能になる。

▲衛生犬のラグナロックを探しに来たはずが……なぜか帝国の大軍と戦うハメに!?

・一般配信追加DLC“遊撃戦闘 HARD-EX”
2018年4月12日配信予定/1000円[税抜](1080円[税込])

 一般配信追加DLC第3弾。E小隊が、救援要請のあった6つの地点で救援に当たるというもの。6つのマップで、高難度の遊撃戦闘が楽しめる。本編18章クリアー後にプレイ可能だ。

▲敵の擲弾兵が大量に登場するものや、自軍が少数で周囲を敵に囲まれた状態から始まるものなど、かなり骨のあるマップが揃えられている。

・一般配信追加DLC“ふたりのヴァルキュリア”
2018年4月19日配信予定/1500円[税抜](1620円[税込])

 一般配信追加DLC第4弾。大戦開戦前の帝国のヴァルキュリアに関するストーリー。いっこうに成果を挙げられないクライマリアに対して行われる特殊能力調査試験の監査役として、帝国陸軍はセルベリア・ブレス中佐が派遣された。廃棄か実験継続かは、ヴァルキュリアどうしの対決に委ねられた――。本編18章クリアー後に楽しめる追加DLCで、これをクリアーすると、本編でクライマリア、二コラ、キアラ、セルベリアのユニットと水着衣装が利用可能になる。

▲『1』のヴァルキュリアであるセルベリアと、『4』のヴァルキュリアのクライマリアが直説対決!? 

・まとめ買いでお得な“シーズンパス”
2018年3月21日発売/4000円[税抜](4320円[税込])

 一般配信として販売される、上記追加DLC4種類をまとめて購入する“シーズンパス”が2018年3月21日から発売中。4種類を単品で購入するよりも割安だ。なお、シーズンパス自体は3月21日から購入できるが、各DLCをプレイできるのは、それぞれの配信開始日からになるので注意。



(c)SEGA