“モンハン酒場”オープンに先駆けてフード&店内を体験 辻本Pもまさかの姿で登場

2018年3月23日よりグランドオープンするコンセプト飲食店“モンハン酒場”。開店に先駆けたプレス内覧会に参加した。

 2018年3月23日よりグランドオープンする“Hunter's Bar モンハン酒場”。『モンスターハンター』シリーズでおなじみの集会酒場をモチーフにした飲食店で、コラボメニューやドリンクが提供される。

 その開店に先駆けたプレス内覧会が3月20日に開催された。イベントの模様も交えながら、メニューや店内を紹介していく。

 ネルギガンテ双剣“残滅の爪”を装備した辻本良三プロデューサーの登壇とともに内覧会はスタート。

 こちらの武器は実際に店内に飾ってあるもので、これ以外にも『モンハン』世界を再現するためのオブジェが多数展示されている。

クエストボードは、お客さんが交流するための掲示板的に使えるそう。

 続いて“モンハン酒場”店長とタレント・涼本奈緒がメニューを紹介。また、2人が着ている衣装はイベント用に用意されたものではなく、実際の店員に支給される制服なのだそう。アイルー料理長を模したニット帽と、受付嬢のコスチュームがどちらもかわいらしい。

 

 実際に試食会も開催されたが、さすがは『モンハン』ということで、インパクト大な肉料理がとくに目を惹く。

 予約が必要な看板メニュー“料理長自慢のローストチキン”を筆頭に、おなじみの“こんがり肉”“ラオシャンロン”(ステーキ)“イヤンクック”(からあげ)のような各種モンスター肉、“リュウノハラミ”のような食材系アイテムと、攻撃力がアップしそうな皿が盛りだくさん。

 なお、以下に掲載している写真の料理は試食用に作られたもので、実際の盛り付けとは異なることをご了承いただきたい。

『モンハン:ワールド』料理長の看板メニュー! ローストチキンは事前予約が必須となっている。

ラオシャンロンのステーキ。いろいろな部位が同時に味わえるのが楽しい。

イヤンクックのからあげ。初心者にお勧めしたい(?)間違いのないおいしさ。

火炎袋の入った火竜スープ。試食で提供されたものも辻本氏が悲鳴を上げる辛さだったが、上位ランクの“爆炎袋”入りバージョンもあるのだそう。

ほかにも、ネルギガンテの尻尾やローストビーフ丼など、肉フェス以上の充実っぷり。

 野菜やデザートももちろん充実。“フルフル”の皮を模した生春巻き“プケプケ”の毒液(ブルーベリーソース)漬けトライフルなど、世界観に浸れるユニークなものが揃っている。

フルフルと言われたらそうとしか思えない。ぶよぶよもちもち食感の生春巻き。

植生研究所栽培のバーニャカウダ。肥料が気になる新鮮なおいしさ。

“はじけくるみのトライフル プケプケの毒液漬け”。毒液ってクリームチーズに合うんですね。

 どれも頼んでみたい料理ばかりだが、ここで紹介した以外にもフード・ドリンクは90種類以上用意されており、全て堪能するには何度も足を運ぶ必要がありそうだ。

 そんなリピーターのためにポイントカードならぬギルドカード制度も用意されている。

 来店回数に応じて酒場ランクが上昇し、勲章や限定ノベルティを獲得できる。また、ここでしか買えないオリジナル木樽ジョッキを購入すれば、刻印入りマイジョッキで豪快にお酒を楽しめるようになる。

 また、店内にはプレイステーション4が4台設置されており、あらかじめ用意されたキャラクターを使って、お客さん同士でクエストに出かけることも可能。まさに集会所のような、一期一会の狩りが楽しめる。

 中には辻本氏が作成したキャラクターもいるそうで、「僕の代わりにみなさんで楽しく育てていただければ」とのこと。

 “Hunter's Bar モンハン酒場”は3月23日よりグランドオープン。なお、混雑を避けるために事前予約制となっている。

“Hunter's Bar モンハン酒場”公式サイト
所在地:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-3-16 パセラリゾーツ新宿本店1F
開店日: 2018年3月23日
営業時間:
■OPEN 【平日】17:00 【土・日・祝日】11:00
■CLOSE 【平日・祝日】23:00 【金・土・祝前日】28:00
チャージ: チャージ料金500円[税込] ※『モンハン酒場』オリジナルコースター付き

各席にコンセントが設置されているのもゲーマーにやさしい。



(C)CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.