超アニメエリアに『けものフレンズ』や『ポプテピピック』登場、超歌舞伎に鏡音リン出演など、最新情報満載! “ニコニコ超会議2018”発表会リポート

2018年3月13日、“ニコニコ超会議2018”の発表会が開催された。その模様をリポートする。

 2018年4月28日・29日に開催される、ニコニコ動画の最大イベント“ニコニコ超会議2018”。イベントの詳細を公開する発表会が、2018年3月13日に、東京都内の六本木ニコファーレにて開催された。その模様をリポートする。

 オープニングでステージに登場したのは、“ニコニコ超会議”発表会ではおなじみの、ドワンゴ取締役・夏野剛氏と、同じくドワンゴの伴龍一郎氏、奥井晶久氏。この3名が掛け合いながらスクリーンに流れる画像を説明する形で、さまざまなブース展開が紹介された。

MCを務めた、左から夏野氏、伴氏、奥井氏。

 冒頭ではまず、開催概要がおさらいされたほか、協賛企業の数々や、後援する省庁などがあらためて発表された。新規の協賛企業として紹介されたのは、大和証券、タウンワークなど。ここでは併せて、イベントのキービジュアルやキャッチコピーも公開された。

メイン協賛のNTTほか、多数の企業が協賛。

キャッチコピーは、“キミの日常は、誰かの特別。”だ。

各ブースの詳細がいよいよ明らかに!

 続いてはメインとなる、各ブース企画の発表コーナーに。以下はエリアごとにまとめて、その概要を紹介する。

超アニメエリア

 さまざまなアニメの世界観を再現し、作品にちなんだリアル体験を楽しめるエリア。今年は『干物妹!うまるちゃんR』、『けものフレンズ』、『ポプテピピック』の3作品の体験型ブースを実施。『干物妹!うまるちゃんR』では“グータラこたつむり競走”として、「うまるが家でかぶってるアレ」を着てこたつを背負い、グータラできる快適グッズを集めながら楽しめるレースを体験。『ポプテピピック』では、竹書房とキングレコードのビルを持ち帰り可能(?)。『けものフレンズ』では、坂を登りながら、制限時間内にセルリアンを潰していくアトラクションに参加できる。

うまるちゃんのかぶり物で紹介する伴氏。

こたつレースが楽しめる『干物妹!うまるちゃんR』ブース。

『けものフレンズ』はセルリアン退治がテーマ。

実際に使用されるセルリアンを手にする奥井氏。

原作のイメージに忠実なブース展開を予定する『ポプテピピック』。

超描いてみた

 らくがきボード“超あなろ~んぐ絵巻”設置に加え、創作作品ジャンルのひとつである“異世界転生”コーナーを展開。“転生おみくじ”で転生先占いを楽しめるほか、“異世界コミック超転生ガイド”も先着10000名に無料配布される。

今年は“異世界転生”が大きなテーマ。

超ニコラジ

 昨年フィナーレを迎えたラジオ番組“ニコラジ”が幕張メッセで復活。多彩なパーソナリティーがリレー形式で出演し、会場の熱い空気をネットに送る。

オーイシマサヨシなど、人気パーソナリティが出演。

自衛隊ブース

 民間初となる、ブルーインパルス(尾翼)の展示を実現。またヘリコプター搭載型護衛艦“いずも”の乗艦体験ツアーをVR化して提供。なお音楽面では、国内の自衛隊楽団のほか、在日米陸軍軍楽隊・ブラスバンド“アンクル・サムズ・オール・アメリカン・ブラス・バンド”と、米国空軍太平洋音楽隊・ロックバンド “パシフィック・トレンズ”の参加も決定している。

機体展示から生演奏まで、多彩な催しを企画。

超ゲームエリア

 メインステージでは“『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』ニコニコ超選手権2018【アーケード】”の開催が決定。またVtuber“電脳少女シロ”もステージ出演する予定だ。

最大64チームが参加する『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』大会。

バーチャルYouTuberの“電脳少女シロ”。

超コンパスステージ

 『#コンパス ~戦闘摂理解析システム~』の特別ステージ。さまざまなジャンルのゲストとチームを組んで対戦できる“#コンパス超合戦”のほか、歌い手・踊り手出演のライブステージ、当日募集で#コンパスのコスプレをした方がステージに上がれる“#コンパスコスプレクション”などを実施。

ゲーム大会に歌合戦、コスプレと、多彩なブース展開。

超踊ってみた

 レッスンの先生や振り付けの審査員のほか、“キズナアイ”の出演なども決定。イベント当日は、振付師16人やJALグループ社員、客室乗務員、来場者1000人といっしょにダンスもできる。また、ブース関連番組として“踊ってみたフェス2018”の振り付けを考える特番が3月23日(金)に放送されるので要チェックだ。

レッスンの先生や審査員が決定。

“キズナアイ”がどんな形で出演するのかも楽しみなところ。

超クリエイターズ・ラボ

 これから動画投稿を始めたい人へ、さまざまなレクチャーやトークをお届けするブース。JNCAステージでは、JASRACやNexTone、音楽教育を守る会など。音楽著作権団体が参加するステージプログラムを開催する。

充実の投稿者体験やトークステージが楽しめる。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

 ドイツで生まれ、世界41カ国以上で開催して800万人を超える人が体験している「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の体験コーナー。今回は超会議特別バージョン“ダイアログ・イン・ザ・ダーク【仮面舞踏会】”として実施される。

参加は事前の申し込み制なので注意が必要だ。

超音楽祭

 さらにパワーアップしたステージを目指すため、今年は“キズナアイ”や、お笑い界から“脳みそ夫”など、新しいジャンルのアーティストも初参戦。ラスボスこと小林幸子さんも昨年に引き続き登場し、多彩なアーティストがステージを盛り上げる。

今年も幅広いジャンルのアーティストが出演。

出演者の一部。RAB(リアルアキバボーイズ)

オーイシマサヨシ

小林幸子

脳みそ夫

陸上自衛隊中央音楽隊

超音楽祭に関わる、激レアな内容のバイトも募集される。

ホラーコンテンツ

 “怪談×RPGアツマール”というテーマで、『キミガシネ』と『神話警察24時』が、“渋谷怪談チャンネル”とコラボして実況ステージなどを提供。また『月刊ムー』と、『TOCANA』のコラボ・オカルト談義なども予定。

ホラー好きにはたまらない内容が目白押しだ。

超ホラーハウス

 恒例のお化け屋敷“殺戮の天使”がパワーアップ。エピソード4を題材として、イケメン俳優の前田剛史さんが“鎌ドン”!? 今回は有料のチケット制となる。

人気のお化け屋敷がさらにパワーアップして登場。

超歌ってみた/町会議

 特別協賛のスズキが、今年も“超歌ってみた”に協賛。ステージ上では、参加ユーザーがニコニコカーに乗って登場する演出でステージを盛り上げる。また、ブース横に設置される“ニコニコカーブースsupported by SUZUKI”では、“ニコニコ町会議全国ツアー2017”で全国をまわったニコニコカーを体験可能。さらに、今年も開催決定した“ニコニコカー町会議全国ツアー2018”では、スズキがメインスポンサーとなり、クロスビー・スペーシアカスタム・スイフトスポーツが新たなニコニコカーとして加わり、全国の開催地を駆け巡る。

ブースではいろいろなニコニコカーを体験できる。

昨年の超歌ってみたブースの模様。

町会議の会場数は、昨年の約2倍を予定。

年表ナゾトキゲーム

 ニコニコと“よだかのレコード”がコラボし、謎解きゲームを展開。リアル脱出ゲーム“ニコニコ超刑務所からの脱出”も同時に実施し、ユーザーに楽しいナゾトキワールドを提供する。

イベント会場で7つの謎に挑戦。リアル脱出ゲームも楽しめる。

囲碁・将棋

 4月28日に同日開催される叡王戦決勝七番勝負・第2局の大盤解説会を開催。また2日目4月29日には、加藤一二三九段と趙治勲名誉名人が共演してトーク。そのほか、人気プロ棋士から将棋を学べる“指導将棋”も両日開催する。

ブースには人気の“ひふみん”も登場予定。

超歌舞伎第3弾の全貌を初公開!

 主要なブース展開がひととおり発表されたあとは、イベントの目玉企画ともいえる、“超歌舞伎”の内容が初公開された。第3弾となる今回の演目は、顔見世舞踊の大作『積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)』に着想を得た『積思花顔競(つもるおもいはなのかおみせ)-祝春超歌舞伎賑(またくるはるちょうかぶきのにぎわい)』。平安時代を舞台に、中村獅童が初の悪人役となる惟喬親王と、これに敵対する良岑安貞の2役を演じ、また初音ミクも同様に、安貞の許嫁である小野初音姫(ひめ)と、白鷺の精霊の2役を演じ分ける。ほかには中村蝶紫、澤村國矢に加え、ボーカロイドキャラクターである“鏡音リン”が出演。同キャラクターが歌う楽曲『天樂(てんがく)』が今作の劇中曲に決定したことも発表された。

今回の超歌舞伎のメインビジュアル。

昨年の公演の様子。

おなじみの主役ふたりに加え、“鏡音リン”も出演決定。

 ステージには総合プロデューサーである横澤大輔氏が登場し、まずは概要や見どころを簡単に紹介。続いて企画を担当した松竹を代表して野間氏と、技術協力したNTTを代表して窪薗氏が登壇した。
 野間氏は「超歌舞伎は、歌舞伎の新しいジャンルとして注目されております。今回も、松竹のプライドにかけて、ドワンゴさんやNTTさんとともにお届けしますので、ぜひご期待ください!」と意気込みをコメント。
 また窪薗氏は、映像を交えてNTTの技術面を紹介。演者を切り取る“Kirari”がさらに進化した点や、山車にミクが乗って移動する演出の実現、掛け声の魅力を体験できる“歌舞伎シャウト”の展示など、最新テクノロジーがアピールされた。

ドワンゴ・横澤氏

松竹・野間氏

NTT・窪薗氏。

NTTの技術をアピールするプロモーションビデオ。

テクノロジーの詳細が、画像とともに窪薗氏より説明された。

 続いては、主役の中村獅童さんとともに、初音ミクさんがバーチャル映像で登場。ミクさんは「みなさん、ぜひ会場でお会いしましょう!」と呼びかけ、中村さんは「ぜひ幕張で、超歌舞伎を体感してもらえればうれしいです。我々も全身全霊、体当たりで魂を込めて演じさせていただきますので、よろしくお願いします!」と思いを語った。

病気を克服して見事に復活した中村獅童さん。

ミクさんはステージ中央にバーチャル映像で登場。

 最後にはトピックスとして、昨年上演した『花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)』のプレイステーション VR用アプリタイトル『超歌舞伎VR』が、4月に無料配信されることや、ブルーレイの発売が4月28日に決定したことも報告され、会場からは大きな歓声が上がった。

昨年の演目をモチーフとしたコンテンツも発表された。

フードコートや物販も見逃せない!

 続いては、追加出演者など、その他の最新情報のお知らせコーナー。追加出演者では、超配信者ステージの新規決定メンバーや、超ボーカロイドエリアの出演者を発表。また“バーチャルのじゃロリ狐娘 youtuberおじさん”の出演決定もサプライズ発表されたが、出演ブース等は明らかにされなかった。

各コーナーの新規出演者が続々決定。

出演が発表された、“バーチャルのじゃロリ狐娘 youtuberおじさん”。

 超フードコートでは、ユーザーからの意見をもとにしたカレーやお弁当が販売されるほか、“あたまのわるいひと”のあんまんをコラボ限定描き下ろしステッカーつきで販売。さらに限定コラボドリンクとして、初音ミク、鏡音リン・レンver.の楽曲ドリンクや、#コンパスヒーロードリンクも販売される予定となっている。

イベントならではの限定メニューが多数登場。

キャラクターとコラボしたドリンクも注目だ。

 物販コーナーでの販売グッズも披露され、ブースコラボ第1弾として初音ミクと鏡音リン・レンのTシャツとタオルが販売されることや、クリエイターとのコラボグッズの進行状況なども発表された。

実際に着ている形で紹介したMCの面々。

ブースやクリエイターとのコラボグッズも実現。

決定しているグッズの数々。

 トイレでは、「超会議ニオわせないZ!」と題し、今年も会場内の全トイレで“ビオレ/メンズビオレ 薬用 デオドラントZ”のサンプルを来場者に配布。昨年の好評を受け、昨年よりさらに数量を増やして“ニオイ支援”するとのことだ。

昨年を上回る量が用意される予定だ。

各種チケットが好評発売中!

 発表会の締めは、気になるチケット情報。まずは優先入場券が完売したというニュースが発表され、続いて通常入場券や、超歌舞伎などブースごとの販売状況などが説明された。なお入場券は、買う場所によっては購入特典がつく。ここでは特典として『#コンパス』ステッカー、“超会議2”ステッカー、『ポプテピピック』ステッカーが紹介された。

チケットの種類によっては、完売したものもある。

どうせ買うなら、特典つきがおトクだ。

 また最後には、ユーザー参加型の募集企画が告知された。ピックアップされたのは、超料理、超学会コレクション、超テクノ法要で、いずれも絶賛参加者募集中。またイベント会場には巨大年表が設置され、来場者が自由にニュースを書き込むことが可能だという。

多くのユーザーの参加がイベントを盛り上げる。

当日に設置される年表には、個人的ニュースを書き込んでも可。

 2時間に渡った発表会はこれにて終了。来場者へのおみやげが紹介されて、幕となった。なお次回の追加情報の発表会は、4月13日に予定されている。ラストの発表会でさらなるサプライズがあるか、ファンは要チェックだ。

発表会のおみやげは、ポスター2種類と、特製オペラグラスだった。

【ニコニコ超会議2018 開催概要】
開催日時:2018年4月28日(土)10:00~18:00、29日(日)10:00~17:00
主催:ニコニコ超会議実行委員会
会場:幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール
入場券:
一般入場券…【前売券】1500円  【当日券】2000円  【2日通し券】2500円
優先入場券…【1日券】1600円  【2日通し券】2700円
団体入場券…【1日券】1500円 /人
超歌舞伎指定席付入場券…4000円 ※各日1部13:00~ / 2部16:00~

※“ニコニコ超会議2018”公式サイト
※超歌舞伎特設サイト
※“ニコニコ超会議2018”twitter公式アカウント