『ボーダーブレイク』アーケードを代表するロボットアクションがついにPS4に参戦! βテストインプレッション

『ボーダーブレイク』PS4版のオープンβテストがスタートした。ここではそのインプレッションをお届け。

 2018年2月3日、セガのハイスピードロボットチームバトル、『ボーダーブレイク』PS4版のオープンβテストがスタートした。ここではそのインプレッションをお届けする。
※テスト実施日程は2月3日(土)、4日(日)、17日(土)、18日(日)の4日間。時間は15:00~21:00の各日6時間限定。

『ボーダーブレイク』PS4版オープンβテスト用ソフトが配信開始、テストは2月3日より実施

セガ・インタラクティブは、2018年リリース予定のプレイステーション4用ソフト『ボーダーブレイク』について、本日2018年2月1日よりオープンβテスト用ソフトの配信を開始した。

『ボーダーブレイク』はアーケードでは稼動から8年を迎えた長寿タイトル。カスタマイズ可能な人型兵器、”ブラスト・ランナー”で戦場に出撃し、最大10対10での対戦が楽しめる。

『ボーダーブレイク』の魅力をひと通り体験できるボリューム

 今回のβテストでは、ストーリーモードの導入でもあるチュートリアルをプレイしたのち、5人のプレイヤーでCPUの部隊と戦うビギナーマッチ、10対10のチーム戦に参加するカジュアルマッチのふたつのモードで遊ぶことができた。また、ブラスト・ランナーのパーツや武装、メモリなども複数用意されており、機体のカスタマイズも可能。試合中に機体のタイプを換装する『ボーダーブレイク』ならではのシステムも利用でき、βテスト版ながらゲームの基本的なポイントはひと通り体験できる内容となっている。

PS4版独自のストーリーモードに登場するキャラクターたちの顔見せと、ブラスト・ランナーの基本操作が学べるチュートリアル。

プレイヤーの分身となるアバターは、βテストながら複数のタイプから選択できた。

アーケード版のパーツ数に比べれば当然物足りないが、重量バランス、装甲、弾丸発射時の反動、武器の切り換え速度……といった要素を考えつつの機体カスタマイズが可能。

主武器、副武器、補助装備なども、4つの兵装タイプ(強襲、重火力、遊撃、補助)ごとに使用感の異なるものが用意されている。

操作の敷居は低め、”カジュアルマッチ”は歯ごたえバツグン

 気になるプレイ感覚だが、アーケード版は専用デバイス、PS4版はコントローラ(もしくはマウス)という大きな違いがあるため、『ボーダーブレイク』に慣れ親しんだ人ほど最初は違和感を覚えるかも。しかしブラスト・ランナーの挙動そのものはアーケード版『ボーダーブレイク』と、まったくといっていいほど同じ。コントローラでの操作でも、数回プレイしてしまえば、メカ系のTPSならではのブーストによる高速移動、移動中でも強めの誘導で敵を捉えてくれる近距離ロックオンの性能のおかげで、シリーズ最大の魅力として掲げられている、”ハイスピード”なロボットバトルを堪能することができた。

CPU相手のビギナーマッチは不用意に前に出て複数の機体に囲まれない限り、気持ちよく敵機を撃墜し、コアまでたどり着くことができる。

 ただ機体を操作する難度自体は高くない『ボーダーブレイク』だが、「チーム戦で活躍したうえで試合にも勝ちたい!」という欲求を、対人戦のカジュアルマッチで満たせるかどうかは、アーケード版のプレイ経験や、TPSやFPSでどれだけこの手の対戦ゲームに慣れ親しんできたかに左右される可能性が非常に高い。現在もアーケード版をプレイしているであろう歴戦のプレイヤーに、自分のような『ボーダーブレイク』はちょっとご無沙汰なプレイヤーや初心者が1対1で遭遇すると、ロボットアニメのエースパイロットに処理されるモブキャラのように瞬殺されてしまうケースがほとんど。βテストでシリーズ未経験者が撃破数を稼いでチームに貢献するのは、かなり難しいミッションと思われる。

 そのためこれからβテストをプレイしようと思っている人は、ブラスト・ランナーどうしでの直接戦闘、"ロボットバトル"を楽しみたい時はビギナーマッチを、10対10の多人数対戦ならではの”チームバトル”の妙を楽しみたい際はカジュアルマッチを選ぶ……という気持ちで遊ぶと、『ボーダーブレイク』が持つ魅力を感じ取りやすいはずだ。幸い本作では索敵兵器で敵機を発見、支援兵装で味方を修復、コアを敵プレイヤーから防衛(自陣に向かってくる敵機を迎撃するのは通常の戦闘よりは難しくない)するといった行為もポイントで評価される。敵のブラスト・ランナーを倒せず撃破数を稼げなくても”試合に参加している感”は十分に味わえるはずだ。

 なおオープンβテストは、今後は2018年2月4日に加えて2月17日、18日にも予定されており、さらにPlaystation Plusに未加入でも参加できる。ロボットゲームが好きな人、歯ごたえのある対人戦に興味のある人はぜひこの機会に『ボーダーブレイク』をプレイしてみてほしい。

シリーズ未経験者がカジュアルマッチに参加する際にオススメしたいのが支援兵装。味方はもちろん、自身の機体も修復できるため生存力が高い。

直接戦闘に参加しなくても、警備が薄いコアへのルートを索敵し、敵機が現れたら進軍を遅らせるといった立ち回りも立派な戦術。

戦況によって兵装を変えるのも有効。自軍が有利になったら機動力のある強襲兵装でコアへの突撃を狙い……。

防衛する側に回った際は重火力兵装を選び、プラントやコアから敵機を追い払う動きに切り換えるといい結果につながりやすい(ように感じた)。