スクウェア・エニックスとアクワイアが手掛ける新作RPG『project OCTOPATH TRAVELER(プロジェクト オクトパストラベラー)』。週刊ファミ通2018年2月15日号(2018年2月1日発売)では、体験版を遊んだユーザーからの意見を受け、どのような改善が行われているのかをまとめつつ、本作初となる開発者インタビューを掲載している。

 スクウェア・エニックスとアクワイアが手掛ける新作RPG『project OCTOPATH TRAVELER(プロジェクト オクトパストラベラー)』。2017年9月14日に、Nintendo Directで待望の続報が公開されると同時に、体験版の配信が突然スタートし、大きな話題を呼んだ。その体験版へのアンケート回答は45500通を越え、本日(2018年1月30日)、アンケートに対するフィードバック動画が公開されている。

 週刊ファミ通2018年2月15日号(2018年2月1日発売)では、体験版を遊んだユーザーのアンケートを受け、どのような改善が行われているのかをまとめつつ、本作初となる開発者インタビューを掲載。プロデューサーを務めるスクウェア・エニックスの高橋真志氏、ディレクターを務めるアクワイアの宮内継介氏に、本作の開発の経緯からアンケートのフィードバックまで、さまざまなお話をうかがった。

 詳細は、週刊ファミ通2018年2月15日号(2018年2月1日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle