“次世代ワールドホビーフェア '18 Winter”東京大会の模様をリポート、人気キャラクターが集結

2018年1月27日、28日に、“次世代ワールドホビーフェア '18 Winter 東京大会”が開催。そのイベントの模様をお届けしよう。

主要メーカーブースをフォトレポート!

 名古屋・東京・福岡・大阪の全国4会場で行われる日本最大級のゲーム&ホビーの祭典“次世代ワールドホビーフェア '18 Winter”。2018年1月27日、28日に、その東京大会が、千葉県の幕張メッセにて開催された。ここでは、初日となる27日のイベントの様子を、ゲーム関連のメーカーブースを中心に、ブース概要紹介&フォトレポートの形でお届けしよう。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント

 スマートフォンアプリ『パズドラレーダー』を使用した対戦大会“次世代バトルカップ”を開催。チャレンジコーナーでは、さまざまな課題ごとにクリアーの賞品を変える趣向を凝らしていた。ブース内でひときわ目を引いたのは巨大なガチャドラで、胸のホールにボールを投げ入れてガチャを引くことでグッズがもらえる、楽しいアトラクションを実施。

クリアー設定に合わせてそれぞれの舞台を設置。

子どもどうしとは思えないハイレベルのバトルが展開された大会。

アトラクションの立役者となった巨大ガチャドラ。

KONAMI

 『実況パワフルプロ野球』シリーズ最新作では、“パワプロヒーロー体験”と題して、ピッチングチャレンジ、バッティングチャレンジ、そしてヒーローインタビューという3つの体験プレイを実施。また、『スーパーボンバーマン R』では、通常の体験コーナーに加え、YouTuberや芸人といっしょに対戦を楽しむコーナーも展開されていた。

実際に体を使って投げ、ゲームでバッティング。

ステージにはパワプロくんとマーくんも登場。参加者は記念フォトを撮ることもできた。

YouTuberともいっしょに遊べた『スーパーボンバーマン R』コーナー。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 エキシビションステージでは、話題の新作『モンスターハンター:ワールド』が登場。また『グランツーリスモSPORT』と『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』では、試遊コーナーとともに実況配信体験ブースを設けたほか、予選を行って王者を決める大会も開催。ブースステージで、コロコロとのコラボで新キャラクター“ゴンじろー”が披露される一幕もあった。

『モンスターハンター:ワールド』が遊べたエキシビションステージ。

『グランツーリスモSPORT』と『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』も大々的にフューチャー。

ステージイベントでは“ゴンじろー”が登場。

タカラトミー

 『デュエル・マスターズ』では、イベントステージとともに対戦コーナーを展開。また『ベイブレード』では無限ベイスタジアムに挑戦するコーナーのほか、“G-1バーストカップ”も実施され、いずれも大盛況だった。ほかにも、トレジャラルーレットで景品が当たる『スナックワールド』コーナー、新遊具“ポケデルゼ”が体験できるポケモントイコーナー、フォトスポットが充実していた『新幹線変形ロボ シンカリオン』コーナーなど、盛りだくさんの内容だった。

対戦コーナーが盛況だった『デュエル・マスターズ』。

相変わらず『ベイブレード』は大人気。

『ベイブレード』のみならず、ほかにも注目アイテムがたっぷり。

タカラトミーアーツ

 限定フレンドカードが入手できる『ジャラステ』チャレンジと、『ポケモンガオーレ』チャレンジを開催。『ポケモンガオーレ』チャレンジに参加すると、Zワザを使うソルガレオかルナアーラのトロフィーガオーレディスクがプレゼントされた。

『ジャラステ』と『ポケモンガオーレ』を体験プレイ。

任天堂

 小学生限定の『スプラトゥーン2』大会となる、“コロコロカップ争奪 スプラトゥーン2 最強小学生軍団決定トーナメント”を開催。ちなみにこの東京大会を含む各地の優勝チームは大阪大会に集結し、日本一が決定される予定になっている。そして注目は、世界最速の試遊となる『星のカービィ スターアライズ』体験コーナー。通常の体験プレイのほか、タイムアタックなども実施され、長い行列ができていた。

『スプラトゥーン2』では大会のほか、初心者講座も行われていた。

体験コーナーにタイムアタックと、大いに盛り上がった『星のカービィ スターアライズ』コーナー。

カービィと写真が撮れるフォトコーナーも大人気だった。