『黒い砂漠』女性格闘家“ミスティック”もサプライズ発表! 巨大ボス“ベル”先行体験イベントリポート

2017年11月23日、PC向けMMORPG『黒い砂漠』の新規ボス“ベル”先行体験会が東京・秋葉原で開催。会場でサプライズ発表された新クラス、ミスティックの概要と合わせてこの日の模様をお伝えしよう。

 PC用オンラインRPG『黒い砂漠』のサービスを展開するゲームオンは、新規ボス“ベル”を2017年11月29日に実装する。

 11月23日には、ベルとの戦いをひと足先に体験できるイベントを東京・秋葉原のe-sports SQUARE AKIHABARAにて開催。抽選で選ばれた幸運なプレイヤーは、“巨大海洋ボス”と銘打たれた強敵とのバトルを心行くまで堪能した。

『黒い砂漠』公式動画 -巨大海洋ボス「ベル」-

 今回のイベントは朝、昼、夕方の3回に分けて実施され、本稿では昼の部の模様をお伝えする。

 当日のバトルは、イベント向けに特別に構築された環境下で行われた。このため、2017年11月23日にリリースされるバージョンとは内容が異なる場合があるので、あらかじめご了承願いたい。

バトルの参加人数は合計40人(取材陣を除く)。来場者はPCが置かれた座席に陣取り、ベルとの決戦のときを待った。

イベントのMCはナレーターの佐藤仁美氏(中央)が担当。日本運営プロデューサーの麥谷将人氏(左)とGMのくまき氏(右)が解説役を務めた。

最大の報酬は幻の逸品“ベルの心臓”!

 先行体験会の開始に先立ち、今回新たにお目見えするボスの概要を麥谷氏が発表。バトルが展開されるエリアの特徴から、ベルの戦闘スタイルまで、“巨大海洋ボス”にまつわる情報が多数公開されたのだ。

【バトルの概要】

 ベルは、レマ島の北方海域(オープンフィールド)に姿を現す水棲型のボス。戦闘を開始してから1時間以内に討伐できないと消滅してしまうため、短期での決着を目指す必要がある。

クジラとクラゲを足したような見た目だ。

ベルが出現する30分前に、ゲーム内で告知が行われる。

レマ島と出現場所の位置関係は、このような感じ。

【ベルの攻撃】

 前方への強烈なブレス攻撃のほか、巨体を海に打ち付けて津波も発生させてくる。加えて、ベルの周囲には結界が張られており、ここへプレイヤーが侵入すると大ダメージを受けてしまう。通常の武器やスキルによる攻撃は一切通用しないので、船に搭載された大砲で遠距離からダメージを与えていくしかない。

ブレスやジャンプのほか、ベルは雷による攻撃も得意。

同じ船に乗り込んだプレイヤー間の役割分担が勝敗を左右する。

【討伐成功時の報酬】

 ベルを討伐できると、以下の報酬が手に入る可能性がある。ただしこれらを獲得するためには、敵にダメージを与えるなどの一定以上の“貢献”が必要になってくるのだ。バトル中に何も行動しなかった場合は、戦利品を取得する機会が発生しないので覚えておこう。

報酬は、希少価値の高いアイテムばかり。

大当たりはベルの心臓。かなりのレアもののようで、麥谷氏によれば「あまり出ないと思います」とのこと。また同氏は「凝縮されたベルの魔力と錬金石の欠片を簡易錬金することでも、ベルの心臓が獲得できます」と話していた。

イベント参加者とともにベルに挑戦!

 麥谷氏の解説をひと通り聞き終えた後、記者を含む参加メンバーは数隻の船に分乗。意気揚々と港を出港し、ベルが待つ大洋の心臓へと船を進めた。

取材陣のために用意されたキャラクターがこちら。かわいい!

ご存知の通り『黒い砂漠』では、航行中の船が波の動きに合わせて前後左右に傾く。現実世界で船が苦手な筆者が大海原を眺めていると、どことなく気分が悪くなってきた。この症状はいわゆる3D酔い……ではなく、映像表現がリアルだからこそ生じた船酔いだったのかも!?

 冒頭で少し触れたが、ベルとのバトルでは船の操作、大砲による射撃、船の修理といった役割分担が重要になってくる。今回、これらの中で筆者が任された役目は砲手。実戦で狙いを外さぬよう、移動中の時間を利用して大砲の操作を試してみることに。

大砲の近くでRキーを押すと、この画面に移行。射出する砲弾の角度や向きが選べるようになる。弾道を示すガイドも表示されるので、これを参考にすれば確実に狙いを定められる。

砲弾を射出した後、10秒ほどクールタイムが発生する。再射撃が可能になるまでの大まかな時間は、画面内の大砲ゲージで確認できる。

 大洋の心臓に到着すると、切り立った岩山が海中からつぎつぎと出現し、円形のエリアを形成。その中央部にベルが急浮上し、侵入者たちを威嚇してきた! 画面には表示されないが、円形エリアの周辺には結界が張られており、近づくと大ダメージを受けてしまう。これを避けるために、遠くからベルに砲撃を加えることになるのだ。

轟音とともに岩山が隆起。あっけに取られながらその様子を眺めていると、ベルが悠然と姿を現す。

 いよいよ戦いの火ぶたが切って落とされたのだが、ベルが海中に潜んでいるあいだは攻撃が届かない。ボスが海上へ浮上したタイミングを見計らって、大砲の引き金を引く必要がある。

 幸運にも、筆者が放った最初の砲弾が命中したが、HPがほんのわずかに削れただけ。恐るべきタフさに驚く間もなく、ベルによる反撃が激しく船体を揺さぶった。大量の水を吐き出したり、あるいは巨体を海面に打ち付けて大波を起こしたりと、容赦なく攻め立ててきたのだ。

津波を発生させる際に、ベルは跳躍する。この一瞬が砲撃のチャンスだ。

ボスが吐き出す水の勢いはまさに強烈。大砲や舵輪に掴まっていないと、大ダメージを受けてしまう。

イルカのような見た目のロブタスは火縄銃で退治できる。彼らを討伐する担当者も事前に決めておくべきだろう。

 敵のブレス攻撃を受けたり、あるいは船そのものが破壊されて海に投げ出されたりしたことで、何度も死亡を経験した。そのたびに、特別に用意された蘇生アイテムで復活を遂げて戦線を維持し続けた結果、どうにかベルを打倒! 切り立った岩山は消え、ボスの表皮のような物体が海面に浮き上がってきた。

ここに近づいてRボタンを押すと報酬を獲得できた。

虹サンゴ礁リングの性能がこちら(入手できなかったので、イベント後に麥谷氏にお願いして見せてもらった)。

 今回はスタッフ側の配慮により辛うじて勝利できたものの、ベルを確実に倒すには、もっと大勢のメンバーが必要になる。少なくとも、100名を超えるプレイヤーの参加が求められるだろう。

 とは言うものの、必要な人数さえ集まってしまえば、何とかなりそうな気もした。役割を明確に分けてしまえば立ち回り自体はシンプルだし、ひとりのプレイヤーがミスをしても、それが戦況全体を左右するようなこともない。回復アイテムや補修材の用意など、しっかりと事前準備を行っていれば、シビアな状況に陥る前に勝利できると思われる。

ベルは2017年12月3日に初出現する!

 先ほども述べた通り、当日は同じ内容のイベントが合計3回実施された。夕方に行われた3回目の開催に限り、キャンペーンの告知や今後のアップデートの発表が行われたのだ。その模様をあらためて振り返っていこう。

今回の巨大ボスは、2017年11月29日に公開される。

実装されたベルが初めて姿を現すタイミングは、2017年12月3日。麥谷氏は「出現(頻度)は、週に一度くらいになるのでは」と話していた。

航海経験値スクロールがお値打ち価格で販売中。

パトリジオのナイトセールは、2017年12月6日まで開催。

さまざまな特別効果が得られる、[DX]プレミアムパッケージが期間限定で売り出し中。

冬ならではの家具やアバターも再登場。

べリア村で発生する連続クエストを最後まで完遂すると、古いバルタリ帆船がもらえる。この特別な依頼は、2017年11月29日まで受注可能だ。

 お知らせコーナーは以上で終了。続いて、プレイヤーへのスペシャルプレゼントの数々が発表されていった。いずれも受け取りまでの期限が設定されているので、下記のシリアルコードをいますぐ登録してアイテムをゲットだ。

ガレー船やエフェリア帆船といった船舶の耐久度を回復できるアイテムを贈呈。

強大なベルとの戦いに備えて、[EV]最大HP増加スクロールもプレゼント。

中身が柔らかいオムレツ、ミルクティー、ハムサンドイッチの3種の食事をワンセットで贈呈。

 すべての告知を済ませて、イベントはエンディングを迎えるのかと思いきや……つぎに追加される新クラスのミスティックがサプライズ発表された!

 麥谷氏は「この日(2017年12月13日)に公開できるよう努力しているところです。年内には必ず入れますので、あくまでも“13日予定”ということでお願いします。続報をお待ちください」と述べていたぞ。

イベント終了後に麥谷氏に直撃したところ、「女性格闘家と表現していただいて大丈夫です」とだけ語ってくれた。続報が待ち遠しい。

 この日の体験イベントの模様は以上の通り。個人的な感想で恐縮だが、広大なオープンフィールドで展開されるベルとの大規模戦は、筆者が忘れかけていた何かを思い出させてくれた。短時間でエキサイトメントが得られる作りのMMORPGをメインに担当してきたせいか、大勢の仲間と長い時間を掛けてボスを倒すことに、いささか面倒くささを感じるようになっていたのだ。

 たしかに、20~30分程度でクリアーできるインスタンスダンジョンをサクサク遊ぶのは楽しい。おそらく、最新の人気作(またはスマホゲーム)をメインでプレイしている方たちの多くもそう思っているだろう。だが、準備も含めた長期間を費やしたからこそ得られる喜びや、大人数だからこそ味わえる“カオス”な興奮も、MMORPGならではの魅力。とかく忘れがちだが、時間当たりの成果を追求することだけが楽しみではないのだ。

 今回のボスとの戦いは、この点をあらためて思い出させてくれた。ベルが実装されたら、みんなでワイワイ騒ぎながら、勝敗を意識的に度外視して、討伐に向けた下調べや用意を進めてみようと思う。



(C)Pearl Abyss Corp. All Rights Reserved. (C)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.