『リネージュ2』最新情報と最強ボスへの挑戦、セクシーコスプレに熱狂!? アップデート記念イベントをリポート

2017年10月21日、『リネージュ2』のオフラインイベントが開催された。その様子をリポートしよう。

 エヌ・シー・ジャパンが運営するPC用MMORPG『リネージュ2』。そのオフラインイベント“アップデート記念 オフラインイベント In Ginza”が、2017年10月21日に、都内のマンガネット・ダーツ館 銀座店で開催された。最新アップデート情報も飛び出したイベントの様子をリポートしよう。

 オープニングで登場したのは、MCを務める声優の尾高もえみさんと、新井友和プロデューサー、そしてコスプレイヤーの礼奈るみさん。まずは新井氏より、実施されたばかりのアップデートの報告を兼ねて、イベントのあいさつがなされた。

ステージに登場した3人の出演者たち。

尾高さんは、『リネージュ2』イベントではおなじみ。

『リネージュ2』の統括プロデューサーである新井氏。

礼奈さんは、ナイトメアローブのセクシーな衣装で登場。

 引き続いて紹介されたのはユーザーゲストのおふたり。ドビアンヌサーバーのモモコさんと、ルナサーバーのアジンガーさんが登場し、簡単に自己紹介。モモコさんは通称“モモっち”としてプレイ、またアジンガーさんの名前の由来は、アジング(ルアーでのアジ釣り)であることなどが語られた。

プレイヤーを代表して、モモコさん(左)とアジンガーさん(右)がイベントゲストとして参加。

 出演者やゲストがひと通り紹介された後は、ステージのスクリーンで、イベントの式次第や来場者特典が発表された。もらえるアイテムは、ライブサービスとクラシックサービスで一部内容が異なる仕様。たとえば、ライブなら“キャット・ザ・キャット 衣装加工石”で、クラシックなら“レッドマスケティア 衣装1個”といった具合だ。

 また、会場限定となるガチャの景品もライブとクラシックでは変化。いずれのサービスでも、初心者や長期休んでいたプレイヤー向けの特典も用意されるなど、細かい配慮が行き届いていた。

プレイしているサービスに合わせて特典を選択。

ガチャの景品もサービスごとに違うアイテムを用意。

初心者や長期離脱組へのフォローも忘れない。

エティスバンエティナには勝てるのか?

 最初のコーナーは来場者参加アトラクション“決戦:エティスバンエティナ”。これはイベント来場者20名、事前にエントリーしたオンラインユーザー100名の、合計120名でエティスバンエティナを討伐しようというチャレンジだ。

 討伐集団全体を率いるリーダーは、プレイヤー代表のモモコさん。そのモモコさんがいるチームAにはパーティーで6名が参加。また、チームB、チームCとも、リーダー+6人という編成で14名が参加。

 イベント参加組はモモコさん以下20名でマシンセッティングしつつ、オンラインユーザーの準備を待つ。そしてイベント会場とオンラインユーザーの用意がともに整ったところで、討伐イベントがスタートとなった。

討伐ターゲットはエティスバンエティナ。かなりの強敵だ。

腕に覚えのある多くのプレイヤーが集結した。

決戦事前に報酬も発表。俄然やる気もアップする。

 ちなみに、討伐に向けて新井氏がアドバイスした作戦は、最強ボスだけに“いのちだいじに”。ここでは実際にプレイする人以外の方も退屈しないようにと、ハロウィン向けの会場限定アプリが提供され、条件をクリアーした人にはガチャチケットがプレゼントされるという趣向もなされた。

某RPGではおなじみの作戦。初めは笑っていた参加プレイヤーも、のちにその意味を実感することとなる。

会場限定でのアプリも提供された。

会場でボス討伐にチャレンジする来場者たち。

 ゲートをくぐって、討伐チーム一同は、エティスバンエティナの本拠地に到着。大勢で一気に攻め込み、ボスをガンガン殴るものの、そこにボスの部下軍勢が加勢で登場すると、戦況は一変する。

 この部下軍勢がとにかく強く、魔法攻撃の範囲も広く、しかも倒しても2分ごとにわいてくる仕様。プレイ後半は、この部下を始末する側と、ボスを攻撃する側に役割分担をして対応していたようだが、それでも苦戦はまのがれず、けっきょくボスの討伐に失敗するという結果でアトラクションは終了となった。

強大な敵、エティスバンエティナに挑む。

ボスを守る部下の攻撃が強力すぎて討伐はならなかった。

討伐には失敗したが、新井プロデューサーの決断で成功と同様の報酬がプレゼントされた。

注目のアップデート情報も公開!

 アトラクションで来場者が盛り上がった後はカンファレンスタイムに突入。先日にアップデートされたばかりだが、ここでは早くも次期アップデート内容が初公開された。注目の次期アップデートの概要は以下のとおりとなる。

ライブ、クラシックともに、これまでのアップデートの流れもおさらいとしてひと通り紹介された。

 ライブサービスのひとつ目のトピックは、“リオナ エピソードクエスト”の実装。これはセブンサイン エピソードの終焉という位置づけで、すべてクリアーすると、ある装備を強化する特殊アイテムが入手できる。ふたつ目は新規狩場として登場する“アスタチン精製所”、3つ目は“ヘリオス インスタントダンジョン”だ。いずれも詳細は、素材画面をチェックしてほしい。

新狩場やクエストなど、盛りだくさんの内容となっている。

 いっぽうのクラシックサービスでは、公開されたトピックは2点となる。ひとつは属性システムについてで、火・水・風・大地の精霊が登場することが決定。もうひとつは“King of the Spirit”と銘打たれた、四大精霊王のインスタントダンジョンで、こちらは76レベル以上、3パーティー以上の連合で入場可能になる予定だという。

ライブサービスに劣らぬ進化が期待できそうだ。

 なお、アップデート情報の紹介では、ライブサービス・クラシックサービスともに、最後に意味深なカットが写された。

 「ライブのラストカットでは……、海がありますよね。今後の『リネージュ2』がどうなっていくんだろう? と照らし合わせたとき、おのずと出てくる答えがあるかと思います。“海”は大きなキーワードです。またクラシックでは、とくに意味はないのですが、アンタラスに関してはなにかあるかもしれませんね」(新井氏)。

両サービスとも、意味深なカットで紹介が終了。

人気グッズの数々がファンの手に!

 盛り上がったイベントも、そろそろフィナーレに突入。締めくくりのサプライズコーナーとして、プレゼント争奪のじゃんけん大会が行われた。賞品は各種ノベルティグッズのほか、フィギュアやウェブマネーなど。そして特賞として1万円相当の金プレートカードが提供されることも発表され、じゃんけん大会は大いに盛り上がった。

豪華賞品を目指してのじゃんけん大会。

 じゃんけん大会が終わり、イベントのプログラムもこれにてすべて終了。ラストは登壇者のフォトセッションがあり幕となった。最後にイベントを終えての各演出者のコメントを紹介して、イベントリポートを終えよう。

イベント後には、公式オフ会の案内もあり。

会場に飾られていた新作フィギュア。

来場者はガチャで景品をゲット。

・モモコさん
 決まったときは、たぶんふたりくらいしか応募してないのかなと思いました(笑)。でもとっても楽しかったです。

・アジンガーさん
 僕も同じような感じです。1回、連絡が来たときにスルーしましたからね。あとで留守電で確認して驚きました。

・礼奈さん
 後ろでほかの方のプレイとかをずっと見てましたが、とても楽しかったですね。あとは報告として、今後はコスプレ&ユーチューバーとして、ゲーム実況などをメインに活動しようと思っています。名前も変えるのですが……ぜひよろしくお願いします。

・尾高さん
 何度か『リネージュ』イベントMCにお呼びいただき、とても楽しくやらさせていただきました。今日もうれしい時間を過ごさせていただきました。

・新井氏
 これからも『リネージュ2』はしっかりとした運営を行っていきますので、ぜひぜひ楽しんでいただければと思います。いろいろなご質問やご要望にも、できるだけ対応していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

最後は笑顔でフォトセッション。



Lineage(R) II and Lineage II Epic tale of Aden (TM) are registered trademarks of NCSOFT Corporation. Copyright (C) NCSOFT Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit Lineage(R) II in Japan. All rights reserved.