“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

 インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたソニー・ミュージックエンタテインメント(以下、SME)のパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。その発足を祝うパーティーが、2017年10月17日、同社本社ビルにて開催された。
 会場には、インディーゲーム開発者をはじめ、各パブリッシャーやプラットフォーマーの代表者、有名ゲーム実況者など、さまざまなゲーム業界関係者約150人が詰めかけた。

 主催者代表として、SMEのCFO 兼 コーポレートEVPの今野敏博氏が挨拶。昨年12月リリースのプレイステーション VR用ソフト『anywhere VR』で、13年半ぶりにデジタルコンテンツをリリースした同社は、「ゲームをもう一回盛り上げていきたい」との思いからUNTIESのプロジェクトを始動させことを説明。1990年代には『キリークザブラッド』、『クーロンズゲート』、『天誅』といった初代プレイステーション用ソフトをパブリッシングしてきた実績を鑑みつつ、「インディーゲーム開発者の皆さんといっしょにおもしろいゲーム世界を作り上げていける、自由闊達なレーベルとして育てていきます」と、抱負を語った。

 続いてUNTIESのプロジェクトリーダーであるSME坂本和則氏が、UNTIESのプロジェクトを支えている主要メンバー3名を紹介。そのまま、SMEデジタルコンテンツグループXEチームGPルームの伊東章成氏が、同日に発表されたリリース予定タイトルを、デベロッパーの代表者とともに紹介した。

SMEがゲームパブリッシング事業を行う新レーベル“UNTIES(アンティーズ)”を発足 『TINY METAL』や『DEEMO -Reborn-(仮題)』などをラインアップ

2017年10月17日、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、ゲームパブリッシング事業を行う新レーベル“UNTIES(アンティーズ)”を発足することを明らかにした。

SMEの今野氏。挨拶の後、乾杯の音頭をとった。

入社当初から音楽レーベルに所属していたというSME坂本氏。3年前にBitSummitに参加し、インディーゲームの創造性とクオリティーの高さに感動したことが、UNTIES発足の最初のきっかけになったことを語った。

▲UNTIESプロジェクトメンバー。左よりジョン・デイビス氏、伊藤雅哉氏、伊東章成氏。

TINY METAL(タイニーメタル)

AREA35 のプロデューサー・由良浩明氏。現在、11月21日のリリースに向けて絶賛ロットチェック中とのこと。

Last Standard

I From JapanのCEO兼プログラマー・中道慶謙氏。21歳の若きクリエイターは「これから世界に向けて羽ばたいていきたい」と抱負を語った。

Merkava Avalanche(メルカバ・アバランチ)

winter crown worksのクリエイター・石濃潤一郎氏。現在の開発進行度は15パーセント程度で、今後は自分たちのやりたいことと、ユーザーが求めることの着地点を見つけていきたいとのこと。

DEEMO -Reborn-(仮題)

Rayark Japanの吉田周作氏。Untiesの“新しいことに挑戦していく”という姿勢を自社と共通のものと捉えて評価し、『DEEMO -Reborn-(仮)』に関しては「必ずいいものに仕上げていきます」と宣言した。

 プロジェクトメンバーを代表し、伊東氏は「ここから先、どんどん忙しくしていきます。僕らといっしょにいろんな展開をやっていきましょう!」と力強くコメントした。