アニメや映画が見放題のNetflixの魅力をチェック! ファミ通.comスタッフがオススメするアニメ作品も紹介【PR】

世界最大級の動画配信サービス“Netflix(ネットフリックス)”の見どころをまとめてお届け。さらに、現在配信中のアニメの中から、オススメの作品をピックアップして紹介します。

●人気作・話題作はもちろん、豊富なオリジナルコンテンツも。好きな作品がきっと見つかる

 1998年に北米にて運営開始された、世界最大級の動画配信サービス“Netflix(ネットフリックス)”。2015年9月には日本にも上陸し、Netflixでしか見られない日本発のオリジナルコンテンツが作られるなど、配信作品の幅もどんどん広がっている。

 そこで今回は、Netflixはどんなところが便利&魅力的なのか、ポイントをまとめて紹介! また、ファミ通.com編集部がオススメするアニメ作品も併せて紹介する。Netflixは映画やドラマの印象が強いが、じつはアニメ作品も豊富。きっと見たくなる作品があるはずだ。


●Netflixってどんなサービス?

 改めて、Netflixがどんなサービスなのかを紹介しよう。Netflixは月額制のサービスで、映画やドラマ、アニメといったコンテンツを、さまざまなデバイスで観ることができる。

◆料金プランは3種類、最初の1ヵ月は無料
ベーシック650円[税抜]、スタンダード950円[税抜]、プレミアム1450円[税抜]の3つのプランを用意。プランによって、同時に見られる画面数や、画質が変わる。プランの変更はいつでも手続き可能だ。ちなみに最初の1ヵ月は、無料で体験可能!

◆マルチデバイス対応、PS4やXbox Oneでも見られる
PC、スマートフォン、タブレットなど、インターネットに接続されたデバイスで自由にコンテンツを楽しめる。プレイステーション4、Xbox Oneにも対応しているのも、ゲームユーザーにはうれしいところ。

◆便利なダウンロード再生機能も
スマートフォンや、Windows 10搭載のPC、タブレットなら、ダウンロード再生機能を利用できる。これは、インターネット接続環境があるときに、観たいコンテンツをデバイスにダウンロードしておけば、外出先などオフラインの状況でもコンテンツを観られるというものだ。通信制限を気にせずに楽しめるのもうれしい!
※この機能に対応しているのは、“ダウンロード”と記載されているコンテンツのみです。


01ダウンロード再生

▲画面下部の“ダウンロード”を押せば、事前にコンテンツをダウンロードできる。


 続いて、ファミ通.com編集部オススメのアニメを紹介!


●SFテイストが好きなあなたにはコレ!

02攻殻機動隊SAC

(C)Shirow Masamune・Production I.G/KODANSHA

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

■作品概要
押井守監督の劇場映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』を受けて、2002年に神山健治監督のもと制作されたテレビアニメシリーズ(全26話)。押井版とはパラレルワールドという設定で、草薙素子らが所属する公安9課の活躍が描かれる。その後、2004年にはシリーズ2作目である『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』(全26話)が、2006年にはシリーズ第3弾の長編アニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』が制作されるほどの人気を博した。

■ここがオススメ
あんまり説明の必要もないかとも思われる『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズなわけですが、今回Netflixで改めて見直したところ、やっぱりおもしろい。『STAND ALONE COMPLEX』は“刑事ドラマだ”というのはよく指摘されるところですが、“電脳”や“義体”といった、SFファンならわくわくするような世界観と魅力的な登場人物たちを得て、「いかにおもしろいお話にしようか」という制作陣の気合の入りぶりが伝わってきて、観ている時間は至福というべきであろう。草薙素子を始めとする公安9課のメンバーの“大人”の関係性が本当に心憎い。未見の方は、ぜひとも観てほしい1作です。(text by 古屋陽一)

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』視聴はコチラ
『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』視聴はコチラ



apple

Motion picture (C) 2014 LPEI/SPWA, ARR.
Comic book (C) 2014 Shirow Masamune/Crossroad

『アップルシード アルファ』(Netflix SVOD独占配信)

■作品概要
『攻殻機動隊』でおなじみの士郎正宗氏によるメジャーデビュー作をフル3DCGで映像化。舞台となるのは、第5次非核大戦により荒廃してしまった世界。物語の中心人物は、元SWATであるデュナンと、彼女の恋人であり全身をサイボーグ化したブリアレオス。廃墟と化したニューヨークで、不本意な日々を送っていたデュナンとブリアレオスは、ある日オリュンポスから来たという男女と出会い、理想都市オリュンポスを巡る陰謀に巻き込まれていく。

■ここがオススメ
かのジェームス・キャメロン監督が絶賛するなど、世界でも高い人気を誇る士郎正宗氏原作の『アップルシード』。同作は過去に何度か映像化されているが、2014年に欧米先行でデジタル配信された本作は、前作までのアニメタッチとは異なり、フォトリアルなフル3DCGとなっている。さらに描かれるのは、デュナンとブリアレオスが“オリュンポス”へと至る前の“前日譚”で、まさに“アルファ”と冠されるゆえんだ。やはり特筆すべきは、CGの圧倒的なクオリティーで、ぐいぐいと物語に引き込ませる。キャラクターも魅力的で、とくにデュナンとブリアレオスの関係性がうかがえる絶妙な描写が心地よい。アクションシーンも迫力満点で、SF好きはたまらない。(text by 古屋陽一)

『アップルシード アルファ』視聴はコチラ
『アップルシード』視聴はコチラ



04シドニア

(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

『シドニアの騎士』

■作品概要
ポリゴン・ピクチュアズの名を世界中に轟かせた、フルデジタルアニメの傑作。謎の生命体“奇居子(ガウナ)”に太陽系を破壊された人類は、種の存続を賭けて、巨大な宇宙船で宇宙を旅していた。そのうちの一隻“シドニア”では、地下で暮らしていた主人公“長道(ながて)”が、とあるきっかけから大型戦闘機“継衛(つぐもり)”の操縦士となる。時を同じくして、シドニアはガウナと遭遇。100年ぶりとなる人類最大のピンチに、果たして“長道”は……。

■ここがオススメ
重厚なSF設定に詳細な世界観設定、近未来感満載の人型ロボット“衛人(もりと)”が活躍するかと思えば、ラブコメ的な展開もありと、なんとも不思議な作品。もしかすると、3DCGアニメと言うだけで敬遠する人がいるかもしれないが、そんな理由でこの作品を見逃しているとしたら、もったいない話だ。完全フル3DCGアニメではなく、ある種温かみすら感じるようなビジュアルは、一見の価値あり。また、作中、独自のSF理論が展開されるが、理解できずに困惑することはないはず。人類の未来に仇なす“ガウナ”の脅威と相反するように展開されるラブコメチックな人間模様のアンバランスさは、時にシリアス、時にコミカルで、なんとも心地よい。(text by ブラボー!秋山)

『シドニアの騎士』視聴はコチラ



05BLAME紹介

(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

『BLAME!』(Netflix 独占配信)

■作品概要
いまからじつに20年前、1997年~2003年にアフタヌーンで連載された弐瓶勉氏のデビュー作の劇場アニメ化タイトル。テクノロジーが暴走し、無限に増殖を続ける巨大な“階層都市”では、人類は違法居住者として防衛システムから駆除・抹殺される存在になっていた。そんな中、村を救うため、決死の覚悟で食糧確保に向かう少女・づる。あっという間に防衛システムに見つかり、仲間も失った彼女の前に現れたのは、“ネット端末遺伝子”を追い求める探索者“霧亥(キリイ)”だった……。

■ここがオススメ
弐瓶勉氏×ポリゴン・ピクチュアズという、『シドニアの騎士』タッグが再び実現! 20年前の作品は思えないほど洗練されたSFマンガを、原作者の弐瓶氏みずから映像化のためにディレクションしたオリジナルストーリー。それだけでもSFファンにはお腹いっぱいだが、評価したいのは、SF作品にありがちな、世界観や専門用語を追うのに精いっぱいでストーリーに追いつけない……なんてことがないこと。ストーリーはシンプルにかつわかりやすく進むので、原作を知らなくても十分に楽しめるはず。3Dアニメならではの洗練された表現はカッコよく、また、“霧亥”と上級セーフガード“サナカン”との激しいバトルシーンはキレッキレの動きと演出で迫力満点! ちなみに、『シドニアの騎士』シーズン2に、劇中内アニメとして『BLAME!』が登場しているのもおもしろい仕掛け。(text by ブラボー!秋山)

『BLAME!』視聴はコチラ
『BLAME!』公式サイトはコチラ


●旬のアニメも観られちゃう!

06進撃

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

『進撃の巨人』

■作品概要
人類の前に突如現れた圧倒的な力を持つ人型の巨人と、エレンたち調査兵団の戦いを描いた諫山創氏原作の人気コミックを、WIT STUDIOがテレビアニメ化。人間が巨人に捕食されるシーンを始め、残酷な描写も多々あるが、なぜ巨人は人間を襲うのか、どこから来るのかといった巨人の存在や意味、謎が謎を呼ぶ怒とうのストーリー展開が見る者の心をとらえて離さない。現在はシーズン2を放映中で、もちろんNetflixでも視聴可能。

■ここがオススメ
シーズン1が放映されたのが2013年。主題歌のLinked Horizonが“紅白歌合戦”に出るなど、大きなブームとなったのはまだまだ記憶に新しいところ。そのオープニングは、いま見ても最高にカッコイイ! そしてもうひとつカッコイイといえば、立体機動装置によるアクションシーン。よくあんな装置を思いついたものだ。また、キャスティングの妙と声優陣の熱演もポイントが高い。現在放映中のシーズン2では毎週新事実が判明し、驚きの連続。しかしシーズン2になって、捕食された兵士の断末魔の叫びが痛々しくなった気が……。ちなみにシーズン1後半のエンディングにはいろいろなヒントが散りばめられているので、いま見返すと「ああっ!」と感じることが多いかも?(text by ブラボー!秋山)

『進撃の巨人』視聴はコチラ



07SAO

(c)川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project

『ソードアート・オンライン』

■作品概要
川原礫氏が手掛ける人気ライトノベルシリーズのテレビアニメ化作品。物語の舞台は、次世代ゲーム機《ナーヴギア》が開発され、完全な仮想空間でゲームを遊ぶことが可能になった未来。初の本格的VRMMORPG《ソードアート・オンライン(SAO)》で、主人公のキリトは仮想空間を満喫していたが、開発者の茅場晶彦が全プレイヤーを集めて行った“ある宣言”により、状況は一変する。それは、「このゲームはクリアするまで脱出不能、そしてゲームオーバーは現実での死を意味する」というものだった。

■ここがオススメ
2月に公開された劇場版が大ヒットしたことが記憶に新しい『ソードアート・オンライン』シリーズ。Netflixでは、テレビアニメの第1期、特別番組“Extra Edition”、第2期が配信中。『ソードアート・オンライン』の見どころのひとつは、そのゲームの世界での戦いや生活がしっかり描かれていること。“ゲームの中に入ってしまう”という設定はめずらしいものではないものの、同作では細かな描写にリアリティーがあるので、視聴者もその世界に没入していけます。さまざまな出会いと別れを経て強く成長していく主人公・キリトのカッコよさ、ヒロイン・アスナを始めとする女の子たちのかわいさも見どころです!(text by ロマンシング★嵯峨)

『ソードアート・オンライン』視聴はコチラ
『ソードアート・オンライン Extra Edition』視聴はコチラ
『ソードアート・オンラインII』視聴はコチラ


●ゲームが原作のアニメも豊富

08P4

(C)ATLUS (C)SEGA/「ペルソナ4」アニメーション製作委員会

『TVアニメ「ペルソナ4」』

■作品概要
アトラスの人気RPG『ペルソナ4』のアニメ化作品。主人公は、家庭の事情で都会から田舎町へ引っ越してきた高校2年生、鳴上 悠(なるかみ ゆう)。この町では、雨の夜の午前0時にテレビをひとりで見たとき、誰かが画面に映ったら、それが運命の相手であるという“マヨナカテレビ”の噂が流れていた。この噂と、町で起こる殺人事件の関係とは? 真実を求めて戦う悠と仲間たちの絆を描く青春ストーリー。

■ここがオススメ
原作ゲームでは、主人公=プレイヤーという形式ゆえに、主人公に明確な性格付けがなされていません。そんなタイトルをアニメ化するにあたって、主人公の描写をどうするのだろう!? と当時思っていましたが、それは杞憂だったと言い切れます。アニメの主人公として登場する鳴上くんは、凛々しく戦うカッコよさと、コメディに対応する柔軟さを併せ持つ、魅力あるキャラクター。彼のおかげで、原作で好評だった笑いあり涙ありのストーリーが、アニメでも生き生きと描かれていました。スタイリッシュかつ青春要素たっぷりのTVアニメ『ペルソナ4』、もし気に入ったなら、ゲームで言うところの“2周目”にあたるTVアニメ『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』もどうぞ!(text by ロマンシング★嵯峨)

『ペルソナ4』視聴はコチラ
『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』視聴はコチラ



09ダンガン

(C)Spike Chunsoft Co., Ltd./ 希望ヶ峰学園映像部 All Rights Reserved.

『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation』

■作品概要
スパイク・チュンソフトのアドベンチャーゲーム『ダンガンロンパ』をアニメ化。たぐいまれな才能を持つ高校生が集う私立希望ヶ峰学園に、“超高校級の幸運”として入学した苗木誠は、学園に足を踏み入れた瞬間に意識を失う。そして、気づいたときには学園内に監禁されていた――。そこに表れたのは、モノクマという謎の存在。モノクマは生徒たちに、“コロシアイ学園生活”の始まりを告げる。

■ここがオススメ
『ダンガンロンパ』の魅力は、なんといっても、視聴者の予想を裏切っていく驚きのストーリー展開と、個性が豊かすぎるキャラクターたち。つぎからつぎへと起こる殺人、犯人は誰なのか、そもそもこの学園はどうしてこんな状況になってしまったのか? これはもう、ネタバレなどは見ずに、まっさらな気持ちで楽しんでほしい! 自分のお気に入りのキャラクターは生き延びられるのか? にも注目です。続くアニメ『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-』も、驚きの連続。“未来編”と“絶望編”のふたつのエピソードがありますが、交互に観ていくといっそう楽しめますよ。(text by ロマンシング★嵯峨)

『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation』視聴はコチラ
『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-』視聴はコチラ



10シュタゲ

(C)2011 5pb./Nitroplus 未来ガジェット研究所

『STEINS;GATE』

■作品概要
原作は、5pb.の科学アドベンチャーシリーズの人気作。厨二病の大学生、岡部倫太郎は、ある日偶然、過去へメールを送信できるタイムマシンを開発する。興味本位で過去へ干渉する岡部と仲間たち。だが、やがてそれは大きな悲劇へと発展――。岡部は悲劇を回避するため、孤独な戦いへと挑むことになる。

■ここがオススメ
本作の登場人物は、岡部を始め、厨二病だったりオタクだったりと、ひと癖もふた癖もあるキャラクターばかり。ゆえに、最初は「このキャラクターたちに感情移入できないなあ……」と思う人もいるかもしれません。でも、そこでこのアニメを観るのを止めるのはもったいない! 観続けていくうちに、必死に行動する岡部と仲間たちの姿を見て、ぜったいに胸が熱くなるはず。そして後半に待つのは、息もつかせぬ怒涛の展開。最終話を見たら、第1話からもう一度観たくなるはず。それだけの驚きと感動が詰まった物語です。(text by ロマンシング★嵯峨)

『STEINS;GATE』視聴はコチラ
『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』視聴はコチラ