格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“賽”が開催。『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』を中心とするメイントーナメントをリポート

2017年5月20日~21日にかけて、東京都秋葉原にて対戦格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“賽”が実施された。

 2017年5月20日~21日にかけて、東京都秋葉原にて対戦格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“賽”が実施された。本稿では『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』(以下、『鉄拳7FR』)を中心に、二日目に争われたメイントーナメントの3タイトルをリポートする。

 賽とは、EVOJAPANが主催する、6種類の対戦格闘ゲームを競技種目とする大型大会。来年1月に開催が予定されているEVOJAPAN本番に向けてのテスト大会の位置付けのイベントだ。会場となったのはアキバ・スクエア/UDX GALLERY NEXT。当日の現地にはタイトルごとにプレイステーション4版、アーケード版、Wii U版の対戦台が数多く設置され、二日間をかけてトーナメントが争われた。競技種目は以下の通りだ。

・メイントーナメント
鉄拳7 FATED RETRIBUTION
GUILTY GEAR Xrd REV 2
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

・サイドトーナメント
ブレイブルーセントラルフィクション
ザ・キング・オブ・ファイターズXIV
DEAD OR ALIVE 5 Last Round

 メイントーナメントの3タイトルは初日に予選が行われ、二日目には予選を勝ち上がった選手たちによる決勝トーナメントが争われた。二日目の全ての試合はメイン会場のステージ上で披露され、現地に訪れた観戦者とインターネット生放送の視聴者たちに見守られながら進行。メインタイトルのクライマックスにふさわしい名試合が多く見られる、激戦の舞台となっていた。

●世界から選手が訪れた『鉄拳7FR』部門

 『鉄拳7FR』部門のレギュレーションは2試合先取制のシングル戦、敗者復活アリのダブルイリミネーショントーナメントが採用。本部門には日本選手のみならずアメリカ、韓国、ニュージーランドなどからの海外選手も数多く参戦し、総勢230名以上の選手が出場した。初日の予選では決勝トーナメントに進出するTOP8を選出。以下がそのメンバーだ。

あみーご(仁)
古水 (ポール)
Gagsital (helpme) (シャヒーン/ロウ/ポール)
影丸 (ジョシ―)
壊し屋シロ― (スティーブ)
アオ (アリサ)
タリスカッター (一美)
山佐 | ノビ (ドラグノフ)

 TOP8のうちGagsital(helpme)選手は韓国から参戦したプレイヤー。他の7名は日本選手だ。『鉄拳』シリーズは世界的人気のあるタイトルであり、各国の対戦レベルは拮抗している模様。日本選手が圧倒的多数を占めるトーナメントだったが、海外勢がひとり上位に食い込む形となった。
 TOP8からはレギュレーションが3試合先取制に変更。数々のハイライトシーンが産まれつつ試合が進行された。

 ハイレベルな戦いを勝ち上がりグランドファイナルに進出したのは、あみーご選手(ウィナーズ)と影丸選手(ルーザーズ)のふたりだ。
 グランドファイナル1試合目はあみーご選手が先取すると、続く2試合目は影丸選手が接戦を制する。手数が増える影丸選手に対してあみーご選手は防御から的確な攻めでダメージを奪う展開が目立ち、3試合目はあみーご選手、4試合目は影丸選手が勝利する一進一退の流れ。優勝orリセットが決定する5試合目は、あみーご選手が好調。1ラウンドを先取し、2ラウンド目は体力リードを奪われながらもレイジアーツをヒットさせて逆転勝利。優勝にリーチをかける。3ラウンド目、追い詰められた影丸選手だったが、それでも臆することなく開幕アッパーをヒットさせる強気な姿勢。落ち着いてラウンドを奪い、ラウンド状況は2-1へ。4ラウンド目は仁に流れがあり、打撃のヒット率があがると、中盤で大ダメージコンボを決めて一気に体力をリード。続く起き攻めにも成功し、ジョシーの体力を奪いきってフィニッシュ。

 『鉄拳7FR』部門はあみーご選手が優勝となった。

TOP8トーナメント結果

・『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』結果

優勝 【炙りトロサーモン】 つー(ルカリオ)/KEN(ソニック)/キリハラ(ロゼッタ&チコ)
準優勝 【MKshuB】 9B(ベヨネッタ)/MKLeo(クラウド/マルス/メタナイト)/しゅーとん(ピクミン&オリマー)
3位 【天空の使者】 T(リンク)/クロ(ピット)/あーす(ピット)
4位 【DetonatioN Gaming】 かめめ(シーク/ロックマン)/Rain(ディディーコング)/にえとの(シーク)

優勝の炙りトロサーモンチーム。

・『GUILTY GEAR Xrd REV 2』結果

優勝 サミット(チップ)
準優勝 ザディ(レイヴン)
3位 小川(ザトー)
4位 ハーケン(ソル)

優勝のサミット選手