“東方Project”と『勇者ヤマダくん』衝撃コラボをスクープ! その名も“弾幕輝珍城”イベント開催! “東方”作者ZUN氏のコメントも到着なのだ~

現在配信中のスマートフォン用RPG『勇者ヤマダくん』が、2016年11月11日より、人気同人シューティング“東方Project”シリーズとのコラボレーションイベントを開催することが決定。

●弾幕が飛び交うRPG!? 驚愕のスクリーンショット独占公開!

 現在配信中のスマートフォン用RPG『勇者ヤマダくん』が、“コラボレーションダンジョン「東方輝珍城」”を開催することが決定した。

 “東方Project”は、作者であるZUN氏が20年以上に渡って毎年リリースしている同人のシューティングゲームシリーズ。毎年コミケ会場で販売され、長蛇の列を作るほどの人気を誇る。

 気になるところだが、この度ファミ通.comでは開発中のスクリーンショットを独占入手! その衝撃の画面がこちら!

▲RPGなのに弾幕が!? この画面は……?

 また本作は、“プログラマーのヤマダくんが勇者となって冒険する”……といったメタフィクション的な表現も特徴だ。もしかしたら、ゲーム中にもZUN氏が実際に登場して、ヤマダくんのアパートに現れたりといった展開もあるかも……!?

 本イベントの開催期間は、2016年11月11日〜12月12日の予定。人気シューティングシリーズとRPGという異色のコラボレーションが、どのようなイベントになるのか注目だ!

▲二次創作で巨大なコンテンツを生み出す“東方project”シリーズの原作者。同人サークル“上海アリス幻樂団”を運営し、神主の愛称で親しまれる。無類のビール好き。

“東方Project”作者のZUN氏よりコメント

「“東方”の世界が、どのように『勇者ヤマダくん』で表現されるのか楽しみです!」

●『勇者ヤマダくん』とは

自作ゲームの中で勇者となって冒険する“ヤマダくん”の物語を描く、スマートフォン用RPG『勇者ヤマダくん』。本作は、DMM.comのPOWERCHORD STUDIOと、『moon』や『チュウリップ』を手掛けた木村祥朗氏のゲーム開発スタジオOnion Gamesのタッグで生まれた、ヒトフデ描きとRPGが融合したローグライクな遊びが楽しめる作品だ。

▲ひと筆描きでダンジョンを探索する。ドット絵世代にはたまらない、レトロゲームへのオマージュに満ちたビジュアルとBGMも特徴。


勇者ヤマダくん
メーカー DMM.com Co., Ltd.
対応機種 iOSiPhone/iPod touch / AndroidAndroid
発売日 配信中
価格 基本プレイ無料(アイテム課金制)
ジャンル RPG
備考 iOS 7.0 以降のiPhone、iPad、iPod touch対応 Android4.0以降対応

(C)DMM.com POWERCHORD STUDIO/Onion Games
※画面は開発中のものです。