『黒い砂漠』いよいよ実装される“黒い砂漠”をいち早く体験! 新クラス“くノ一”の特性も見えた“砂塵の彼方へ駆ける影”プレイリポート

2015年11月11日、ゲームオンはPC用MMORPG『黒い砂漠』において、大型アップデート“砂塵の彼方へ駆ける影”を実施。“黒い砂漠”地域や新クラス“くノ一”が実装される本アップデートをひと足先に体験してきた。

●“黒い砂漠”をいち早く体験しちゃいました!

 ゲームオンが運営中のPC用MMORPG『黒い砂漠』。ハイクオリティーなグラフィックで細部まで作りこまれた世界をシームレスに体験できる、ノンターゲティングバトルが魅力の基本無料タイトルだ。

 2015年11月11日(水)には、待望の大型アップデート“砂塵の彼方へ駆ける影”が実装予定。アップデート内容をいち早く体験してきたので、その全貌をご紹介!

 なお、新情報は先日掲載した先行体験会リポートで触れているので、本稿では大量のスクリーンショットと実際にプレイして判明した追加要素をメインにお届けしていく。

【関連記事】
『黒い砂漠』不知火舞アバターが実装決定! 『KOF』とのコラボも発表された“砂塵の彼方へ駆ける影”先行体験会リポート

※画像や紹介内容は開発段階のものです。スキル名やアイテム名など、実装時に変更となる可能性があります。

●PvPでの活躍に期待したい新クラス“くノ一”

 “砂塵の彼方へ駆ける影”における最大の目玉は、ゲームタイトルにもなっている“黒い砂漠”エリアを含む“バレンシア大陸”の追加だ。「ついに来たか!」とテンションを上げるプレイヤーも多いだろう。

 その前に、新クラス“くノ一”について解説しよう。名前から想像できるとおり、くノ一は素早い動きとテクニカルなスキルを駆使したバトルスタイルが特徴だ。

▲今回のアップデートで、女性クラスには3種の髪型が追加される。

 単体に対しての攻撃能力がとくに高く、瞬間移動して敵を翻弄するスキルを扱える反面、防御力は非常に低い。補助武器にクナイか手裏剣を装備することで遠距離攻撃が可能なため、遠距離攻撃でSPを溜めつつ、多彩なスキルを組み合わせて戦うことになるだろう。

▲クナイと手裏剣は攻撃時に異なる特性を発揮する。回避行動をしながら攻撃できるクナイに対して、手裏剣は移動しながら攻撃可能だ。

▲スキル“忍術 : 霧隠れ”を使うと一定時間姿が消え、ほかのプレイヤーはもちろん、敵対NPCからも発見されなくなる。この状態からのみ使える“霧衝”は非常に威力の高い近接攻撃のため、暗殺者のような立ち回りも可能だ。

▼「ニンジャ!」の代名詞ともいえる“身代わり術”。発動後、移動する方向によって効果が変わり、目標の真後ろへ瞬間移動もできる。

 操作難度は高いものの、操作テクニックしだいで優れた戦闘能力を発揮できる“くノ一”。とりわけ1対1のPvP(対人戦)においては、特殊なスキルの数々で他クラスを圧倒するほどのポテンシャルを秘めている。

 動きが非常に軽やかで、通常の回避行動はもちろん、移動速度を上昇させたり、ジャンプ後に空中でもう一度ジャンプすることも可能。索敵が重要なギルドどうしでの戦闘では、斥候などとしての活躍も期待させるクラスであった。

▲いわゆる“2段ジャンプ”ができるため、これまで登れなかった場所にもジャンプだけで到達可能。

▲“早駆け”を使うと、しばらくのあいだ移動速度が大幅に上昇し、スタミナも消費しない。速度はしっかりと検証はしていないが、効果中の体感速度は馬に匹敵するほどだった。

▲納刀時のモーションがスタイリッシュ。

▲専用のアバターは、剣を抜くと同時にマスクがカシャッと下りてくる。かっこいい。