水なしで海を再現した屋内砂浜がスゴイ! 体験複合施設“ナムコ・AsoMIX”プレス向け内覧会の模様をお届け

バンダイナムコエンターテインメントが展開する大自然での遊びが屋内で楽しめる“地球で遊ぼう!”プロジェクトの第1弾として、“屋内砂浜 海の子”が2015年10月29日オープンのナムコ・AsoMIXに導入される。今回、オープンに先立ちプレス向け内覧会が開催。その模様をお届けする。

●あそび・体験・ショップが一度に楽しめる!

 ナムコは、2015年10月29日(木)に開業する大型商業施設“ららぽーと海老名”の4階に、ファミリー向け屋内型複合遊技施設“ナムコ・AsoMIX”をオープンする。この複合遊技施設は、“あそびパークPLUS(プラス)”、“キャラポップストア”、“ファミリーシールプリント KI-SE-KA(キセカ)”の3つのゾーンからなる多様な遊びを取り揃え、 0歳~12歳の子どもとそのファミリー層を対象とした空間が作られています。
 施設には、バンダイナムコエンターテインメントによる“屋内砂浜海の子”や、 バンダイが玩具などを展開する『かみさまみならいヒミツのここたま』初のオフィシャルショップなど、バンダイナムコグループならではのコンテンツをどこよりも早く楽しめるのも特徴です。
 今回、“ナムコ・AsoMIX”プレス向け内覧会が開催。一足早く体験することができたので、その模様をお届けします。

●あそびパークPLUS
 あそびパークPLUSは“夢中であそぶ時空間体験~親子で共創しお子さまの成長を実感できる場~”をコンセプトとしたインドアプレイグラウンドゾーン。海、丘、村、街をモチーフとした空間デザインが採用され、最新技術を駆使した遊び場、“土のう積み”や砂遊びなどの遊具が取り揃えられています。
 目玉はなんといっても、海遊びができる“屋内砂浜 海の子”! ふだんなかなかできない砂浜で波とたわむれたり、魚をつかまえたりすることが楽しめる、新しい遊び場となっています。

▲砂はサラサラなので、足には少量しかつきません。抗菌加工を施しているので、衛生面でも心配なし!

 一面に敷き詰められた砂場に、南国のきれいなビーチを映像と立体音響で再現。サラサラの砂に打ち寄せる波間を裸足で走り回る気持ちよさや、海で泳ぎ回る生き物を追いかけてつかまえたりすることができ、手軽かつ安全に海遊びができます。

▲走ったり砂をすくって水をかける動きをすると、プロジェクションマッピングで映し出された水面の映像も変化! 砂浜から上30cmが反応域となっており、この技術にはXboxのKinectが使われているとのこと。

▲海中にいる魚たちは、手や専用の器を使って捕まえることも!

▲ゲットした魚は、いけすへ移動。いけすをボーっと見るだけでも楽しい(笑)。

▲海は、潮の満ち引きにより演出が変化。潮が満ちて全体が水面なるとさまざまな魚たちが生きているように動き回り、潮が引いて砂の干潟が現れると潮だまりができ、カニなどの生き物が現れます。写真は30分に1回程度で出現する大波。巨大なウミガメが出現してすごい迫力でした。

 屋内砂浜以外にも、水なしで固まる砂“suna・suna”が用意された“サンドアートカレッジ”、アスレチック遊具と空気膜遊具で再現された丘、土のうを積み上げてかまくらなどや好きな形が作れるコーナーも用意されています。

▲サンドアートカレッジ。おしぼりもしっかり用意されているのは嬉しい!

▲アスレチック遊具

▲風の丘(写真左)は空気膜遊具で、飛んだり跳ねたり滑ったりできる! もちろん転んでも怪我の心配は無用。写真右は、中に入ってゴロゴロ転がるサイバーホイール。

▲こちらが“土のう”。積み重ねてかまくらを作ったりできる。

▲18ヵ月までの乳幼児専用のあそび場“ベビーテラス”。“はじめてのあそび道具”が揃えられ、五感を刺激する道具を使って親子で遊ぶことができます!

▲クリエイターズビレッジは、台所やダイニング、お店のセットが用意。ごっこ遊びが優ります!

▲子ども用サイズのソファーとテーブル。か、か、かわいい~!

▲“お絵かきおうち”でハウス形状のガラスに自由にお絵かきもできる!

▲カービルドライドシティでは、クルマを自分好みの外見にカスタマイズし、コースを走ることが可能です。