タイトー主催の格闘ゲーム大会“闘神祭2015”の『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』部門、『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』部門をリポート。

●2部門のリポートを一挙にお届け

 2015年10月18日、東京のTFTホールにて、タイトー主催の格闘ゲーム大会“闘神祭2015 全国格ゲー段位争奪戦”の決勝大会が開催された。このイベントはタイトーが主催する対戦格闘ゲームの全国大会。4つの部門ごとに全国のゲームセンターで開催された予選を勝ち上がったプレイヤーが会場に集まり、アツい闘いを披露した。ここでは、『ペルソナ4・ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』(以下、『P4U2』)部門と『ニトロプラスブラスターズ』(以下、『ニトブラ』)部門は、それぞれ16名が参加するシングル戦一発トーナメントで優勝が争われた。全国の予選を己の力のみで勝ち上がった闘神達による、激戦の模様をお届けしよう。

●当日予選から選手多数

 闘神祭2015全国決勝大会の当日には、最後の決勝大会出場枠をかけた当日予選が実施された。残されたチャンスをつかむべく駆けつけたプレイヤーの中には、あぐろ選手(鳴上)やザビエル選手(アイン)など関西のプレイヤーの姿も見られた。当日予選は両部門とも16名を定員とする一発トーナメントで争われ、『P4U2』部門はPEPE選手(シャドウ美鶴)、『ニトブラ』部門はたろー選手(アル)がそれぞれ突破した。

●『P4U2』部門決勝トーナメント

 全国決勝大会の先陣を切ったのは『P4U2』部門。出場選手がそれぞれ抽選を行って組み合わせを決定し、トーナメント戦がスタートした。本部門には今年8月に開催されたメーカー公式大会あーくれぼ2015の優勝メンバー3名が特別枠で参加していたが、3名ともトーナメント序盤で敗退。全体の対戦レベルの拮抗がうかがえる展開となった。
激戦を勝ち上がり、ベスト4に進出したのは以下の4名だ。
・ソウジ選手(クマ)
・しっきー選手(鳴上)
・ヤマシタ選手(シャドウ美鶴)
・辻川選手(シャドウ千枝)

●準決勝~決勝戦

 準決勝第1試合はソウジ選手(クマ)対しっきー選手(鳴上)。鳴上がクマのアイテム投げに対して的確にペルソナを壊していく立ち回りが光り、画面端の攻勢を活かしきったしっきー選手が勝利。準決勝第2試合はヤマシタ選手(シャドウ美鶴)対辻川選手(シャドウ千枝)。高火力を誇るシャドウタイプ同士の組み合わせとなったが、お互いにバーストゲージをリバーサルバーストに使用する堅実な試合内容となる。結果はジャンプ防止の立ちAや暴れ潰しの立ちBを上手く機能させたヤマシタ選手が勝ち上がった。

 決勝戦はヤマシタ選手対しっきー選手。鳴上の動きを見てからの逆ギレアクションで的確に切り返していくヤマシタ選手のキャラ対策が目立ち、落ち着いた立ち回りから牽制技をヒットさせててコンボチャンスを作っていく。最後はシャドウ暴走から高火力コンボをきっちり完走し、2ラウンドを連取してフィニッシュ。
『P4U2』部門はヤマシタ選手が優勝に輝いた。

『P4U2』部門優勝のヤマシタ選手(右)。アトラスの和田氏(左)。