第2回『ブレイブルー クロノファンタズマ』東北最強決定戦、決勝大会リポート!【動画あり】

2015年3月21日、宮城県仙台市にて『ブレイブルー クロノファンタズマ』(BBCP)の大型大会“第2回 BBCP東北最強決定戦”の決勝大会が開催された。各地方の予選を突破したプレイヤーたちが一同に会し、“東北最強”の座をめぐって争った激戦の模様をリポートしよう。

●二代目奥州新人王は誰の手に!?

 2015年3月21日、宮城県仙台市にて『ブレイブルー クロノファンタズマ』(以下、『BBCP』)の大型大会“第2回 BBCP東北最強決定戦”の決勝大会が開催された。各地方の予選を突破したプレイヤーたちが一同に会し、“東北最強”の座をめぐって争った激戦の模様をリポートしよう。

BBCP東北最強決定戦とは
 アーケード版『BBCP』の東北地方最強プレイヤーを決める大会で、今回が2回目の開催。東北を主戦場とするユーザー主導で運営されており、主催は東北のライチ使いで知られる“みお”さんが務めている。
 大会は形式は、すべてのプレイヤーが参加できる“無差別2on2部門”と、過去に全国大会の決勝大会に進出した経験のないプレイヤーのみが参加できる“新人戦部門”の2種類。いわゆる“ガチ勢”だけではなく、幅広い層のプレイヤーを対象にした大会となっている。

 予選大会は2015年1月から2月にかけて、東北地方のゲームセンターをメインとして行われ、決勝大会は3月21日にタイトーステーション仙台クリスロード店にて開催された。
 決勝大会会場の模様はユーザーコミュニティOgreLiveとタイトー配信部隊が協力してインターネット生放送を実施。また、本イベントはタイトーのバックアップのもと、アークシステムワークスからの公認も得ており、大会上位入賞者にはゲーム内で使用できる特別賞号が贈呈される。


ロゴ

決勝大会会場は黒山の人だかり!
 “第2回 BBCP東北最強決定戦”決勝大会の舞台となったのは、宮城県仙台にあるゲームセンター“タイトーステーション仙台クリスロード店”。本イベントの主催者である”みお”さんがスタッフとして働く店舗だ。
 決勝大会当日は同店の全面協力により、4階ワンフロアが『BBCP』一色となる特設会場が設置。大会台を含めて対戦台9セットを稼働させて参加者を歓迎していた。


店舗正面

▲決勝大会の会場、タイトーステーション仙台クリスロード店

 当日のイベントは、新人戦、無差別2on2、両部門の当日予選からスタート。決勝大会に出場できる最後のチャンスとなる当日予選に参加するべく、多くの『BBCP』ファンが朝早くから集結。東日本からはもちろん、中には関西から飛行機で駆けつける選手も見られた。

 まず新人戦部門の当日予選を突破したのは、がくぶる選手(イザヨイ)、cammelia選手(ハクメン)、ふみ選手(ライチ)の3名。続く無差別2on2部門は、マトイ選手(ココノエ)とキクチヨ選手(ライチ)の2人が組んだチームが突破した。
 camellia選手とふみ選手は関東が主戦場、マトイ選手とキクチヨ選手は関西が主戦場のプレイヤーだ。“東北最強決定戦”ながら、多種の地域のプレイヤーが活躍する大型イベントらしい始まりとなった。


現地様子1 現地様子2
現地様子3 現地様子4

▲当日の来場者はなんと170人以上!野試合台は終日フル稼働で対戦が行われていたぞ。

みお氏

▲写真左:主催者みおさん。現地ではマイクを握り、大会進行と試合実況でも尽力。

新人戦部門
 いよいよ決勝大会、新人戦部門がスタート! この部門は24名の選手達による一発トーナメントのレギュレーションで争われた。
 新人戦は全国決勝大会に出場経験の無い事が出場資格ということで、選手たちのほとんどは大舞台での試合が初体験。真剣な表情の中に緊張を感じさせながら試合を楽しんでいたぞ。

 そしてベスト4に勝ち上がったのは、マなんトか選手(ヴァルケンハイン)、偽ちゃん選手(テイガー)、しーの選手(ノエル)、もけもけ選手(レリウス)の4名。4人中3人が関東勢と関東の層の厚さとやる気を感じさせる中、山形代表の偽ちゃん選手も遜色を感じさせない動きでここまで勝ち上がってきた。

 以下がこの4名による準決勝~決勝戦の動画だ。


BBCP 第2回東北最強決定戦 新人戦部門

 動画の通り、新人戦部門はもけもけ選手が優勝! 大接戦となった勝負にも競り勝つなど、強さを大いに見せつけ新人の頂点に輝いた。


新人戦1 新人戦2
新人戦ベスト4

▲ベスト4の4名。写真左から、偽ちゃん選手、しーの選手、もけもけ選手、マなんトか選手。各選手はアークシステムワークスより特別賞号“二代目奥州新人王(にだいめおうしゅうしんじんおう)”が贈られた。