ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアより2015年3月26日に発売予定のプレイステーション4用ソフト『Bloodborne(ブラッドボーン)』。同作の“完成発表会”が本日3月12日に秋葉原 UDXシアターにて開催された。ここでは、その様子をお届けしよう

●宮崎英高氏「おぞましい体験を楽しんでいただきたい」

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアより2015年3月26日に発売予定のプレイステーション4用ソフト『Bloodborne(ブラッドボーン)』。同作の“完成発表会”が本日3月12日に秋葉原 UDXシアターにて開催された。ここでは、その様子をお届けしよう。

▲発表会会場には、ゲームに登場する狩人(ハンター)の巨大フィギュアや、“Bloodborne”の刻印の入ったプレイステーション4が展示。

 『Bloodborne(ブラッドボーン)』は、2009年に発売されたプレイステーション3用ソフ『Demon's Souls(デモンズソウル)』と同じく、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアとフロム・ソフトウェアがタッグを組んだ、超大作のアクションRPG。昨年の“E3 2014”で初お披露目されて以来、“gamescom 2014”、“東京ゲームショウ 2014”などでも出展され、ゲームファンから大きな期待を集めているタイトルが、いよいよあとわずかで発売となる。

▲発表会の開始と同時に、“死闘感を”“体感せよ”というテロップ入りのオープニング映像が流れた。
▲盛田厚氏

 オープニング映像の後に登壇した、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア プレジデント 盛田厚氏は「プレイステーション4の売り上げは『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』を始めとした大型タイトルの牽引もあり、大きく伸びています。2月、3月に発売する層々たる“役者”たちのトリを務めるのが『Bloodborne(ブラッドボーン)』です。お待たせして大変申し訳ございませんでしたが、そのぶん非常に高い完成度を誇る作品になっていますので、皆さんにもご満足いただけると思います」と語った。

 また、盛田氏はPlaystationが生まれたのは日本であることから、“日本が頑張らないと始まらない”ことと、『Bloodborne(ブラッドボーン)』でさらにプレイステーション4というハードを牽引したいと考えているそうだ。

▲吉田修平氏

 続いて登壇した、ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデント 吉田修平氏は「『Bloodborne(ブラッドボーン)』はアメリカで初めて開催したコミュニティーイベント“PlayStation Experience”などで出展させていただき、そのときのプレイデモから、ユーザーさんからの厚い期待を実感していました。Twitterでもユーザーさんから“『Bloodborne(ブラッドボーン)』を早く遊びたくて仕方がない”という声を毎日のようにいただいており、そのことを励みにスタッフ一丸となってがんばってきました。発売日になると、ユーザーさんがみんなでオンラインでつながることができますので、そのことを心から楽しみにしています」と語った。

 また、吉田氏は本作の特徴について、『デモンズソウル』と同じく、高い難易度と高い達成感を誇り、ユーザーでコミュニティーを作ってみんなで楽しむこができるソフトであると表現。フロム・ソフトウェアファンの期待に応えつつ、“いい意味で”ファンの期待を裏切るような試みも入れていけるように開発したと、自信に満ちた表情で語っていた。

▲宮崎英高氏

 フロム・ソフトウェア 取締役社長であり、『Bloodborne(ブラッドボーン)』のディレクターでもある宮崎英高氏は「フロム・ソフトウェアとしてはプレイステーション4初のタイトルということもあり、決して簡単な開発ではありませんでしたが、チームのがんばりもあり、なんとか完成にこぎつけることができました。本作は人間が異形の獣に変わってしまうという“獣の病”がはびこる古都で、狩人が血まみれの死闘をするという内容になっています。ユーザーのみなさんには、このおぞましい体験を楽しんでいただきたいです」と語った。

▲吉田氏は「この人がいないと始まりません」と宮崎氏を紹介。ふたりは壇上で堅い握手を交わしていた。

 ここで、初公開となる最新のプロモーション映像が公開。重々しい世界観、死と隣り合わせの”獣狩り”の緊迫感、そして宮崎氏の言うような“おぞましい体験”を予感させる映像となっていた。

▲映像の最後には赤ん坊の泣き声が聞こえた。これは何を意味しているのだろうか……?