カプコンが放つ音楽ゲーム『crossbeats REV.』スペシャルゲーム大会をリポート NAOKI氏から稼働日のヒントも?【JAEPO 2015】

2015年2月13、14日、千葉・幕張メッセで開催中の“ジャパン アミューズメント エキスポ 2015”’(JAEPO 2015)。ここでは、2月13日にカプコンブースで開催されていた、アーケードゲーム『crossbeats REV.』スペシャルゲーム大会の模様をお届けしよう。

●稼働前にも関わらず、スーパープレイヤーがサプライズで登場

 2015年2月13、14日、千葉・幕張メッセで開催中の“ジャパン アミューズメント エキスポ 2015”’(JAEPO 2015)。ここでは、2月13日にカプコンブースで開催されていた、アーケードゲーム『crossbeats REV.』スペシャルゲーム大会の模様をお届けしよう。

▲『crossbeats REV.』のプロデューサーであるNAOKI MAEDA氏。

 『crossbeats REV.』はカプコン初のアーケード向け音楽ゲームであり、配信中のスマートフォン向けアプリ『CROSSxBEATS』をベースとしているタイトルだ。ブースで公開されたプロモーションビデオでは、専用アプリとの連動、音響や音質へのこだわり、GLAYの“BLEEZE”を始めとした人気楽曲がミュージックビデオつきでプレイできることなどの特徴が紹介されていた。なお、 “VAMP” 、“米津玄子”、 “WHITE ASH”も参加アーティストに追加されたようだ。

 基本の遊びかたは、スマートフォン版と同様に、リズムに合わせて画面上を動く光がぶつかったところを、タッチ、またはフリック(はじく)、またはホールド(押しっぱなし)するというだけ。誰でも直観的に、リズムに乗ってプレイすることができるようだ。

 本作のプロデューサーであるNAOKI MAEDA氏は、「いろいろな音楽ゲームがすでにある中で展開するのですから、後に出す意義というものがなければみなさんに受け入れられないと考えました。そういう想いを込めたのが『crossbeats REV.』となっています。“音楽感”とオリジナリティーを徹底追及し、唯一無二の存在として作り上げたタイトルですので、ぜひプレイしてみてください」と語った。

 ここからはスペシャルゲーム大会がいよいよスタート。挑むのは、アップアップガールズ(仮)の仙石みなみさん、PASSPO☆の根岸愛さん、paletの藤本結衣さんというアイドルたち。優勝賞品は焼き肉店“叙々苑”の1万円ぶんのチケットとなった。3人のアイドルは、NAOKI氏からは「基本的にこのゲームに必要なのはリズム感やから、ここでそれが確かめられることになるよ」とプレッシャーをかけられることも。

▲アップアップガールズ(仮)の仙石みなみさん

▲PASSPO☆の根岸愛さん

▲paletの藤本結衣さん

 まずはNAOKI氏がお手本として、BABY METALの“イジメ、ダメ、ゼッタイ”をいちばんやさしい難易度(レベル9)でプレイ(難易度はひとつの曲につき5段階)。NAOKI氏は“同時押し”にも見事に対応し、結果はフルコンボ(ミスなし)、ランクはS+を記録した。

 3人のアイドルがプレイするのはZ pingpongの“Human Nature”という楽曲のいちばんやさしい難易度(レベル5)。まず藤本結衣さんがプレイしたところ、とても長いホールドの操作に戸惑ったところはあるものの、見事にフルコンボを記録。グレードはなんとNAOKI氏を超えるS++ランクとなった。

 仙石みなみさんは、長いホールドのときに早く指を離しすぎてしまったためにランクはAに。根岸愛さんはフルコンボを記録したものの、少しだけタイミングがズレることが多かったようでSランクとなった。仙石さんは「私の性格が前のめりだから、プレイもそうなっちゃたのかも」とも口にしていた。

 優勝は藤本結衣さんとなったが、けっきょく優勝賞品の叙々苑のチケットは3人で食べに行くときに使うとのこと。

 ここでサプライズとして、『crossbeats REV.』のスーパープレイヤーと名乗る男性が登場。挑むのはTatsh feat. 彩音の“I.D.”という楽曲の最高難易度で、レベルはなんと86だ。その技術は神業のようで、四方八方から飛んでくる光を確実にタッチし、フリックとホールドの組み合わせなどを確実に処理していった。

 プレイ中の判定は最高評価の“Flawless”がほとんど。結果は当然のようにグレードがS+、フルコンボで、そのコンボ数は523を記録していた。演奏終了後にスーパープレイヤーは「少し失敗しました。いつもだったらもっとうまくできます」とアピールした。

 ちなみに『crossbeats REV.』の気になる稼働日については、NAOKI氏は「いろいろ大人の事情もありますからはっきりとは言えません」とコメント。しかし、NAOKI氏は上着を脱ぎながら「暑いなあ……、これがヒント」ととも口にしていた。これはひょっとすると、暑い時期に稼働開始が予定されているのかも……?

▲上着を脱いで「暑いなあ」と、稼働日のヒントを出すNAOKI氏。

 また、NAOKI氏はアイドルの3人に「君たちの曲も『crossbeats REV.』に入るようにしたいなあ」と希望を口にすることも。本作にはすでに100曲を超える収録曲が予定されているそうだが、さらなるアーティストの参加も期待できそうだ。

 なお、2月14日のJAEPO 2015のカプコンブースでは、『crossbeats REV.』をプレイした人全員にスペシャルステッカーがもれなく1枚プレゼントされる(全3種類)。さらに、スペシャルステッカーを3枚集めると、ここでしか手に入らないスペシャルCD、またはゲーム内で楽曲が解禁できるスペシャルコードがゲットできるのだとか。ぜひこの機会に、『crossbeats REV.』を遊んでみてはいかがだろうか。

▲カプコンブース