2015年2月13日〜14日、千葉県の幕張メッセにて、アーケードゲームの展示会である”ジャパン アミューズメント エキスポ(JAEPO) 2015”が開催。13日に行われた『艦これアーケード』ステージには、伊勢、日向などを演じる声優の大坪由佳さんが登場し、同作について語った。

●伊勢と日向の特別なセリフを披露

 2015年2月13日〜14日、千葉県の幕張メッセにて、アーケードゲームの展示会である”ジャパン アミューズメント エキスポ(JAEPO) 2015”が開催。13日に行われたステージには、伊勢、日向などを演じる声優の大坪由佳さんが登場し、『艦これアーケード』について語った。

 司会者に呼び込まれて登場した大坪さんは、伊勢や日向に加えて、北上や大井なども演じている。今回の『艦これアーケード』ではロゴマークの艦が伊勢型になっているなど、伊勢と日向がフィーチャーされており、本作を語るのにうってつけの人物だ。

 大坪さんは伊勢と日向の性格について、伊勢はおっちょこちょいなところもあるが、さっぱりとした姉御肌。また日向はまわりがよく見えており、伊勢を生徒会長とするなら、日向は副会長タイプとした。大坪さんは、伊勢や日向のようなタイプのキャラクターはそれまで演じたことがあまりなかったといい、伊勢は歯切れのいいセリフが多く演じていて気持ちがいいと語る。また、日向は感情の起伏が少ないので、気持ちを秘めるように演じたと、収録時の思い出を明かした。さらに、『艦これアーケード』の収録においては、日向と伊勢がポジション的に前に出るということで、やる気満々で臨んだそう。「艦これアーケード」というタイトルコールもいろいろなキャラクターで収録したそうなので、そこも聴きどころのひとつだという。

 この後、『艦これアーケード』を紹介する映像を観た大坪さんは喜色満面。現在放映中のテレビアニメに触れ、3DCGがキレイですばらしく、アニメの戦闘シーンと同じくらい熱くなれるとうれしそうに述べた。また、鎮守府画面などで見られる動きも艦娘ごとに違っており、そちらもポイントだそうだ。

 イベント中には、『艦これ』総合プロデューサーである角川ゲームス・田中謙介氏と、『艦これアーケード』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めるセガ・大崎誠氏からのメッセージも公開された。田中氏は、熱意あふれるセガAM2研と準備してきたアーケード版を紹介できてうれしいとし、艦娘たちが3DCGでガンガン動き、話し、闘う姿を見てほしいとした。また、大崎氏はPC版ではパラオ泊地に所属し、艦隊司令部レベル107の猛者。大崎氏が田中氏と出会ったのは一昨年のことだそうで、アーケード化を任されたからには男気を見せると述べ、すべての艦娘をかわいく&かっこよく活躍させること、アーケード化されたことの意味を持たせると決意を新たにした。

 最後は、大坪さんが伊勢と日向になりきってあいさつ。「提督、日向、『艦これアーケード』だよアーケード」(伊勢)、「うん、胸が熱いな。アーケードのために瑞雲もよく磨いておかないとな。提督、よろしく頼む」(日向)というやり取りで会場を沸かせた。

 『艦これアーケード』は、2015年夏に全国のゲームセンターに”出撃”予定。提督諸兄は、ぜひゲームセンターで”動く”艦娘たちの姿を見て、体験してほしい。