宮本茂氏、高橋愛さん、パンサーなども登場した『PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION(パズルアンドドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション)』発表会の模様をリポート。

●『スーパーマリオ』の世界で『パズドラ』が楽しめる

 既報の通り(→こちら)、ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、2015年1月8日、東京都千代田区にある東京国際フォーラムにて、新作発表会を開催。その新作が、なんと『パズル&ドラゴンズ』(以下、『パズドラ』)と世界の人気タイトル『スーパーマリオブラザーズ』によるコラボタイトル『PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION(パズルアンドドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション)』であることが発表された。対応機種はニンテンドー3DS、発売は2015年4月29日、価格はパッケージ、ダウンロード版ともに4000円[税抜]。

 発表会には、ガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役社長 CEO エグゼクティブプロデューサーの森下一喜氏とシリーズプロデューサーの山本大介氏が登壇したほか、ゲストには『スーパーマリオブラザーズ』の生みの親である任天堂の専務取締役 情報開発本部長 宮本茂氏が登場。さらに女優・タレントでモーニング娘。OGの高橋愛さん、お笑いトリオのパンサー(菅さん、向井さん、尾形さん)も登場し、発表会に華を添えた。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役社長 CEO エグゼクティブプロデューサーの森下一喜氏

 発表会でプレゼンターを務めたのは森下氏は、2014年のガンホー・オンライン・エンターテイメントを振り返った。とくに『パズドラ』シリーズは、『パズドラZ』の累計販売本数が150万本を突破したことや、アミューズメント施設向けに『パズドラ バトルトーナメント』、『パズドラZ テイマーバトル』、さらには『パズドラ』のマーチャンダイジジング展開も積極的に行い、広い層に『パズドラ』をアピールできたことを紹介。今後も新たなユーザー層の獲得に積極的に努めていく意気込みを示した。その施策の大きな秘策のひとつとなるのが、今回発表された『PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION(パズルアンドドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション)』というわけだ。

▲スマホアプリ版『パズドラ』は4000万ダウンロードを達成。今後も継続して遊んでもらえる展開を実施していく予定。

 PVによる本作のお披露目のあと、森下氏は「本作の開発は、ごく一部のスタッフと秘密裏に進めていたので、社内の多くのスタッフはビックリしていると思う」と、極秘に進めていたプロジェクトだったことを明かし、また、森下氏自身『スーパーマリオ』というタイトルには思い入れが強く、世界的な人気タイトルであるため、さまざまな想い、プレッシャーを感じながら開発していると述べた。

 続いて森下氏は、「本発表会のために特別な方にお越しいただいた」と宮本茂氏を紹介。

任天堂 専務取締役 情報開発本部長 宮本茂氏

 壇上に立った宮本氏は、『パズドラ』について、当初の(プレイする前の)印象は「みんなが作りたがる落ちモノパズルゲームのひとつだろう」くらいの認識だったというが、いざ触ってみると本格的なゲームだと感心。宮本氏は「僕は、いいゲームを作った人はライバルとは思わず、いっしょに仕事したくなるタイプ」と述べ、『パズドラ』とその開発スタッフを高く評価。さらに今回のコラボに関しては、どうせやるならキャラクターも音も本格的にやろう、と提案したことも明かした。気になる本作のデキについて宮本氏は「世界中の人が楽しみにしてくれるタイトルになっているといます」と太鼓判を押した。

■やっぱりクッパにピーチ姫がさらわれ、マリオが助けにいく

 宮本氏の挨拶に続いては、山本プロデューサーが登壇し、本作の概要と魅力を説明。本作を制作するキッカケについては、もともと2013年12月に発売したニンテンドー3DS用ソフト『パズドラZ』に続く、新たな展開を模索していた課程の中で、マリオの世界観で『パズドラ』が作れないか、と閃いたことが始まりだという。「私もマリオで育った世代なので、すごく盛り上がってしまい、プロトタイプを勝手に作って(笑)、任天堂さんに見せに行きました」(山本氏)。そのプレゼンの結果、任天堂からオーケーをもらい、制作が決定したわけだが、マリオを言えば世界的な人気キャラクターであるため、森下氏同様、喜びと同時に大きなプレッシャーも感じたとのこと。

シリーズプロデューサーの山本大介氏

 本作は、ピーチ姫がクッパにさらわれ、マリオが助けにいく、という『スーパーマリオ』の王道のストーリーが展開。道中に立ちはだかる相手は『パズドラ』バトルで蹴散らしていく。山本プロデューサーは、「『パズドラZ』をキャラ替えしただけではなく、本作はイチから作り直していいます」とアピール。さらに、マリオの世界観を壊さず、『パズドラ』のコンボなどの爽快感はそのままに、「双方のよさを損なわないこと」をこだわったポイントとして挙げた。

■「マリオの世界観がそのまま! ちょっとした効果音もマリオ!」

 スペシャルゲストとして、『パズドラ』が大好きだというモーニング娘。OGで女優・タレントとして活躍中の高橋愛さんとお笑いトリオのパンサー(菅さん、向井さん、尾形さん)が登場。開発中の本作のデモプレイを披露した。プレイした向井さんと高橋愛さんは、効果音や忠実に作られたキャラクターなど『スーパーマリオ』の世界観が再現された『パズドラ』に終始ニヤニヤ。プレイを終えた向井さんは「マリオと『パズドラ』のいいところが全部詰まってる!」(向井さん)と興奮気味に感想を述べた。

▲移動時間や楽屋などで『パズドラ』をプレイしているというパンサー。
▲『パズドラ』にハマったのは、夫でお笑い芸人のあべこうじさんに勧められて始めたのがキッカケ。
▲マリオ&ルイージとたまドラも登場。

■次世代ワールドホビーフェア'15、そして闘会議2015にも出展決定

 発表会の終盤、森下社長が再び登壇し、本作の発売前の展開を紹介。そこで、早くも2015年1月18日にナゴヤドームを皮切りに全国4ヵ所で開催される次世代ワールドホビーフェア'15 Winter(→こちら)と、1月31日と2月1日の両日、千葉県幕張メッセで開催される闘会議2015(→こちら)に出展されることが発表された。

▲早期購入特典は、たまドラテーマのダウンロード番号、『パスドラZ テイマーバトル V2』スペシャル限定チケット、そして『パズル&ドラゴンズ トレーディングカードゲーム』のオリジナルプロモカード。

最後に森下氏と山本氏は以下のように挨拶し、発表会を締め括った。

 「これから気合い入れて、最後まで作り切りたいと思います」(山本氏)。

「ゲーム制作というのは、最後の最後で魂が込められます。その最後のがんばりが本当に重要な部分。『パズドラ』アクションと『スーパーマリオ』の世界観を楽しんでもらえるよう、ばんばって作っていきたいと思います」(森下氏)。

 正月休みボケが一気に吹っ飛ぶ今回の大発表。マリオという世界的人気キャラクターの登場で、キッズはもちろん、あらゆる世代へ『パズドラ』が訴求できるはず。さらに、『パズドラ』の世界への広がりも期待できそうだ(海外は任天堂が発売)。2015年も『パズドラ』は熱い!

 発表会のあとは試遊スペースも設けられていた。本試遊のミニインプレはのちほどお届け。

 ちなみに、来週発売の週刊ファミ通2015年1月29日号(2015年1月15日発売)では、『PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION(パズルアンドドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション)』を大特集しているのでお見逃しなく。