任天堂と東日本旅客鉄道(JR東日本)は、任天堂の携帯ゲーム機“Newニンテンドー3DS”および“Newニンテンドー3DS LL”で、JR東日本が発行する電子マネー“Suica”による支払いができるサービスを、2014年12月9日より開始する。

●12月9日よりサービス開始予定

 任天堂と東日本旅客鉄道(JR東日本)は、任天堂の携帯ゲーム機“Newニンテンドー3DS”および“Newニンテンドー3DS LL”で、JR東日本が発行する電子マネー“Suica”による支払いができるサービスを、2014年12月9日より開始する。

▲支払い方法(イメージ)

 Suicaは各交通系電子マネー(※1)と相互利用サービスを行っているため、各交通系電子マネーの取扱いも可能。これにより、“New 3DS”および“New 3DS LL”は交通系電子マネーが利用できる初めての携帯型ゲーム機となる。また、“New 3DS”および“New 3DS LL”での支払いの際、対象となるSuicaを利用すると“Suicaポイント”が200円で1ポイント溜まる(※2)。

※1:利用できる交通系電子マネーは“Suica”、“PASMO”、“Kitaca”、“TOICA”、“manaca(マナカ)”、“ICOCA”、“SUGOCA”、“nimoca”、“はやかけん”の9種類(PiTaPaは除く)。
※2:SuicaポイントをためるにはSuicaポイントクラブへの会員登録(無料)が必要。

 任天堂とJR東日本は、すでに今年7月より“Wii U”で“Suica”による支払いができるサービスを開始しているが、“New 3DS”および“New 3DS LL”での決済手段に交通系電子マネーを加えることで、Suicaご利用可能箇所の拡大とさらなる利用者の利便性向上を図るという。

 また、任天堂は、公式サイトにて“任天堂から保護者のみなさまへ、大切なお願いです。”を公開。家族が知らないうちに子どもがクレジットカードを使用してゲームを購入する事案が発生しているといい、保護者による使用制限機能の設定方法などを確認することができる。

◆サービス開始日:2014年12月9日(火)予定
◆交通系電子マネー決済対応となる機種
・Newニンテンドー3DS
・Newニンテンドー3DS LL
◆支払い方法:“New 3DS”および“New 3DS LL”の下画面に搭載されている通信機能を利用し、交通系電子マネーを直接タッチすることで支払いが可能。
※サービス開始日は変更となる場合がございます。

※関連記事:Wii UでSuica、PASMOなど9種の交通系電子マネーによる支払いが可能に、7月22日よりサービス開始