アニメ『ログ・ホライズン』第2シリーズのアフレコ取材会をリポート! 寺島拓篤さん、前野智昭さんらおなじみのキャスト陣も集結

2014年10月4日(土)より、NHK・Eテレでテレビアニメ『ログ・ホライズン』第2シリーズが放送開始。第1話の放送を前に、8月18日、東京都内にてアフレコ取材会が行われた。石平信司監督を始め、寺島拓篤さんらキャスト陣が集結した取材会の模様をリポート!

●新キャスト抜擢の驚きの理由も明らかに!?

 『ログ・ホライズン』は橙乃ままれ氏のファンタジー小説を原作にしたテレビアニメ。バージョンアップをきっかけに、MMORPG『エルダー・テイル』の世界に閉じ込められてしまった主人公たちプレイヤーが、世界を変えようと立ち上がる物語だ。第1シリーズは2013年10月より2014年3月まで放送。10月4日(土)17時30分よりNHK・Eテレでスタートする第2シリーズでは、おなじみのキャラクターに加えて新キャラクターも登場し、さらにスケールアップした冒険ストーリーが紡がれる。

 放送開始に先駆けて8月18日に東京都内行われたアフレコ取材会には、本作監督の石平信司氏、主人公・シロエ役の寺島拓篤さん、直継役の前野智昭さん、アカツキ役の加藤英美里さん、そして新キャラクター・てとら役の藤井ゆきよさんらが登場し、第2シーズンに向けた意気込みや見どころを語った。

▲左から、前野智昭さん、加藤英美里さん、寺島拓篤さん、藤井ゆきよさん、石平信司氏

◆NHK編成局・展開戦略推進部 チーフプロデューサー・柏木敦子氏
 いよいよ『ログ・ホライズン』第2シーズンが10月にスタートを迎えます。第2シリーズの売りは何といっても6人×4チーム、総勢24人のチームによる大規模な戦闘“フルレイド”。それにともなって魅力的なキャラクターや「まさかあの人が!」というキャラクターもたくさん登場します。第1シリーズで伏線になっていた要素も満載なので、ぜひ第2シリーズも楽しんでいただければ。データ放送を活用したゲーム的な要素も仕掛けていますので、第1話からリアルタイムで見ていただければと思います。

▲石平信司氏

◆石平信司監督(以下、石平)
 第1シリーズのは人間関係を構築していくお話でしたが、今回はキャラクターに絞って“友だちとは何だろう”というストーリーになっていて、原作の6巻、7巻で語られる、ある人物の思いにだいぶ踏み込んでいます。今回はストーリー監修の桝田(省治)さんを始め、橙乃ままれ先生にもシナリオ会議に参加していただいて、かなり密に組んでいます。原作で語られている間に起きたことや気持ちの動きに深く踏み込んでいますので、その辺りのドラマをお楽しみに。
 また、“フルレイド”ならではの戦闘にも期待していただければと思います。第1シリーズでは6人パーティーでの戦いと100人規模の“レギオンレイド”がありました。今回は6人×4チームの24人編成のパーティーでの戦いとなります。ちょうど今日のアフレコでもボス戦を収録したんですが、すごかったですね(笑)。ただ、24人という人数はフレームにしっかり入る人数なので、全員がそれぞれにいろいろな芝居もしています。注意深く画面を見ると、「あれ、ひょっとしてこのキャラあの人の兼ね役じゃね?」とか(笑)、意外なところにも役が振ってあるので、そういった部分も楽しみながら見ていただければ。

◆シロエ役・寺島拓篤さん(以下、寺島)
 第2シーズンはチーム感が非常に大事になってくるストーリーになっていまして、チーム感の重要性はアフレコ現場にも活きています。第1シーズンから出ている役者陣が第2シーズンでは別のキャラクターで出ていたりして、チームワークはもうバッチリだろう、と。作り上げてきたチーム感やアフレコの流れが第2シーズンにも活かされていて、現時点でもういいお芝居、いいレイドができているとわかるくらいになっています。安心できるメンバーの中で、よりよい芝居ができるようにがんばっていこうと思ってますので、ご覧の方はぜひぜひ楽しみにしていてください。

◆直継(なおつぐ)役・前野智昭さん(以下、前野)
 直継は第1シーズンと変わらずムードメーカー的なポジションです。おのずと戦闘が増えてくる第2シーズンにいたっては、戦闘で直継が「ヤバい!」と言ったら本当にヤバい戦況なんだという発言力の高さをより明確にできるように、シロエやアカツキなど親しいところにいるキャラクターとの日常の会話をよりリラックスした雰囲気で演じて、戦闘との差別化をつけられたらと考えています。

◆アカツキ役・加藤英美里さん(以下、加藤)
 第2シーズンからいろいろとチーム戦が始まるということで、第1話の時点で各チームのいろんなキャラクターが活躍していて、どういう行動をとっているかが気になる始まりとなっています。アカツキも第1シーズンと比べて成長しているところも多々あり、今後各チームがどのような成長を遂げるのかを楽しみにしていただけるとうれしいなと思っています。私もアカツキといっしょに成長して、楽しい作品作りができるようにがんばっていきます!

◆てとら役・藤井ゆきよさん(以下、藤井)
 第1シーズンから『ログ・ホライズン』が大好きだったので、楽しく演じさせていただいています! まだ2回しかアフレコに参加していないんですけども、第1シーズンから先輩たちが作ってくれた雰囲気がとってもよくて、第2シーズンから新しく入った子もお腹を抱えて笑いながら楽しく収録しています。つぎの台本が楽しみなくらいお話もおもしろくて、収録中は楽しいアドリブもいろいろとあるので、どんな素敵な第2シーズンになるんだろうとワクワクしています。第1シーズンの勢いをもっとパワーアップできるように、私もがんばっていきたいです!

 続いて、質疑応答の模様をお届け。

――それぞれが演じるキャラクターについて、第1シーズンからの変化や成長はありますか?

寺島 ゲーム的な意味でのレベルアップはじつはこっそりなされていて、ゲームの世界でもちゃんと生きてるんだなというのが感じられるように作られています。人間的な部分でいうと、目に見える部分での大きな変化は正直ないと思っていて。ですが、内心の仲間への信頼だったり、誰かを頼ることができるようになって、人間的に少しゆとりが出てきたんじゃないかなと思っています。その分、今回のシリーズで挑むレイドはその余裕をフルに使っても足りないくらいの大きな戦闘になってくるので、さらにシロエの成長が見込めるんじゃないかなと、僕も楽しみにしています。

加藤 アカツキは一匹狼的な、ひとりで行動することが多かった女の子で、第1シーズンの中で仲間といっしょに助け合って、絆を実感して学んできたんですけど、第2シーズンになると今度はアカツキ自身が考えて行動することが多くなると思います。私もそういう部分を楽しみにしています。

前野 厳しい戦闘が続く今期で、直継はシロのいちばんの理解者として彼の身を案じるシーンがおのずと増えてくると思うので、そういったところが変化なのかなと思います。直継は2年前の装備でずっと戦っているので(笑)、今後装備の改変がどの辺りで行われるのかは僕自身も楽しみですね。

――新キャラのてとらはどんなキャラクターですか?

藤井 てとらは空気が読めるのに読まない子です(笑)! 表情も芝居のテンションもコロコロ変わって、戦いが続く物語の中で直継さんといっしょにいいムードメーカーになる存在で、チームが危ないときでもニコニコ笑って冗談を言っているような、楽しいキャラですね。あと、私がオーディションに受かった理由が“いちばんウザかったから”みたいで……(笑)。ウザさも1周回ればかわいくなるということを証明できるようにがんばりたいと思います!

――石平監督は新キャラのてとらをどう描いていこうと考えていますか?

石平 ままれ先生ともしっかり話をしていまして、てとらちゃんは女の子らしい女の子のかわいさを持っている人なんですけど、口を開くとちょっと人をイラッとさせるところがあります(笑)。監督としてはイラッとするところがちゃんとかわいさに繋がるようにコントロールしないと、ただのイラッとくる子になって視聴者に嫌われてしまうので(笑)。作画もかなり気合を入れて描いていただいて、技をかけるシーンが別のアニメみたいになっていますね、ハートや音符が飛び交って(笑)。あとは直継とのコンビがおもしろくて、物理的にずーっと直継にくっついています。正直直継さんは困ってるんですけど(笑)、そこがまたかわいく見えるように。この凸凹コンビのやり取りは、芝居としても聞きごたえがありますし、絵としても遊べる要素になるので、楽しみにしていただけるんじゃないかと思います。

――人気のアカツキは第2シーズンでどう描かれますか?

石平 アカツキには第2シーズンでまた別の要素が出てきますね。第1シーズンの最後のほうでミノリという中学生の恋のライバルが現れて、恋を自覚し始めたあたりからアカツキ自身が成長して、ぐるぐる回ることになってくるんですけど、今回はアカツキがようやく友だちを作り始めます。いままでは知っている人の中で関係を構築してきたんですけど、今度はより表に向けて活動を始めていきます。どこからともなく逆さ吊りになって現れるとか、直継があるキーワードを言おうとすると遠く離れているはずなのにアカツキの呪いがかかるとか(笑)、第1シーズンのようにいろいろなネタも仕込んでますので、お楽しみに。

 テレビアニメ『ログ・ホライズン』第2シーズンは、10月4日(土)17時30分よりNHK・Eテレでスタート予定。新キャラクター・てとら役で藤井ゆきよさん、菫星(きんじょう)役で代永翼さん、リーゼ役で村川梨衣さんが出演することも明らかとなった。また、本作の劇伴を収録したサウンドトラックCDが8月22日(金)にリリースされる(価格:2500円[税抜])。9月27日(土)17時30分からは、本作の魅力をおさらいしながら新シリーズを紹介する特番も放送されるので、第2シーズン放送前にバッチリ予習しておこう。

※関連記事:『ログ・ホライズン』のオリジナルサウンドトラックが発売決定、高梨康治氏作曲の劇伴音楽を約30曲収録予定