2014年7月1日、東京・八重洲で,一般開放型ショールーム“Gibson Brands Showroom TOKYO”の発表会が行われた。シンガーソングライターの山崎まさよしさんらが出席し、本ショールームのテーマである“Play. Record. Listen.(弾いて、録って、聴く)”が体現された、発表会の模様をリポートする。

●『ロックスミス2014』をギブソンギターで体験できるコーナーも!

 2014年7月1日、東京・八重洲にて、ギブソン、ティアック、オンキヨーのコラボレーションによる世界初の一般開放型ショールーム“Gibson Brands Showroom TOKYO”の発表会が行われた。シンガーソングライターの山崎まさよしさんらが出席し、本ショールームのテーマである“Play. Record. Listen.(弾いて、録って、聴く)”が体現された、発表会の模様をリポートする。

 7月2日より一般オープンがスタートする“Gibson Brands Showroom TOKYO”は、ギブソン、ティアック、オンキヨーという、“音と音楽”の世界的メーカー3社がコラボレーションを果たした世界初のショールーム。ギブソンのギターで弾いて、ティアックの録音技術で録って、オンキヨーのオーディオで聴くという、プレミアムな音楽体験をすることができる。

 一般オープンに先立って開催された発表会では、クリス・ペプラーさんのMCのもと、各社代表による挨拶のほか、ギブソンに縁の深い松本孝弘さん、奥田民生さん、斉藤和義さんのビデオメッセージが紹介された。

▲MC・クリス・ペプラーさん
▲Gibson Brands CEOのヘンリー・ジャスキヴィッツ氏
▲オンキヨー・代表取締役副社長の中野宏氏(左)、ティアック・代表取締役社長の英裕治氏(右)

 さらにスペシャルゲストとして、シンガーソングライターの山崎まさよしさんが登場。「19、20歳ごろに、ローンで初めてギブソンを買いました(笑)。ギブソンはパワーとガッツがあるイメージ」とギブソンの印象を語り、「自慢するために持ってきました(笑)」という愛用のギブソン製アコースティックギターで生演奏を披露した。演奏された楽曲はそのままティアックのマスターレコーダーでハイレゾ録音され、それをオンキヨーの世界初ギターアコースティックスピーカーで再生するという、本ショールームのコンセプトがそのままデモンストレーションされる一幕も。今回演奏された楽曲などは、7月31日までの期間限定で、本ショールームにて聴くことができる。

▲山崎まさよしさんが持参した愛用のギブソンギターは、年齢でいうと「100歳くらいかな?」という貴重なもの。

■ショールームは“音と音楽”にあふれたライフスタイルを提案
 本ショールームでは、1階・2階を使用して、さまざまな体験コーナーが設置されている。その一部を一般オープンに先がけてチラ見せ!

 ゲームファン的に見逃せないのは、家庭のリビングを想定して作られた“LIVING THEATER AREA”。こちらでは、ユービーアイソフトから発売中のプレイステーション3用ソフト『ロックスミス2014』を、ギブソンのギターで(!)体験することが可能だ。シンプルなホームシアターなどと合わせて、家庭で楽しむワンランク上の映像と音楽を体験できるエリアとなっている。

 そのほか、コーヒーを飲みながらハイレゾ音源を味わえる“BREAK SPACE”、ギブソン&エピフォンの最新モデルを試奏できる“GUITAR PLAY ZONE”など、音楽好きにはたまらない展示が満載の“Gibson Brands Showroom TOKYO”。世界トップクラスの楽器・オーディオ機器などが集結するショールームで、上質な音を思う存分満喫しよう。

■“Gibson Brands Showroom TOKYO”概要
◆オープン日:2014年7月2日(水)
◆住所:東京都中央区八重洲2-3-12 オンキヨー八重洲ビル1F・2F
JR東京駅/地下鉄銀座線京橋駅より徒歩約5分
◆営業時間:10:00~18:00
◆定休日:日曜、祝日、土曜日、指定休業日
※イベントなどの状況により定休日が変更になる場合があります。
◆電話番号:03-6265-1148

<1階エリア“Premium Music Lounge”>
◆BREAK SPACE
オンキヨーグループが運営する配信サイト“e-onkyo music”で配信を行われているハイレゾ音源をBGMに、コーヒーを飲んでくつろげるスペース。
◆LIVING THEATER AREA
家庭のリビングを想定したアットホームな雰囲気で、迫力の映像と音楽を楽しめる。オンキヨー小型シネマパッケージ“BASE-V50”を中心に、シンプルなホームシアターが提案されている。また、本物のギターを接続して楽しみながらギターが練習できる『ロックスミス2014』体験コー
ナーも。
◆HEADPHONE LISTENING AREA
オンキヨーのヘッドホンやイヤホンで気軽に音楽試聴が行なえる。手持ちのプレーヤーでの試聴はもちろん、ティアックのポータブルヘッドホンアンプや据え置き型のヘッドホンアンプと組み合わせた試聴も可能。ハイレゾ音源を使用することで、ワンランク上のリスニングスタイルが提案されている。

<2階エリア“Premium Sound Lab”>
◆GUITAR PLAY ZONE
ギブソン&エピフォンの各種最新モデルの試奏が楽しめる。約70本のギターが並ぶギターウォールから好きなギターを選んで、TASCAM ギタートレーナー“GB-10”とオンキヨーヘッドホンで思う存分プレイを楽しめる。
◆EVENT/EXHIBITION SPACE
イベントやライブ、試聴会などさまざまな音楽イベントを実施。特別展示スペースとしても活用される予定。
◆SOUND ROOM
ギブソンギターをアンプにつなげての演奏、TASCAMのDA-3000を使ったレコーディング、DAWソフトSonarを使用した音楽制作、7.1chのKRKモニタースピーカー完備のサラウンドなどを体験できる。
◆STANTON DJ Booth
Stanton製の最新DJ機器を配置したクールなDJブースでDJ体験ができる。
◆JOYSOUND Play Zone
本物のエレキギターを接続して楽しめるJOYSOUNDのカラオケ機器“JOYSOUND f1”を設置。

(取材・写真・文:立花青井)