2014年5月3日から6日に、京都のアミューズメント施設“neo amusement space a-cho”(以下、a-cho)にて開催されたアークシステムワークスのアーケード版対戦格闘ゲーム公式大会“PRE ARC REVOLUTION CUP”。5月3日と4日に開催された『ブレイブルー クロノファンタズマ』の大会の模様をリポートする。

●大☆同キャラ戦&3on3大会が開催!

 2014年5月3日から6日に、京都のアミューズメント施設“neo amusement space a-cho”(以下、a-cho)にて開催されたアークシステムワークスのアーケード版対戦格闘ゲーム公式大会“PRE ARC REVOLUTION CUP”(以下、ぷれあーくれぼ)。まずは、5月3日、4日に開催された『ブレイブルー クロノファンタズマ』の大会の模様をファミ通編集者の豊泉三兄弟(次男)がリポートする。

■“PRE ARC REVOLUTION CUP”とは?

 PRE ARC REVOLUTION CUPは、アークシステムワークスのアーケード版対戦格闘ゲーム『ブレイブルー クロノファンタズマ』、『GUILTYGEAR Xrd-SIGN-(ギルティギア イグザードサイン)』、『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』の3タイトル合同で行われる公式大会。チーム戦やシングル戦など、各タイトル異なる形式で行われ、優勝者には特別称号や賞品が贈られる。また、各日大会終了後には、オフィシャルグッズが当たる大抽選会も開催。

■大会種目
5月3(土)
『ブレイブルー クロノファンタズマ』
大☆同キャラ戦 使用キャラごとにチーム分けしたキャラ別対抗戦。

5月4(日)
『ブレイブルー クロノファンタズマ』
3on3大会 チーム内での同一キャラクターの使用は禁止。

5月5(祝)
『GUILTYGEAR Xrd-SIGN-(ギルティギア イグザードサイン)』
その1 “新人戦”2on2 早稲田式トーナメント。
出場資格:平成生まれ(1989年1月1日以降生誕)限定。チーム内での同一キャラクターの使用は禁止。
その2“無差別戦”1on1 シングル戦トーナメント。
出場資格:制限なし。

5月6(祝)
ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド
その1“大☆同キャラ戦”使用キャラごとにチーム分けしたキャラ別対抗戦
その2“無差別戦”1on1 シングル戦トーナメント。

●戦いの舞台は個性あり過ぎなゲーセン“a-cho”!

a-choの入り口はこんな感じ。

 こんにちは。最近バングがメチャクチャおもしろくなってきて、いくらゲーセンに行っても行き足りない豊泉三兄弟(次男)です。さて、ゴールデンウイークは、ぷれあーくれぼに行って来ました。場所は、格闘ゲームをやり込んでいる人なら知らない人はいないであろう京都のゲームセンター、a-choです。同店舗は、週末を中心にさまざまな形式のゲーム大会が行われているのはもちろん、カレーや唐揚げ、ドリンクなど、飲食物が売られている喫茶スペース“アプリコット”が設けられている他に類を見ない個性的なゲームセンターなのです。『ブレイブルー』はランキングバトルなどの大会が開催されており、“ガリレオ”さんや“N男”さんといった関西の有名プレイヤーがよく来店しているそうです。

店内にある喫茶スペース。東京のゲーセンじゃなかなか見られないサービスですね。僕も唐揚げを頼んじゃいました!
ゲームの攻略本とかも置いてあります。

●キャラ愛が試される“大☆同キャラ戦”

 そんなa-choで開催された“ぷれあーくれぼ”。5月3日は使用キャラごとにチーム分けしたキャラ別対抗戦“大☆同キャラ戦”が、4日は3人ひと組の3on3大会が行われました。同キャラ戦には37チームで200名弱の選手が参加し、3on3大会には68チーム200名以上が参加する大盛況。どちらも関西のほか中国四国、北陸、東海、関東など、多くの地域からの遠征者が集まり、公式大会にふさわしい全国規模の一大イベントとなっていました。

ゲーセンに200人以上が集まるとこんな感じになります。満員電車みたいでした(笑)。
こちらは大会の受付。Webで事前エントリーを行った人には、プレイヤーネームと使用キャラのイラスト、出身地域の書かれた名札が用意されていました。スタッフさんすごい!

 ぷれあーくれぼ初日に行われた大☆同キャラ戦は、ガチな大会というよりはお祭り感覚で楽しめる雰囲気の大会でした。低段位の人や高段位の人はもちろん、チームによっては女性プレイヤーがいたり、さらにそれぞれの出身地域も異なっているなど、通常のチーム戦では考えられないような混成チームができあがっていました。初対面の人も多かったと思うのですが、同じキャラクターが好きということで、すぐに打ち解けてチームとして一丸となって戦っているのが印象的でした。また、チームメイト全員が同じキャラクターを使っているということもあって、高段位のプレイヤーが低段位のプレイヤーにアドバイスを送ったり、みんなで相手キャラクターの対策を練ったりと、大☆同キャラ戦ならではのシーンも見受けられました。

 ちなみに、僕もバングチームとして参戦。ぶっちゃけ、あまりチームの役には立てなかったのですが、「気にすんな、俺たちに任せとけ!」という感じで、チームの大黒柱“らじお”さんと“池上”さんのふたりがほとんどの相手を倒してくれたおかげで、まさか(?)のベスト8まで勝ち進めました。僕は何もしてないのに(笑)。

テルミチームはみんなで技の名称を叫んだり、大会とは思えないくらいすごく楽しそうに対戦してるのが印象的でした。

 大☆同キャラ戦の決勝は、レリウスチーム対カルルチーム。レリウスチームは、全員が仮面をつけて参加するという仲よしっぷりで、RYO選手、佐々木選手、旧選手という3人の強豪プレイヤーがチームをけん引。一方のカルルチームは、出てくるプレイヤー誰もが実力者という隙のないチーム。レリウスチームも健闘していましたが、カルルチームの層の厚さの前に屈指してしまい、優勝はカルルチーム。“キャラ愛全一”はカルル使いの皆さんでした!

筐体のまわりにチームメイトが集まって声かけて応援。また、試合の合間にはアドバイスを送るシーンも。
優勝したカルルチーム! 出てくる人みんなが強かったですね。本当にうれしそう!!
2位のレリウスチーム。あれ? 少し人数が多い(笑)。
RYO選手、佐々木選手、白熊猫選手、エルデ選手、玉響選手、ラララ選手、旧選手(順不同)。
見事にキャラ愛の強さを示して優勝したカルルチーム。
伊藤 冴選手、チリ選手、蜜柑野郎選手、らず選手、ユーキャン選手、そでいか選手。(順不同)

●プレイヤーの意地と意地がぶつかりあった3on3大会

 大会2日目に行われたのが、3人ひと組みのチームで戦う3on3大会。チーム内での同一キャラクターは禁止ということで、勝つためにはチームのキャラクター構成も重要になるガチなルールで行われました。初日の大☆同キャラ戦とは異なり、緊迫した空気が会場を包んでいました。
 68チームによって争われた大会の決勝戦に残ったのは、2013年の公式全国大会で準優勝を果たしたN男選手(レイチェル)、前バージョンで関西最強のタオカカ使いとも言われたマトイ選手(ココノエ)、関西屈指の職人プレイヤーぽろぴっちょ選手(ハクメン)という関西勢で構成されたチーム“ゴッズ本戦皆勤のマトイさんに挨拶したか?”と、公式全国大会ベスト4のどぐら選手(アズラエル)、過去シリーズの大規模大会で優勝を果たしているコナン選手(ツバキ)、関西の強豪キクチヨ選手(ライチ)という、関西と関東の混成チーム“名探偵コナン~昇竜の奇術師~”。全国屈指のプレイヤーどうしの対決ということもあり、どの試合も最後までわからない接戦となっていましたが、チーム名にもなっているマトイ選手が、粘るキクチヨ選手を倒して優勝をもぎ取りました。なお、大会の動画はa-choの公式サイト(→こちら)にアップされる予定です。

ちなみに、僕もパチさん(アークシステムワークス)とタオカカ使いのあさまちさんと組んで参加してきました。1回戦はまさかの配信台ですごく緊張しましたが、大将のパチさんのがんばりもあってなんとか勝利! 2回戦で負けてしまいましたが、久しぶりにアツくなれたし、負けたときの悔しさも味わえました(笑)。次回があればリベンジしたいですね!

解説はアークシステムワークスの関根氏(左)が担当。実況はおなじみ“かみちゃん”が務めていたぞ。
チームメイトを応援したり、勝てばいっしょに喜んだりと、チーム戦ならではのシーンが見られました。
無事アストラルヒートが決まってほっとするシーンも(笑)。
決勝戦で惜しくも敗れて悔しそうなどぐら選手。
優勝を決めたマトイ選手がガッツポーズ。ゴッズ皆勤のマトイさん、チーッス!!
表彰式では関根氏から優勝のトロフィーが授与。
優勝チーム“ゴッズ本戦皆勤のマトイさんに挨拶したか?”
ぽろぴっちょ選手(左)、マトイ選手(中央)、N男選手(右)。
大会終了後には、森プロデューサーのイラスト入りサイン色紙など、レアグッズが当たる抽選会が行われていました。