“東京ゲームショウ2013”のバンダイナムコゲームスブースで、本日2013年9月22日に開催された『ゲームセンターCX』ステージの模様をリポート。有野課長が今年のTGSでもっとも注目したモノは果たして?

●『ゲームセンターCX』ゲームプロジェクト第3弾

 “東京ゲームショウ2013”のバンダイナムコゲームスブースで、本日2013年9月22日に開催された“『ゲームセンターCX』 課長 ON ステージ”の模様をリポートしよう。
 バンダイナムコゲームスから、2014年1月23日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『ゲームセンターCX 3丁目の有野』。同番組からは3本目のゲーム化となる同作、今回も「レトロゲームを堪能する」というコンセプトはそのままに、有野課長のアイデアをふんだんに盛り込んだ“ゲームinゲーム”だ。
 いつもの“正装”で有野課長が登場すると、大きな拍手が! まずは本作の魅力を伝える映像が流され、“過去最大級のボリューム”として15本以上のミニゲームが収録予定であることや、限定版などの情報が公開された。
初回特典<オリジナルトレカ>
・3種類のうち1枚が封入
※番組スタッフの誰かになるらしく、課長のカードはないかも!?
<限定版 バンダイナムコスペシャル>
・限定50000セット DVD同梱版
※過去に放送されたがDVD化されていない映像収録!
※新作映像……過去シリーズに課長が挑戦
※その他マル秘映像も!?

▲溢れんばかりの観衆に応える有野課長。
▲ゲーム紹介ムービーを流しているときは、見やすいように座る気遣いも。
▲シリーズ過去最大のゲームを収録。「15本以上」って、すでにそれ以上あるような……?
▲ファン必携の50000万本限定版の内容も明らかにされた。

 続いて登場したのは、バンダイナムコゲームスの伊藤麻矢プロデューサーと本作の開発を担当するグレフの丸山博幸代表取締役社長。さっそくステージ上で実際にプレイを披露することになった。少なくとも15本以上収録される予定だが、ステージでは6本を公開した。
・ルーミーと魔法のホウキ(固定画面のアクション)
・Wing Hero(横スクロールシューティング)
・ソーマの秘宝(パズルアクション)
・ザウルスボーイ(横スクロールアクション)
・BREAK SHOOT(スポーツ)
・登郎(パズルアクション)

▲左から、グレフの丸山社長、バンダイナムコゲームスの伊藤プロデューサー。
▲『Wing Hero』をプレイ。『ゲームセンターCX』の番組中に、「息を吹きかけると墜落を回避する」というアイデアが導入されたタイトルだ。
▲ステージでいちばん課長が熱中していた『BREAK SHOOT』。

 そのなかから、4タイトルの画面を入手したので、公開しよう。

▲『ルーミーと魔法のホウキ』
▲『Wing Hero』
▲『ザウルスホーイ』
▲『BREAK SHOOT』

●まだまだ制作途中のため、さまざまなアイデアを検討中

 ゲームプレイが終了後、今後はお客さんの“課長コール”を収録し、ゲーム中に使うというプランが明かされた。“課長コール”を収録したものの、どこで使われるかは、まだ決まっていないらしく、実際にゲームをプレイするまでわからないかも!?
 最後に、今年で10周年を迎えた『ゲームセンターCX』のプロジェクトの数々(6月に開催された10周年プロジェクトの発表会の記事はコチラ)が紹介された。
 徐々にゲームの全貌が見え始めた『ゲームセンターCX 3丁目の有野』。今後もメディアミックスを含めた同作の情報に注目しよう。

▲会場全体で「課長」コール! 果たしてどこで使われるのだろうか?
▲『ゲームセンターCX』10周年記念プロジェクトをおさらい。
▲課長がTGSでもっとも気になったモノ。それは、ブース内の実物大ガンダムの頭でした。