『妖怪ウォッチ』のマンガ連載が2012年12月15日よりスタート

レベルファイブは、『イナズマイレブン』『ダンボール戦機』に続くクロスメディア展開作品の『妖怪ウォッチ』(ニンテンドー3DS)のマンガ連載が、月刊コロコロコミック(小学館)にて2012年12月15日よりスタートすることを発表した。

●妖怪と子どもたちの姿が生き生きと描かれる

 レベルファイブは、『イナズマイレブン』『ダンボール戦機』に続くクロスメディア展開作品の『妖怪ウォッチ』(ニンテンドー3DS)のマンガ連載が、月刊コロコロコミック(小学館)にて2012年12月15日よりスタートすることを発表した。


00_ロゴ.jpg

■妖怪ウォッチとは?
本作は、『イナズマイレブン』『ダンボール戦機』に続く、クロスメディアプロジェクト第3弾。この最新作のテーマとなるのは、“妖怪のいる日常”。物語の舞台は、サクラニュータウンという町。じつは不思議な妖怪がいっぱい暮らしている。この町で、いろんな思い出を作ろう!


02_ケータ.jpg 03_ウィスパー.jpg 04_ジバニャン.jpg 01_イラスト.jpg

ケータ(天野景太)
小5・11歳。主人公。性格は比較的前向きなふつうの少年。

ウィスパー
ケータにつきまとう妖怪執事。

ジバニャン
地縛霊のネコ。腰に巻いているのは“呪いふだ”。

06_画面写真.jpg 05_画面写真.jpg

■妖怪のいる世界を、子どもたちの日常とともに描く
マンガ版『妖怪ウォッチ』ではマンガ家の小西紀行先生の手によって、個性豊かな妖怪たちや等身大の子どもたちが生き生きと描かれる。


07_まんがイラスト.jpg


(C)LEVEL-5 Inc.