“Windows 8”発売、前夜祭やカウントダウンイベントで東京・秋葉原は大盛り上がり

マイクロソフトの新たなPC及びタブレット端末用オペレーションシステム(OS)となるWindows 8が2012年10月26日に発売を迎えた。東京・秋葉原にあるTWOTOP 秋葉原本店ではカウントダウンイベントが実施。TWOTOP 秋葉原本店に訪れた日本マイクロソフト 代表執行役社長の樋口泰行氏と、発売を待ち構えるユーザーたちがWindows 8の発売を祝った。

●カウントダウンイベントには日本マイクロソフトの樋口社長も登場

 マイクロソフトの新たなPC及びタブレット端末用オペレーションシステム(OS)となるWindows 8が2012年10月26日に発売を迎えた。東京・秋葉原にあるTWOTOP 秋葉原本店ではカウントダウンイベントが実施。会場に訪れた日本マイクロソフト 代表執行役社長の樋口泰行氏と、発売を待ち構えるユーザーたちがWindows 8の発売を祝った。イベント終了後にほかのパソコン店を視察した樋口氏は、「夕方(前夜祭)からずっと手応えを感じっぱなしでしたが、深夜にも関わらずたくさんの方にWindows 8をお買い上げいただき、さらに手応えを感じています。年末商戦を盛り上げていきたい」と感想を語った。


DSC_0057.JPG DSC_0085.JPG

▲TWOTOP 秋葉原本店にてWindows 8の発売日を迎えた樋口氏。

▲樋口氏が視察に訪れたTSUKUMO eX.には、Windows 8を求める人で行列が!

 また、Windows 8の発売前日となる10月25日には、東京・ベルサール秋葉原にて、“前夜祭”が開催。豪華ゲストを招いてのトークショーやスペシャルライブなどが行われ、待ちに待った新製品の発売を華やかに盛り上げた。ここからは、前夜祭の模様をリポートしよう。


001.jpg 004.jpg 005.jpg 006.jpg

 最初に登壇した日本マイクロソフト 代表執行役社長の樋口泰行氏は、「ブームを起こしたWindows 95を超える画期的なOS」であると、Windows 8への自信をアピールし、「年末商戦を皮切りに、IT業界の活性化に貢献したい」と挨拶した。


003.jpg 002.jpg

 続いて、トークセッション“This is Windows 8”では、米国人コメンテーターのデーブ・スペクター、声優の古谷徹、ブロガーの桃が登場し、Windows 8の魅力をそれぞれ語った。まず、「OSが新しくなるたびに、新しいパーツを使ってPCを自作しています。デザインや性能など、自分の好きなように作ることができるので、完成したときには達成感がありますし、愛着が沸きます」と、PCを自作するほどPCに詳しい古谷徹は、Windows 8について「タブレット端末は持っていませんが、データをほかのデバイスと共有できるし便利だと思います」とコメント。仕事柄インターネットで情報収集をしない日はないというデーブ・スペクターは、「いつもPCを持ち歩いていて、嫌いな芸能人へ嫌がらせのメールを送っています」と、おなじみの(?)のギャグを飛ばしながらも、「いまはスマートフォン、タブレット端末、PCがマストアイテムになっているので、各デバイスのOSがWindows 8で統一できるのはうれしいですね」と述べた。


007.jpg 009.jpg 008.jpg

 Windows 8のテレビCMに出演しているパルクールパフォーマーの島田善と、CMの楽曲を提供したガールズバンド“SCANDAL”による“Windows 8 CMスペシャルトークショー”。このトークセッションでは、テレビCM収録時の裏話や完成したテレビCMを見ての感想などがそれぞれ語られたほか、「私たちもWindows 8を体験して、みんなにWindows 8のよさを伝えたいです」(SCANDAL)、「Windows 8のCMを見て、パルクールに興味を持ってくれた方たちといっしょに、トレーニングできたらうれしいです」(島田)と、集まったファンたちへメッセージも送られた。


012.jpg 0.jpg

 そして、前夜祭・前半のラストを飾ったのは、女性アーティスト、クリスタル・ケイによる“Windows 8 Special Live”。Windows 8のスタート画面に合わせて、カラフルな衣装にしたというクリスタル・ケイは、『Superman』や『デリシャスな金曜日』など、5曲を熱唱。会場は大きな拍手と歓声に包まれた。


1.jpg 2.jpg
3.jpg 4.jpg

 前夜祭の後半は“自作誌編集長とライターが語る!DSP版Windows 8パネルディスカッション”が実施。テクニカルライターの高橋敏也氏による司会進行のもと、週刊アスキー、DOS/V POWER REPORT、日経WinPCの3誌の編集長らがパネリストとして登場し、Windows 8の注目ポイントやWindows 8用自作PCのパーツの選びかたなどが語られた。また、このセッションには、自作応援キャラクターである“窓辺ゆう”と“窓辺あい”の声を担当した声優の西明日香、田村奈央も応援に駆け、会場を盛り上げた。


6.jpg 5.jpg 7.jpg