『武装中学生(バスケットアーミー)』のサトシ役を演じる古川慎さんにインタビュー

あらかじめ用意された世界を舞台に、プロ・アマ問わず、様々な作り手が、様々なかたちで、様々な物語を創る機会を設けるXXolution project:(エグゾリューション プロジェクト)。その第一弾作品『武装中学生(バスケットアーミー)』のオーディオドラマ最新エピソード、サトシ編でサトシ役を演じた声優・古川慎さんにインタビュー!

●武装中学生のひとり、吉野サトシの生い立ちといま

新しいフォルダ/satoshi_z.jpg

 2012年10月11日に、『武装中学生』公式サイト(→こちら)にて配信開始され、同年10月25日には第二話が配信されたばかりの、オーディオドラマ武装中学生のサトシ編。今回は、主人公のサトシ役を演じる古川慎(ふるかわ まこと)さんにお話をうかがった。

――オーディオドラマ収録を終えて

古川慎さん(以下、古川) 僕自身、長時間の収録は初めてでしたので、本当に緊張しました。緊張はありましたけれども、サトシ君を演じているときはとても楽しかったです。

――サトシに対する印象の変化

古川 当初の話ですが、サトシ君は8人の中学生たちの中でも、素直で、誰にでも優しく、誰とでも打ち解ける明るさを持っている印象でした。ノベル『武装中学生』でも、その印象と変わらない感じで描かれていますが、今回、オーディオドラマの台本を見て、そして演じることで、「ただ明るいだけではない」ということがわかりました。

――具体的には?

古川 僕が中学生だったころと同じく、サトシ君自身も思春期を迎え、親に反抗もしたりする男の子だったということです。これって現実世界では当たり前かもしれませんが、“キャラクター”であることを考えると、サトシ君は“ムードメーカー”としての役割を与えられており、僕もそのキャラクター性を損なわないように演じなければと思うはずなんです。でも実際、オーディオドラマでは、明るく無邪気だけれど、その結果、友達や親しい人たちを傷つけたりしてしまい、サトシ君自身も自分の無知と無邪気さに後悔するという……。


新しいフォルダ/satoshi_bustup.jpg

▲国際社会で力と地位を失いつつある日本にあって、吉野サトシは、小学生ながら国の未来を憂い、外国や外国人に対する偏見を持つ。そんなサトシの外国人に対する何気ない言葉が原因で、親友のひとりを失ってしまう。

――オーディオドラマで描かれる物語について

古川 ノベルを読んでいて、親友として描かれている(鶴見)タロウ君との関係が気になっていたんですが、オーディオドラマで、二人の出会いのきっかけや、タイトルにあるとおり「級友から親友」になっていく様を知ることができたのはよかったですね。あとは……第四話ですね。ビックリしました。「終わってないのに終わってる!」と(笑)。聴いていただければ、ますますノベル武装中学生の展開が気になると思います。サトシ君について言えば、このオーディオドラマとノベル武装中学生を通して、彼がどのような経験を経て、どのように成長していくのかが分かると思います。ですので、ノベルを読んで、オーディオドラマを聴いて、またノベルを読んで、サトシ君の成長物語を楽しんで、そして見守ってほしいですね。

――古川さん自身が気になる他キャラクター

古川 松浦アンです。ノベルを読んでいる方は分かると思うんですけど、サトシ君はアンのことが好きですよね。でも、アンはヨウジ君といい関係といいますか……どうせサトシ君はアンとくっつくことはないんだろうなと想像しつつも、やっぱり気になりますよね。物語の中のサトシ君と同じ心境です(笑)。


【配信スケジュールとキャスト】
・公開中 ~第一話 なくしたチャンス(→こちら

吉野サトシ/古川 慎
山川リクオ/髙橋孝治
辻ハルヒコ/深町寿成
園部理人/大木民夫
ナレーション/宮林 康

・公開中 ~第二話 お爺ちゃんが遺してくれたもの(→こちら

吉野サトシ/古川 慎
吉野 保/遠近孝一
吉野里奈/百々麻子
ナレーション/宮林 康

・11月8日(木) ~第三話 級友から親友へ

吉野サトシ/古川 慎
鶴見タロウ/小田柿悠太
松浦アン/平田真菜
名取トウコ/小清水亜美
ナレーション/宮林 康

・11月22日(木) ~第四話 もっともっと遠くへ

吉野サトシ/古川 慎
鶴見タロウ/小田柿悠太
松浦アン/平田真菜
名取トウコ/小清水亜美
黄社長/土師孝也
ナレーション/宮林 康


【スタッフ】
脚本/野島一成
音楽/川井憲次、カワイヒデヒロ
効果/中野勝博
調整/内田 誠
演出/亀山俊樹


1026ドットコムニュース叩き/古川 慎・宣材写真.jpg

古川 慎
スペースクラフト・エンタテインメント所属
主な出演作
ゲーム『葬送鬼レギナルト』レギナルト役
アニメ『獣旋バトル モンスーノ』レフティ役

【武装中学生 バスケットアーミーとは】
あらかじめ用意された世界を舞台に、プロ・アマ問わず、様々な作り手が、様々なかたちで、様々な物語を創る機会を設けるXXolution project:(エグゾリューション プロジェクト)の第一弾作品が『武装中学生(バスケットアーミー)』です。『ファイナルファンタジー』シリーズなどで知られる野島一成氏が手掛ける小説を中心にショートアニメ、コミック、オーディオドラマのほか、小説・コミックの投稿サイト、E★エブリスタにてコンテストを展開中。


syugou1_true11.jpg

-武装中学生 ストーリーイントロダクション-
2026年8月、富士演習場――
名取トウコが所属する
私立東都防衛学院中等部三年二組は、
担当教官である神谷指導のもと、
夏季総合演習の最中にあった。

その過酷な訓練も、いよいよ最終日。
トウコたちを労う神谷は、
「最新兵器研究」と題した“課外授業”を提案する。

そして……事件は起こる。

何者かによる突然の襲撃。
響き渡る銃声、怒号、断末魔、
血の海に崩れ落ちる――。

前代未聞の事件をきっかけに
世間から「武装中学生」と揶揄される
15歳の少年少女たち。

そんな少年少女たちの未来を奪い去ろうと、
襲撃者たちの影が忍び寄る……。




(C) 2011, 2012 ENTERBRAIN, INC.