ゲームデザイナー 桝田省治からのメッセージ

2012年9月20日、千葉県の幕張メッセで東京ゲームショウが開幕。開幕直後、ソニー・コンピュータエンタテインメントブースのメインスクリーンに映し出されたのは、ゲームデザイナー桝田省治氏のメッセージ。まったく予告なく流されたものだが、たまたま編集部の記者がその一部始終をカメラに収めたので、桝田氏のメッセージ(原文)とスクリーンに映し出された映像をそのままお伝えしよう。

ゲームデザイナー 桝田省治からのメッセージ
 ※"俺の屍を越えてゆけ"という墨字の文字が映し出される。
昨年の東京ゲームショウで発表した『俺屍』の続編だが、
現在も東京と熊本を行き交いながら制作を進めている。
まだ詳しくお伝えするには至らないが、昨年同様にメッセージだけでは芸がない。
そこで今年は、制作途中のモノを少しだけお見せしようと思う。
 ※多彩なキャラクターたちの設定画、そしてゲーム画面と思われるものが映し出される。
ついでに出血大サービス。
 ※キャラクターステータス画面が映し出される。
拡散、共有、参加、QRコード、ネコ耳。
気になるだろうがツイッターで質問されても今は答えられない(笑)
ということで、発売するプラトフォームはこれに決めた。
 ※プレイステーション Vitaのロゴが映し出される。
ここで言うのもわざとらしいが、
PS VITAだからできた新しい『俺屍』だ。
 ※最後に『俺の屍を越えてゆけ』のロゴが映し出されて映像は終了。

 ちなみに、映像が流れた後、SCEの広報を直撃したところ、「桝田さん個人のメッセージということですので、ノーコメントでお願いします」ときびしい答えが。めげずに問い合わせたが「正式発表をお待ちください」とのことだった。桝田氏の動向に、今後も注目したい。