●アークシステムワークスの新作アドベンチャーゲーム2タイトルのPVを公開

 2012年9月20日から開催されている東京ゲームショウ2012(一般公開は22日、23日)にて、アークシステムワークスは、杉田智和・御立弾原案による同人ゲーム『月英学園』の家庭用移植を発表。また、アークシステムワークス初のアドベンチャーProject第1弾作品として発表されていた『XBLAZE(エクスブレイズ)(仮題)』の続報を公開した。なお、2タイトルとも2013年春発売予定、対応ハードは未定となっている。

 『月英学園』は、声優の杉田智和とシナリオライターの御立弾原案による同名同人小説・ゲームをベースにした作品。家庭用版では、シナリオやキャラクター、音楽などを一新し、シリーズファンのみならず、伊藤賢治を始めとした豪華クリエーター陣を起用し、杉田智和とアークシステムワークスが最強タッグを組んだ注目作。
 一方、『XBLAZE(エクスブレイズ)(仮題)』は、同社の人気対戦格闘ゲーム『ブレイブルー』のプロデューサーを務める森利道氏原案によるアドベンチャーゲーム。アークシステムワークス初の“アドベンチャーProject”第1弾作品として、タイトルとキャラクターイラストのみが公開されていた。今回続報として、マルチメディアクリエーター“あかほりさとる”率いるマルチコンテンツ創作集団“SATZ”がシナリオを担当することが明らかに。

●2タイトルの最新PVが公開

●アークシステムワークス新作プレゼンテーションで森氏と杉田が意気込みを語る

 東京ゲームショウ2012にて行われたアークシステムワークスの新作プレゼンテーションで、今回公開されたPVが放映された。『XBLAZE(エクスブレイズ)(仮題)』と『月英学園』について森プロデューサーは、つぎのようにコメントしていたぞ。

『XBLAZE(エクスブレイズ)(仮題)』ついて森氏は、対応ハードは未定ながら2013年春の発売を目指しているという。すでにメインキャストの声優オーディションが終了していることに触れ、「『ブレイブルー』のほうが超有名な声優ばかりを起用しているため、一からがんばっていくという意味も込めて若手声優を中心にキャスティングした」そうで、キャストの中には10代の方もいるとのこと。

つぎに『月英学園』については、声優の杉田がキャスティングを行っているそうで、そのキャストを見た森氏は「僕もビックリするくらい豪華なキャストでした」と、森氏を驚かせるほどの豪華なキャストとなっているようだ。さらにシナリオについては「杉田ワールド全開でした」、「杉田君の人間性や価値観に興味のある人はぜひご期待いただきたいですね」と森氏。また、原作者である杉田智和からビデオレターによるメッセージが公開された。メッセージの冒頭で杉田は「今回、家庭用ゲーム化の機会を与えてくれたアークシステムワークスにとても感謝しています」と挨拶。そして、「制作する側にまわり、視点を変えることによって、本業の声優にプラスとなる新しいものが見えてくるのではないか?」と、プロジェクト立ち上げのきっかけを語っていた。ちなみに、開発進行度はまだ8%くらいだそうで、これから本格的に制作に力を入れていく段階のようだ。最後にファンへのメッセージとして「ご期待くださいとはあえていいません。世の中に訴えたいことがあるのならば、作品を作り続けるしかないと考えています。だから、『月英学園』の中には僕の訴えたいことが詰まっています。それがみなさんの感性に少しでもフィットしてくれたら、こんなにうれしいことはありません」と本作にかける想いを語り、ビデオレターのメッセージを締めくくっていた。