●伝説のウメヌキ対決も実現!

 2012年4月28日~29日の期間、千葉県の幕張メッセで開催されている大型イベント“ニコニコ超会議”にて行われた対戦格闘ゲームイベント“超闘劇”2日目の模様をリポートする。

 超闘劇では、エンターブレインが主催する国内最大規模の対戦格闘ゲーム大会“闘劇”の特別予選を開催。種目は、初日の2012年4月28日は、『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション Ver.2012』(以下、『スパIV AE』)、『バーチャファイター5 Final Showdown』(以下、『バーチャ5』)、『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』(以下、『ストIII 3rd』)の3タイトル。2日目の4月29日は、『アクアパッツァ』、『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』(以下、『P4U』)、『鉄拳タッグトーナメント2 アンリミテッド』(以下、『鉄拳TT2』)の3タイトルとなっている。この特別予選での勝利者は、ブロック決勝などを経ずに、一発で闘劇2012決勝大会への出場を得ることができる。

●『アクアパッツァ』は、リアルもゲームも充実している小路KOG選手が優勝!

 アクアプラス作品の人気キャラクターが登場する2D対戦格闘ゲーム『アクアパッツァ』。さまざまなゲームからの新規参入プレイヤーが多いタイトルだ。そんな本作の決勝に勝ち上がったのは、『スパIV AE』でも強豪プレイヤーとして知られる“小路KOG”選手(たまき)と、過去に『ギルティギア』シリーズで活躍し、本作でも闘劇2011ベスト4の成績を残している小川選手(このみ)。

 決勝戦は、“機動力の高いこのみの攻めをさばき、たまきがいかに強力な投げ技を決められるか”に注目が集まった。1ラウンド目、開幕から“パートナーキャラクター”による果敢な攻めを展開する小川選手の攻めを凌ぎ、隙をついて小路KOG選手が強力な投げ技を決めて1ラウンド目を先取。小路KOG選手は続く2ラウンド目も立て続けに強力な投げ技を決め、最後は超必殺技でフィニッシュ。小路KOG選手が見事優勝をおさめた。前日2012年4月26日に、ニコニコ超会議会場に設置された“ニコニコ神社”にて結婚式を挙げた小路KOG選手は「会場のみなさんも結婚できるように」と優勝後のコメントを残した。ちなみに、チーム戦となる本戦はトミー選手と参加するとのこと。

『アクアパッツァ』の決勝戦、小川選手と小路KOG選手。

●『P4U』では、雲外鏡選手が他を寄せ付けずに完勝!

 2012年3月に稼働したばかりの『P4U』は、対戦格闘ゲームの中でいまもっとも勢いのある作品だろう。ギャラリーの集まりも本日行われた3タイトルの中でダントツで、注目度の高さをうかがわせた。

 決勝戦は、堅実な立ち回りが持ち味の“かすみLOVE”選手(鳴上 悠)、爆発力のある攻めを得意とする“雲外鏡”選手(アイギス)で争われた。かすみLOVE選手の使う鳴上は、リーチの長い“B”や判定の強い“しゃがみB”を使った、相手を寄せ付けない立ち回りが得意な万能型キャラクター。対する雲外鏡選手の使うアイギスは、“オルギアモード”という強化モードを発動することで、強力なコンボや攻めが展開できる。ただし、オルギアモードには時間制限があり、使いこなすのが難しいテクニカルなキャラクターとなっている。ちなみにこの組み合わせは、解説スタッフによると「アイギスは、オルギアモードの攻めを鳴上に止められやすいためやりにくいはず」と解説。さらに、実況スタッフが「雲外鏡選手は、鳴上を苦手にしているそうです」と付け加えた。

 このことから雲外鏡選手が不利と思われた決勝戦だったが、フタを開けてみると予想に反する一方的な展開となった。雲外鏡選手は、かすみLOVE選手の牽制の隙を突いて的確に技を差込み、必殺技の“メギドファイア・改”を絡めた大ダメージコンボを決めていく。さらに、コンボからガード方向のわかりにくい連携攻撃でラッシュを仕掛ける得意の勝ちパターンに持ち込む。相手の苦し紛れの“逆ギレアクション”をガードするなど、要所での鋭い“読み”も光り、雲外鏡選手が2ラウンド連取して完勝した。圧倒的な強さで優勝した雲外鏡選手に解説スタッフは「レベルの高い大会となりましたが、その中でも雲外鏡選手は強すぎた」とコメント。ただ「決勝大会までまだまだ時間があるので、どうなるかわからない」と雲外鏡選手と言えど、油断はできないことを付け加えていた。

かすみLOVEを圧倒した雲外鏡選手が『P4U』で優勝。

●『鉄拳TT2』の切符は、最強の三島使い“りょう”選手の手に!

 闘劇種目としてもはやおなじみとなった『鉄拳』シリーズ。2012年の闘劇種目に選ばれたのは、2012年3月にバージョンアップされた『鉄拳タッグトーナメント2 アンリミテッド』。2対2だけではなく、1対2、1対1でも対戦できるようになっている。そんな本作で決勝進出を果たしたのは、国内最強クラスの三島使いと呼び声の高い“りょう”選手(デビルジン、ヘイハチ)と、ファランのトッププレイヤーとして知られるミスター選手(ファラン、ヨシミツ)。どちらも1キャラではなく、2キャラを選択して2対2の対戦となった。実況スタッフによると、ふたりは立川の同じゲームセンターをホームにしているそうで、相手の手の内は把握しているとのこと。そのためか、お互い距離をとって慎重な立ち回りを展開。ミスター選手が相手の下段攻撃に対してジャンプ攻撃を合わせたり、さばいたりといった鋭い読みを見せれば、りょう選手が風神拳からのコンボを決めて反撃するなど、一進一退の攻防をくり広げていた。最終ラウンドまでもつれ込む決勝戦にふさわしい激戦は、勝負強さを見せたりょう選手が僅差で勝利を収めた。試合後のコメントでは“ゆき”選手とともに決勝大会に挑むことを明かしていた。

りょう選手。
ミスター選手。

●スタープレイヤーが勢ぞろいしたコンセプトマッチ!

 ニコニコ生放送終了後、数々の伝説を残しているプロゲーマー“ウメハラ”選手(リュウ)を始め、公式全国大会優勝の“MDR”選手(ルーファス)、闘劇2011の覇者“かずのこ”選手など、10名のスタープレイヤーを招待しての『スパIV AE』のコンセプトマッチが行われた。

コンセプトマッチは、ランダム2ON2のトーナメント形式という特別ルールで実施。まず、各選手がくじ引きを行って同じ番号を引いた選手とチームを組み、チームの代表者が再度くじ引きを行い、番号の若いチームから順番にトーナメント枠を決定した。チームの詳細は下記の通り。

【コンセプトマッチチーム表】
1、MDR選手(フーファス)・ももち選手(コーディー)
2、ウメハラ選手(リュウ)・かずのこ選手(ユン)
3、ときど選手(ゴウキ)・ハイタニ選手(まこと)
4、マゴ選手(フェイロン)・うりょ選手(さくら)
5、ヌキ選手(セス)・ふ~ど選手(フェイロン)

全国大会や闘劇などで実績を残してきた10名のスタープレイヤーが登場。
チームを決める運命のくじ引き。
かずのこ選手とのタッグについて「前バージョンなら圧倒的なチーム」とウメハラ選手。
ヌキ選手とは「『バーチャ』以来5年ぶりですね」というふ~ど選手は、敗戦後に「つぎはまた5年後に組みたい」とコメントして笑いを誘っていた。
コンセプトマッチのトーナメント表。

 まずは2ON2のルールをおさらい。ルールは“早稲田式”と呼ばれているもので、各チーム先鋒と大将どうしがそれぞれ試合を行い、2勝したほうの勝ちとなる。1勝1敗の場合は勝者どうしの決定戦によりチームの勝敗が決定する。

 多数のスタープレイヤーが集結したコンセプトマッチだが、ギャラリーの視線を集めていたのはやはりウメハラ選手だろう。ウメハラ選手の1回戦の相手は、ヌキ選手・ふ~ど選手のチーム。コンセプトマッチということでお互い空気を読んだのか、先鋒戦はウメハラ選手対ヌキ選手。格闘ゲームファンなら誰もが知っているであろう、長年全国大会で名勝負をくり広げてきたライバルどうしの対決だ。まだ本作は始めたばかりというヌキ選手だったが、果敢な前方ステップから投げ技“スクリューパイルドライバー”を決め、ガード方向のわかりにくい“セットプレイ”を決めるなど、早くもトッププレイヤーとわたり合える実力が備わっているようだった。試合のほうも、最後はどちらかが1発技を当てれば勝負が決まるというかつての名勝負を思い起こさせるような接戦となり、ウメハラ選手が勝負を決めた瞬間はギャラリーから大歓声が上がっていた。今回は、ウメハラ選手に軍配があがったが、ヌキ選手は「闘劇本戦へ出場するため、相当やり込んでいる」そうなので、闘劇本戦での再戦でのリベンジに期待したい。

伝説のウメヌキ対決が実現。

 ウメハラ選手・かずのこ選手チームは、2回戦でときど選手・ハイタニ選手チームと当たる。ここではウメハラ選手がハイタニ選手の怒涛の攻めに飲み込まれて負けてしまったが、かずのこ選手がときど選手、ハイタニ選手を倒してチームを救い、決勝へとコマを進めた。

ウメハラ選手の敗退をかずのこ選手がフォロー。

 コンセプトマッチの決勝戦は、初戦でMDR選手・ももち選手チームを撃破したマゴ選手・うりょ選手チームとウメハラ選手・かずのこ選手チームの組み合わせ。

先鋒戦は、うりょ選手対ウメハラ選手。前日4月28日のトーナメントではうりょ選手が勝っている組み合わせのため、ウメハラ選手のリベンジが期待された。ウメハラ選手は、試合序盤は飛び道具の“波動拳”を中心に牽制し、相手の“ゲージ”が溜まっている時間帯はさくらの各種飛び道具対策になる“EX必殺技”とジャンプ攻撃を警戒して少しずつ下がりながら戦うスタイル。このスタイルに対してうりょ選手は、じっくり近づきながら隙をうかがい、要所でジャンプ攻撃からのコンボを狙ったり、ウメハラ選手の“しゃがみ中キック→波動拳”という連携に無敵時間のあるEX必殺技で割り込んでいくという、波動拳対策を見せる。これにはウメハラ選手も安易な行動を取れないため、端に追い詰められる展開に。勝負の決まる3ラウンド目も守りながら戦うウメハラ選手。試合終盤、お互い残り体力がわずかになったとき、いったん距離を取るうりょ選手に対してウメハラ選手は、一瞬気を許したのか何気ない“波動拳”をくり出す。うりょ選手はこの一瞬の隙を逃さず“EXさくら落とし”を決めてウメハラ選手を撃破。

 続くマゴ選手とかずのこ選手の大将戦では、2回戦のようなかずのこ選手の粘りが期待されたが、マゴ選手がフェイロンの必殺技“烈火拳”でぐいぐい攻め込んでかずのこ選手を圧倒。ラウンド2-0でかずのこ選手を倒し、チームの優勝を決めた。

ウメハラ選手をフォローしたかずのこ選手も決勝で力尽きる。

以下、試合後のコメント

うりょ選手「前日に続いて今日も勝ててうれしいです」
マゴ選手「うりょが思ったより強くて頼もしかった。次回は俺がうりょを倒したいですね」
ウメハラ選手「おもしろいチームが組めたけど、思ったよりイベントが短かくて残念です」
かずのこ選手「この中でチームを組んだらいちばん緊張する人とチームメイトになったわけですが、それなりにやれてよかったです」

●マッドキャッツブースも大盛況!

 ウメハラ選手らプロゲーマーをサポートするメーカー“マッドキャッツ”のブースが、超闘劇会場に隣接する形で出展されていた。マッドキャッツ製のアーケードスティックや、プロゲーマー着用モデルのTシャツといったグッズが販売されていたほか、ウメハラ選手、ときど選手、マゴ選手による『スパIV AE』組み手やサイン会、記念撮影が行われていたぞ。

チームマッドキャッツの3人。左からマゴ選手、ウメハラ選手、ときど選手。
マッドキャッツブースではさまざまなグッズが売られていた。いちばん人気はウメハラ選手仕様のTシャツとのこと。
組み手とサインを行うときど選手。
ウメハラ選手も組み手やサインを行っていた。

記事担当:豊泉三兄弟(次男)