『バカとテストと召喚獣 ポータブル』人気作がボードゲームに

テレビアニメ化もされて人気沸騰中のライトノベル『バカとテストと召喚獣』が、PSPでゲーム化決定。

●愛すべきバカたちがボードゲームで対決!

 テレビアニメ化もされて人気沸騰中のライトノベル『バカとテストと召喚獣』(以下、『バカテス』)が、PSPでゲーム化決定。本作は、『バカテス』でおなじみのキャラクターたちによる戦い“試験召喚戦争(通称“試召戦争”)”を体験できるボードゲームだ。ゲーム中では、ルーレットを回してボード上を周回する“すごろくパート”と、各キャラクターたちとの会話が見られる“かけあいパート”を交互に楽しめる。おなじみのキャラクターたちとボードゲームで競い合おう。

■誰よりも多く備品を集めてゴールを目指す“すごろくパート”

 ルーレットを回してボード上を周回しながら、備品やお金をゲットしていくパート。ゲームはスタートマスから開始。お金で備品マスを買ったり、“召喚獣バトル”に勝つことで備品を集めていき、より多く備品を集めたキャラクターが勝利となるのだ。

▲各所に点在しているチェックポイントをすべて通過してスタートマスまで戻ると、お金がゲットできる。

■召喚獣バトル

 対戦相手の備品マスに止まると、召喚獣バトルを仕掛けられる。バトルで勝利すると相手の備品を奪えるのだ。一発逆転を狙えるシステムだ。

■備品揃えボーナス

 特定の種類の備品を揃えていくことで、備品の価値が上がるシステム。自分の所持している備品を増やしてボーナスを狙いつつ、相手の備品所持を妨害することが勝利を引き寄せる重要なポイントとなってくるのだ。

■学園長のシステム・テスト

 学園長の藤堂カヲルが突然現れ、“システム・テスト”と称して、自分の備品を突然交換させられるなど、ランダムでさまざまなハプニングを発生させる。このハプニングが逆転につながるきっかけになることも……!?

■キャラクターどうしの会話イベントを楽しめる“かけあいパート”

 すごろくパートを勝ち抜くと、イベントが楽しめる。ストーリーは操作キャラクター9人ごとに異なり、多彩なイベントが展開する。

※詳しくは週刊ファミ通2月2日号(2012年1月19日発売)をチェック!!


バカとテストと召喚獣 ポータブル
メーカー 角川ゲームス
対応機種 PSPPSP
発売日 2012年発売予定
価格 価格未定
ジャンル ボードゲーム・アドベンチャー / アニメ
備考 限定版は価格未定、原作:井上堅二

(C) 2011 Kenji Inoue/PUBLISHED BY ENTERBRAIN. INC./バカとテストと召喚獣2制作委員会 (C) Kenji Inoue/角川書店 ※画面は開発中のものです。