『かまいたちの夜×3』緊急メールインタビュー。ゲーム中の演出や表現は当時のままに。『1』や『2』の移植版はファンからの声で今後検討!?

更新
『かまいたちの夜×3』緊急メールインタビュー。ゲーム中の演出や表現は当時のままに。『1』や『2』の移植版はファンからの声で今後検討!?
 2024年6月18日に配信された“Nintendo Direct 2024.6.18”(ニンテンドーダイレクト/ニンダイ)。本番組にてスパイク・チュンソフトより発売される『かまいたちの夜×3』が発表された。

 スパイク・チュンソフトへ緊急メールインタビューを実施したところ、プロジェクトマネージャーの篠崎朋也氏から回答をいただいた。Nintendo Switch、プレイステーション4、PC(Steam)への移植の経緯やゲーム中の演出/表現、追加要素について訊いたので、ぜひチェックしてほしい。
広告

――『かまいたちの夜×3』の移植が決まった経緯を教えてください。“かまいたちの夜”シリーズの中でも、1作や2作目ではなく、シリーズ完結編にあたる本作を選んで移植したのはなぜでしょうか?

篠崎
 いままで他機種に移植していなかったことと、『かまいたちの夜×3』は1作目・2作目のメインストーリーが収録されているので、久しぶりに“かまいたちの夜”を遊ぶ方と、初めて“かまいたちの夜”を遊ぶ方にも最適と考えました。

――本作はいわゆる現行機への移植がベースで、そこに追加要素が加わったということでしょうか? 追加要素以外で、たとえばグラフィック、操作、セーブまわりの仕様などに変化はありますか?

篠崎
 はい。PS2版をベースに移植しており、サウンドプレイヤーと初代『かまいたちの夜』風ドットフォントを追加しています。大きな仕様変更はありませんが、現行機に合わせてグラフィックをサイズ調整したり、セーブ処理などは早くなっています。

――『かまいたちの夜×3』を現在に復活させるうえで、とくにこだわったポイントはありますか? 苦労したポイントもあれば教えてください。

篠崎
 ゲーム中の演出や表現は、作品のオリジナリティを尊重し、制作当時のままの内容にしています。“かまいたちの夜”シリーズを遊んだことのある方が、発売当時を思い出してくれたらうれしいです。

――シリーズ1作目、2作目のメインストーリーは、任意のタイミングでプレイできるのでしょうか?(『×3』のプレイの進捗などと関係なく遊べる?)

篠崎
 任意のタイミングでプレイ可能です。久しぶりに遊ぶ方が多いと思うので、ぜひシリーズ1作目→2作目→完結編の順番で遊んでいただくことをおすすめします。

――シリーズ1作目、2作目のメインストーリーというのは、いわゆる本編のクリアーまでは、バッドエンドも含めて楽しめるのでしょうか? 『1』のスパイ編、『2』の陰陽編など、本編クリアー後に解禁されるルート以外は、選択肢もそのまま楽しめますか?

篠崎
 シリーズ1作目、2作目のメインストーリーにも、バッドエンドが含まれていますので、サウンドノベルの特徴である、選択肢によるシナリオの変化を楽しんでもらえたらと思います。

――追加要素と予約特典に関して、それぞれ実装に至った経緯と魅力を教えてください。

篠崎
 “かまいたちの夜”シリーズは、記憶に残る名曲が多いので、“サウンドプレイヤー”でいつでも試聴できるようにしました。また“ドットフォント”に切り替えることで、より懐かしい雰囲気でプレイしてもらいたいと思っています。

 予約特典の“かまいたちの夜 アニバーサリーアレンジパック”は、初代
『かまいたちの夜』の楽曲を手掛けた加藤恒太さんに、シリーズ1作目のBGMを新たにアレンジしていただきました。

 当初はミニアルバムくらいを想定していたのですが、加藤さんのご厚意で“全20曲65分以上”という30周年記念にふさわしいフルアルバムになりました。アルバムを通して聴くことで、ゲームを追体験できるような選曲と構成になっていますので、初代
『かまいたちの夜』をやりこんだ人には、ぜひ聴いてもらいたいです。

――この機会に“かまいたちの夜”シリーズを初めてプレイする方も多いと思います。まだ遊んだことのないユーザーに向けて、本作の魅力をアピールしてください。

篠崎
 “かまいたちの夜”シリーズはサウンドノベルの中でも、いちばん人気のある作品です。ゲーム自体は古い作品になりますが、名作映画のように、初めてプレイしていただく方にも、普遍的なおもしろさを体験いただけると思います。

――本作の発表を受けて、シリーズのファンであれば『1』や『2』の移植も、期待が高まると思うのですが、今後の可能性はあるのでしょうか?

篠崎
 “かまいたちの夜”ファンから多くの声が上がれば、今後検討できるかもしれません。

――“かまいたちの夜”は今年30周年を迎えました。本作の発売のほかに、ファンが喜ぶような施策はあるのでしょうか?

篠崎
 “かまいたちの夜~THE LIVE~”という舞台公演が、2024年6月20日(木)から始まります。『かまいたちの夜』シナリオ担当の我孫子先生が監修していて、観客のジャッジによってルートが分岐する仕掛けが用意されています。詳しくはインタビューを読んでいただいて、ぜひ舞台にも足を運んでもらえたらと思います。

――ファンや読者に向けてメッセージをお願いします。

篠崎
 いまでも“かまいたちの夜”が話題に上がったり、多数の方がゲーム実況していただいたり、本当にありがたいかぎりです。“かまいたちの夜”30周年という節目にリリースとなりますので、『かまいたちの夜×3』を一から完結編まで通して遊んでみてください。
    この記事を共有

    本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります

    週刊ファミ通
    購入する
    電子版を購入