【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2017年04月10日〜2017年04月16日

依然として新作が少ない中で、『モンスターハンターダブルクロス』が5週連続のトップ

面白法人カヤックが人工知能研究開発室“カヤックAI部”を設立し、AIの新技術に関する特許を出願!

カヤックは、人工知能(AI:Artificial Intelligence)におけるニューラルネットワークを構成するための新技術に関する特許出願を発表。あわせて、人工知能研究開発室“カヤックAI部”を設立した。

究極の2D表現に特化した専門スタジオ“Live2D CreativeStudio”の設立を発表

Live2Dは2017年3月23日、2Dのまま立体表現を可能にする表現技術“Live2D”の制作に特化した専門スタジオ、“Live2D CreativeStudio”を設立。オフィシャルウェブサイトを公開した。

世界のeスポーツ市場を分析した『eスポーツグローバルマーケットレポート2016』が1月30日に発売

カドカワは、『eスポーツグローバルマーケットレポート2016』を2017年1月30日に発売すると発表した。

プレイステーション4が2016年の年末・年始商戦期に世界合計620万台実売を達成 累計販売台数5340万台に

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、販売中のプレイステーション4について、2016年の年末・年始商戦期において620万台以上の実売を達成、2017年1月1日(日)時点で累計実売台数5340万台を超えたことを発表した。

こうかはばつぐんだ! 『ポケモンGO』ラプラス出現率アップで宮城・石巻に10万人の観光客、経済効果は20億円に

宮城県・石巻市は、スマートフォン用アプリ『ポケモンGO』関連イベントの観光客入込数などを発表。

カドカワが2016年春夏アニメの視聴者プロファイルを分析、5~9歳の視聴者数第1位は『妖怪ウォッチ』

カドカワは、2016年春夏に放送されたアニメ番組124作品に関する調査結果・分析をまとめた“アニメ マーケティング白書 2017”を、2016年12月15日に発売。

プレイステーション4の世界累計実売台数が5000万台を達成

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのプレイステーション4が、2016年12月6日時点で世界累計実売販売台数5000万台を突破したことが明らかにされた。

『ポケモン サン・ムーン』がダブルミリオン突破で首位、ハードも牽引――2016年11月のソフト・ハード売上ランキング速報

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2016年11月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。集計期間は10月31日~11月27日(4週分)。

ネクソングループがeスポーツ事業強化を目的として“Loud Communications”との資本・業務提携を発表

ネクソンは、連結子会社であるNEXON Korea Corporationが、eスポーツ番組の放送会社であるLoud Communicationsと資本・業務提携契約を締結したことを発表した。

【ブログ】『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール』に見るVRテクノロジー最前線(@akinaki の古今世界ゲーム見聞録)

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の劇場版公開を記念して開催されたトークショーからみた、『SAO』シリーズで登場する各種デバイスの実現可能性と同作品が描き出す未来のARゲームとは

【ブログ】2017年のゲーム業界はIP主導の時代へ(@akinaki の古今世界ゲーム見聞録)

2016年「ゲーム新時代到来」から、2017年のゲームシーンを「占って」みた。

【ブログ】『君の名は。』の中国における仕掛け人に聞く(@akinaki の古今世界ゲーム見聞録)

初週で2億元(32億円強)を達成し、2016年中国映画ヒットランキングへの道をひたすらすすむ『君の名は。』の中国における仕掛け人に聞くコンテンツ展開の秘訣

【ブログ】『ファンタビ』に見る徹底的に作り込まれた世界観の意義(@akinaki の古今世界ゲーム見聞録)

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に見る徹底的に作り込まれた世界観の意義とは?

【ブログ】PlayStation VR国内初動が5万台強の理由(@akinaki の古今世界ゲーム見聞録)

元コンピュータ周辺機器開発生産拠点の海外流通担当が捉えた、PlayStation VR国内初動が5万台強の理由とは?

【ブログ】京都国際マンガアニメフェア2016で見つけたゲームたち(@akinaki の古今世界ゲーム見聞録)

9月17日~18日に、京都で開催されたコンテンツに関する祭典、「京都国際マンガアニメフェア2016(京まふ2016)」。その会期中に注目したゲーム的コンテンツについてフィーチャーします。

サービスのご案内
f-ismnet
f-ismpiccolo
ファミ通ゲーム白書
f-ismReport
f-ism初報カルテ

広告