HOME> ニュース> 『レイトン教授VS逆転裁判』――発表会の詳細をリポート【LEVEL5 VISION 2010】

『レイトン教授VS逆転裁判』――発表会の詳細をリポート【LEVEL5 VISION 2010】

ゲーム ニンテンドー3DS
2010年10月19日に開催されたレベルファイブの発表会“LEVEL5 VISION 2010”で、衝撃的に発表された『レイトン教授VS逆転裁判』。その発表の詳細を日野氏、巧舟氏のコメントとともにお届け。

2010-10-20

●すでに息もピッタリ!? 笑いの絶えないお披露目に

KO3_2545

 2010年10月19日に開催されたレベルファイブの発表会“LEVEL5 VISION 2010”で、衝撃的に発表された『レイトン教授VS逆転裁判』(速報はこちら)

 発表会では、まず、日野晃博氏が“新たなるビッグプロジェクト”と宣言し、映像が公開された。映像に登場するレイトン教授。しかし、そこにもうひとりの人物……それは『逆転裁判』シリーズに登場する弁護士・成歩堂龍一! 会場は「そうきたか!」というざわめきに包まれ、映像は終了。その映像の余韻を残しつつ、今度は日野氏の言葉を待つ会場は異様な静けさに。そんな一種異様な雰囲気の中、日野氏は「レベルファイブの『レイトン教授』シリーズとカプコン様の『逆転裁判』シリーズ、このふたつの作品がコラボレーションし、ニンテンドー3DSでものすごくおもしろくなりそうなアドベンチャーゲームを制作することになりました。それが『レイトン教授VS逆転裁判』です!」と述べ、本作のシナリオ制作に関わっている『逆転裁判』シリーズのディレクター、巧舟(たくみしゅう)氏を紹介した。

KO5_8798
KO5_8788
SON_6982

 登壇した巧氏は、「(ここにいることに)多少の違和感を感じています(笑)」と述べ、さらに「こういう場に出るのは初めてですが、まさかそれがカプコンの発表会ではないなんて(笑)」と発言し、会場の笑いを誘った。本作では「『逆転裁判』ではできない裁判をしたい」というところから“魔女裁判”というキーワードが出てきたことを明かした。

 また、今回のコラボは、日野氏自身がカプコンに企画を持ち込んだことから実現したといい、日野氏は「まさかオーケーをいただけるとは思っていませんでした。『逆転裁判5』を望んでいるファンも多いと思いますが大丈夫なんでしょうか(笑)」とユーモアを交えてコラボ実現の経緯を説明。この企画について巧氏もびっくりしたというが、「合作としてゲームを作るのは初めてなので、我々もワクワクしています」とコメント。それを受けて日野氏も「本作に巧舟さんもがっつり絡んでもらって『逆転裁判』という作品から見ても本物、『レイトン教授』という作品として見て本物。ふたつの作品がコラボレーションすることで「さらに大きな作品になった」と言われるようなものを目指しています。私も巧舟さんも強い思いを注いて、この作品に臨んでいきたいと思っています」と意気込みを語った。最後に巧舟氏も「レベルファイブさんと協力して、皆さんの期待に応えられる作品にしたいと思っています」と抱負を述べ、サプライズなプレゼンテーションは終了した。

 ゲームファンにとっては大きな驚きとなった今回のコラボレーション。週刊ファミ通11月4日号(2010年10月21日発売)では、『レイトン教授VS逆転裁判』の詳細と、レベルファイブの日野晃博氏とカプコンの稲船敬二氏の対談が掲載しており、本作が実現にいたる経緯の詳細も明かされている。こちらのビッグ対談も要チェック!

KO5_8791
KO5_8794
KO5_8795
KO5_8811
KO5_8815
KO5_8825
KO5_8833
KO5_8840
KO5_8850
KO5_8855
KO5_8856
KO5_8860
KO5_8865
KO5_8867
KO5_8869
KO5_8870
KO5_8874

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『ANONYMOUS;CODE(アノニマス・コード)』ティザーサイト&ムービーが公開 志倉千代丸氏率いる“千代丸スタジオ”初の単独作品!

5pb.は、志倉千代丸氏率いる“千代丸スタジオ”初の単独作品『アノニマス・コード』について、ティザーサイトと、先日開催された“Live 5pb.2016”にて公開されたティザームービーを公開した。

台湾のゲームユーザーは、情熱的に『World of Tanks』や『World of Worships』をプレイしている【台北ゲームショウ2016】

台北ゲームショウにて、ウォーゲーミングの『World of Tanks』マーケティングプロダクトマネージャーのマックス・チュバロフ氏と台湾 カントリーマネージャーのスカイ・リン氏に、台湾市場における同社タイトルの現状を聞いた。

『今井麻美のニコニコSSG』特番が本日21時より配信――ゲストは長谷川明子さん! ゲームは『Five Nights at Freddy’s』をプレイ!!

ニコニコ生放送で配信中の『今井麻美のニコニコSSG』が、早くも特番を放送! 今回は、ゲストに長谷川明子さん、中村天佑さん(ギター)、yuanさん(ヴァイオリン)をお迎えして、いつもどおり“歌”と“ゲーム”をテーマにお届けしていきます!!

アウトドアプロダクツ×タイトーのコラボアイテム第2弾“スペースインベーダー デイパック”が2月13日より発売

タイトーは、全国のタイトーアミューズメント施設(フランチャイズ等系列店舗含む)29店舗で、アウトドアプロダクツ×タイトーのコラボアイテム第2弾“[OUTDOOR PRODUCTS×TAITO]スペースインベーダー デイパック”を2016年2月13日より発売する。

Steamで旧正月セールが開始。2月13日午前3時まで数千タイトルのPCゲームがセール

ValveのPCゲーム配信プラットフォームSteamで、旧正月を記念したセールが開始。

GDCアワードの生涯功労賞に『フォールアウト』、『エルダースクロールズ』シリーズの開発を率いるトッド・ハワード氏が選ばれる

ベセスダ・ゲームスタジオで『フォールアウト』シリーズや『エルダースクロールズ』シリーズを手掛けてきたトッド・ハワード氏が、第16回GDCアワードの生涯功労賞を受賞することが発表された。

ラムザ丸見せ&立花慎之介さんの濃いトークに加え『シアトリズム』シリーズの新作ポロリもあった『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送♯2リポート

2016年2月3日に配信された公式生放送、『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#2 ラムザ参戦SP』。そちらの模様を、視聴者のコメントにも注目しつつ、ニコニコ生放送から切り出した画像とともに振り返っていこう。

【緊急アンケート】俺に(私も)語らせろ! “ファミリーコンピュータ ディスクシステム”徹底調査!

週刊ファミ通2016年3月10日号(2月25日発売)では、今年で生誕30周年を迎える“ファミリーコンピュータ ディスクシステム”(以下、ディスクシステム)を大特集。そこで、ディスクシステムの魅力を振り返るアンケートを実施します。ぜひとも皆さんの声をお聞かせください!